“き”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:
語句割合
9.3%
7.3%
7.3%
6.4%
5.0%
4.3%
3.8%
3.3%
3.2%
3.1%
3.0%
3.0%
2.9%
2.9%
2.7%
2.6%
2.4%
2.0%
1.9%
1.7%
1.6%
1.6%
1.2%
1.1%
1.0%
1.0%
0.9%
0.8%
0.6%
0.6%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
樹頭0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
紀伊0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
切断0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
庭樹0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
承知0.0%
承諾0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
未來0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
穿0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
語氣0.0%
質問0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
青木0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
𠠇0.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家の者たちは驚いて詳しく様子をくと、前夜無断で店を出たっきり帰らない波瑠子らしかった。ことに服装は、当夜の波瑠子の着衣に符合している。
宝石の序曲 (新字新仮名) / 松本泰(著)
所が遇って話して見ると、小えんはもう二月ほど前に、若槻と別れたというじゃないか? なぜ別れたといて見ても、返事らしい返事は何もしない。
一夕話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
私の見なれない着物の着振り、歩きつきに子供等は余程変な気持になったと見えて、誰一人口をくものがなくて、只じろじろと私ばかりを見て居る。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「うむ、あんまり饒舌しゃべらない人よ。そうしてじろじろ人の顔を見ながら時々口をいて、ちっとも無駄むだをいわない人。私あんな人好き」
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
文明の農業は耕牧兼行こうぼくけんこうでなければならぬということなどをしきりにかせ、養鶏ようけいをやれ、養豚ようとんをやれ
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
ゑゝことかぬわがまゝものめ、うともおてぜりふひてこゝろともなくにはるに
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
床几しやうぎまへにはつめたさうな小流こながれがあつたから手桶てをけみづまうとして一寸ちよいとがついた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そのかわいらしい様子ようすていると、おかあさんは、なんでもそのいうとおりにしてやらなければならないようながしてきました。
白い鳥 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
向こうのは朝日に照らされてその影をぞくぞくと畑道の上にうつしていると、そこにはにわとりやすずめなどが嬉しそうに飛びまわる。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
怠惰屋なまけやなぞになられてたまるものか、學校がくかうくのがいやならさくらかはむかすがいか
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「今泣いた子が笑った……」私はこうして会費も持たずに引張られてきた自分をまり悪く思いながら、女中に導かれて土井の後から二階へあがった。
遁走 (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
——大川赫子が兄さんの大川氏としばらく別れ、近所に宿をめてしばらく鎌倉に落ちつくのだそうだ、で、今日からK氏のモデルになり始めた。
鶴は病みき (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
おもつてお請申うけまをせば、列座れつざ方々かた/″\滿足々々まんぞく/\とのたまふこゑずらりと行渡ゆきわたる。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
留守るす他處よそからお使つかひがれば、どんな大至急だいしきふ要用えうようでもふうといふをつたこと
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
というわけは昔は一家族が今よりもはるかに大きく、女も男も一生働いても、すべてが主人となり主婦となり得るともまっていなかったからである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それで西方兜率天とそつてんか何処か知らぬが遠いところへ移転したきりというのがまりであるが、寂心の事を記したのは、それで終っていない。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「まアお玉さん、聴いていたかい。まア能く三人で相談を仕直すから、こちらへおで」と、嬶さんが云うのもかず、そのまま走り出した。
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
「吉次はずいぶん大慾のつもりでおりましたし、かない男を以て自分でも任じておりましたが、あなた様には、どうやら骨抜きにされたようです」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一人一人ひとりひとりちがったおんなこえが、かわがわりにきこえてる。このながらの極楽ごくらくだ。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
きけばそのじいさんは深谷ふかだにひとで、ごんごろがねがこんど献納けんのうされるときいて、おわかれにたのだそうだ。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
その前通りの岸には、椰子やしの並木が茂り、山吹やまぶきのような、金雀児エニシダのようなミモザが、黄金色の花を一ぱいにつけている。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
造りたての平庭ひらにわを見渡しながら、晴々せいせいした顔つきで、叔母と二言三言、自分の考案になったや石の配置について批評しあった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
天井裏にはの飼猫と近くの寺の猫が血に染って死んでいたが、その傍に三尺近い大鼠が死んでいたが、それは僧侶の法衣ころもを被ていた。
義猫の塚 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
白髪しろが頭にふちの垂れた黒い帽をて紅い毛糸のぶくぶくした襯衣しやつに汚れた青黒い天鵞絨ビロウド洋袴パンタロン穿
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
といって、二つの品物しなもの保名やすなわたしますと、そのまますうっときつね姿すがたはやみの中にえてしまいました。
葛の葉狐 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
——實際じつさい東京とうきやうはその一時いちじ全都ぜんとえるとともに、からえたのであつた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そしておかあさんが「おや。」とめるひまもないうちに、手ばやく羽衣はごろもると、そのまますうっと上へがりました。
白い鳥 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
銀行会社は重役頭取とうどりより下は薄給の臨時雇のものに至るまで申合せたるやうに白き立襟の洋服を手に扇子せんすをパチクリさせるなり。
洋服論 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
箒をさかさに立てた様な雑木山に、長いのこを持った樵夫さきやまが入って、くわ煙管ぎせるならくぬぎを薪にる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
京橋尻の、もと梅賀がいた家の近くに、河に添って広い空地があり、り残された団栗林どんぐりばやしのわきに、軒傾いた木賃宿が二、三軒ある。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
で、僕は少しも嫉妬を感じないで、こう言うことができる——しんしんまで使い古された言葉を使わなければならないが、今いているのは
家の男女の一年間のかくしごとを、随分と露骨にいってしまうのだが、それを黙って囲炉裏いろりばたで首を垂れていているのだそうである。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「この野郎!」そう思いながら、脇差わきざしつかを、左の手で、グッと握りしめた。もう、一言云って見ろ、抜打ちにってやろうと思った。
入れ札 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
人形にんぎょうあたらしいものとはおもわれないほどにふるびていましたけれど、ひたいぎわをられてながれたのや
空色の着物をきた子供 (新字新仮名) / 小川未明(著)
すると道士は鋤をもって樹を伐りはじめ、しばらく丁々とやっていたが、やがてれたので葉のついたままの樹を肩にしてしずかに往ってしまった。
種梨 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
その裾を、鬼六の足に踏まれて、前へのめッた、でも、長い裳裾すそはどこからかれて、彼の瀕死な影は、なお、よろいつつも逃げていた。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
四五日、薔薇の花、り切れないほど沢山咲く。美しく、部屋中薔薇の花で埋る。但、時候の故か、朝の蕾は午後満開になり、僅か一日の寿命ほかない。
「爪をってくれい。」そう主人の命咐いいつけを酔った手つきで、白すねの投げ出されたときは、実際からだが震えるほど、ぞっと嬉しかった。
お小姓児太郎 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
もしまたるならば、みづ此瓶このびんれててよとうた。サイダやビールでは米飯めしへぬからである。
ところへ、千種ちぐさはぎ/\の股引もゝひきで、ひよいとかへつてたのはあにじやひと元太郎もとたらうで。
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
村田むらたといふが二かいころがつて、ひたとき今夜こんやのやうにおそくまでこともありまするし
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
分隊ぶんたい兵士達へいしたちはすべてのこと意外いぐわいさに呆氣あつけられて、けたやうにつてゐた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
キミ子の釣竿は青空に弧を描いたが、それはまつしろな腕が鋭く空をることであり、水面に垂れたまつしろな脚がゆるやかに動くことであつた。
外套と青空 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
莫迦ばかな事を言え。ず青空を十里四方位のおおきさにって、それを圧搾して石にするんだ。石よりも堅くて青くて透徹すきとおるよ』
火星の芝居 (新字新仮名) / 石川啄木(著)
石狩いしかり平原は、水田已にばんで居る。其間に、九月中旬まだ小麦の収穫をして居るのを見ると、また北海道の気もちにえった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
帰り着いてみるとおかみさんは、又も西日がテラテラし出した裏口で、石の手臼てうすをまわしながら、居ねむり片手にいていた。
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
十方不知火流じっぽうしらぬいりゅうの秘伝中の秘伝、奥の奥の奥の、そのまた奥の、ずっと奥の——どこまでいってもりがございません……奥の手。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
九歳の時に直江津なおえつの港を出たり、二十有余年の間、各国の汽船で世界中を乗廻して来た為吉にとって、海は故郷であり、慈母の懐ろであった。
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
とかく誇張がワザとらしく鼻につくものの、の感情は贋物でなく、無意識に誇張した表現をとるよりほかに方法を知らないのかも知れなかつた。
竹藪の家 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
いったいわたしはちょっとした事で好ききらいのできる悪いたちなんですからね。といってわたしはあなたのような一本でもありませんのよ。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
そこへ女中が知らぬ人の名刺を持って来た。どんな人かと問えば、洋服をた若い人だと云う。とにかく通せと云うと、すぐにその人が這入はいって来た。
二人の友 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
それは冬の微曇うすぐもりのした日のことであった。S大尉が格納庫の中で機体の手入れをしていると、飛行服をたS中尉が顔色をかえて飛んで来て、
空中に消えた兵曹 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「君、医者に売るんだよ。医者ならそこは彼らの手先でどこへでも自由がくのさ。もともと僕だって、学術用に英国人の医者から頼まれたのが初まりなんだ。」
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
「神尾は、確かに乱心致したとみえる。小心者しょうしんもののことじゃ。薬がき過ぎたかも知れぬ。いま追うて出るは不策ふさくじゃ」
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
武帝に仕えていたのだが、先年協律都尉きょうりつとい李延年りえんねんの事にするのをおそれて、げて匈奴きょうどしたのである。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
九州の戦闘たたかいに於て、最後の大勝利は幸いに我にしたけれども、初度しょど戦闘たたかい屡々しばしば我に不利益であった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
内儀は白糸の懐に出刃をつつみし片袖をさぐてて、引っつかみたるままのがれんとするを、畳み懸けてそのかしらり着けたり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
倭国獣あり牛のごとし、山鼠と名づく、また大蛇あり、この獣を呑む、蛇皮堅くしてるべからず、その上孔あり、はやく開き乍く閉づ、時にあるいは光あり
子曰く、やぶれたる縕袍おんぼうて、狐貉こかくたるひとと立ちて恥じざるものは、それ由か。(子罕、二七)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
同書二巻十五章、元日の条にいわく、この日皇帝以下貴賤男女皆白色をる、白を多祥として年中幸福をけんとこいねがうに因る。
袴野は言下にかぶりを振った。こういう機会をうまく、袴野にもすらすらとかそうとする虫のよいはらが見えた。
「な、わしの言うことは分ったろうな? 分ったら、どうか得心とくしんして、わしの言うことをいてくれ、な、な!」と、女の背に手を懸けながら繰返した。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
せふかさね/″\りようえんあるをとして、それにちなめる名をばけつ、ひ先きのさち多かれといのれるなりき。
母となる (新字旧仮名) / 福田英子(著)
我国に大小の川々幾流いくすぢもあるなかに、此渋海川しぶみがはにのみかぎりて毎年まいねんたがはず此事あるもとすべし。
それでも一度だけ彼は険しい顔をして、自分と相向あいむかいに坐っている子供たちをっと睨みながら食卓を厳しく叩いた。
白糸の眼色めざしはその精神の全力をあつめたるかと覚しきばかりの光を帯びて、病めるに似たる水のおもたり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
滝人は、そうして勝利の確信をめ、眼前に動けなくなった獲物があるのを見ると、それをもてあそびたいような快感がつのってきた。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「お前の趣味は、一体なんだ」と、ルピック氏はたずねる——「もうそろそろ食って行く道をめにゃならん年だ、お前も……。なにをやるつもりだい?」
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
ひとり独仙君に至っては機外きがいろうし過ぎて、少々疲労したと見えて、碁盤の上へのしかかって、いつのにやら、ぐうぐう寝ている。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
私が何かさもしいつかけから、今夜も訪ねて來たことが厚面しいやうな氣がして、こんなに仕合せよく仕事をしてゐるのに來なければよかつたとも思へた。
蒼白き巣窟 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
それは少年少女おわりごろから、アドレッセンス中葉ちゅうようたいする一つの文学としての形式けいしきをとっている。
さうして勘次かんじ仕事しごとらちいたのでまた利根川とねがはかれることゝこゝろしてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
僕は返事をしなかった。腹の中で、こう言った。くにやさん、これからの役者は、あなたみたいに芸ばかり達者でもだめですよ。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
つゞいて帝室博物館員ていしつはくぶつくわんゐん高橋たかはし平子ひらこ和田わだ諸氏しよしる。
地位と収入とが必ずしも相伴わぬことは、古今そのを一にするが、米の経済学者エリー(Richard T. Ely)の説明に曰く
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
武士の大小をたばさみて雪隠せついんれる図の如きは、一九が『膝栗毛ひざくりげ』の滑稽とそのを一にするものならずや。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
同じ頃野口君が札幌の北鳴新聞に行かれた事を、函館で或雑誌を読んで知つたが、其頃は唯同君の二三の作物と名をしてゐただけの事。
白石文集、ことに「折焚おりたしば」からの綿密な書きぬきを対照しながら、清逸はほとんど寒さも忘れはてて筆を走らせた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
またわたくしがこれまで漫遊中まんゆうちう失策談しつさくばなしなどをかたつてかせて、相變あひかはらずかしたので
ぢゃによって、なに可笑をか悲哀なさけなやつをばかせてくりゃ、乃公おれ怏々くさ/\してかなはぬによって。
六公の家へ遊びに行ったら、六公は素敵に立派な絵葉書帳アルバムを見せた。何処で買ったといたら、去年のクリスマスに貰ったんだそうだ。それもサンタ・クロウスに貰ったというから珍らしいや。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
社長さん、ちょっと思い出したからくが、君はもと浅草の何とかいう横町で油売りをしていたってね。
六月 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)
これと處を同じうせるものとともに昇りつゝありき、されば時の宜きとの麗しきとは毛色けいろはなやかなるこの獸にむかひ
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
何でも白髪という字を入れて、幾代の節と云う句を入れて、馬子唄という題も入れて、春のも加えて、それを十七字にまとめたいと工夫しているうちに、
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
わづかに わづかにれるよくはれし野をあゆむ
秋の瞳 (新字旧仮名) / 八木重吉(著)
山々も見えず、湖水は一めんに白くらっていた。
晩夏 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「ならば、それがおおかた、今、を打って廻っていたとりの下刻でござりましょう」
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
五人いる芸妓たちが「そうよそうよ」と声をあげ、幇間ほうかんの米八が二丁のを入れた。
五瓣の椿 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
中央まんなかなるを開山かいさんとし、左右に次第しだいして廿三あり。
赤い鳥居が十ばかり、その奧は一間四方ほどの堂があつて、格子の前には、元大きな拜殿の前にあつたといふ、幅三尺に長さ六尺、深さ三尺五寸もあらうと言ふ法外に大きな賽錢箱さいせんばこがあります。
聖母マドンナを畫けりと覺しき小幅の前に捧げし燈明は既にえて、燈心の猶くゆるさま、一點の血痕の如し。
海をはじめて見た幼い日の驚愕きょうがくの念は、それが引き起した錯覚に強調されて、いつまでもえずに残って来ているのである。
お供先の建部たてべ六、磯貝いそがい十郎左衛門、中村清右衛門などが、悄然として城内からそろって出て来た。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お六さんのつきか、いさんの清元きよもとか、まあれをえ、とはれて、正太しようたかほあかくして、なんだお六づらや
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
果してしからば、我が可懐なつかしき明神の山の木菟みみずくのごとく、その耳を光らし、その眼を丸くして、本朝ののために、形をおおう影の霧を払って鳴かざるべからず。
遠野の奇聞 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
で、さらくわしくの『』の有様をただすと、いわく、半夜に凄風せいふうさっとして至る。
雨夜の怪談 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
「うるさい人だね。私に何かくことがあるならば、その辺で、水でも飲ませて、少し休ませてくれなければ駄目だよ。息がれて、返辞なんか、できやしない」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして山門を出てゆくと、彼方からただ一人で、弓のような腰には似合わない朱鞘しゅざやの大きな刀を横たえて、せかせかと、息をって来る老武士があった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
十二ぐわつの四であつた。幻花子げんくわしと二くつわならべてつてると。
しょうはなて、そうすれば、うおし、波をひらいて去らん、というのを微吟びぎんして、思わず、えりにはらはらと涙が落ちる。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その上このクライマックスのさわりのところまでしゃべってきた時、プツンと下座の三味線糸がれてしまった。
寄席行灯 (新字新仮名) / 正岡容(著)
それが歌手自身の真心からの溜息であるかのやうに悠やかな韻律で響き、歌のれ目となると、ワツハツハ……といふ笑ひ声が、恰度
ゾイラス (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
會話はなしれると、浪の音が急に高くなる。楠野君は俄かに思出したと云ツた樣に、一寸時計を出して見たが。
漂泊 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
マルセル・プルウストの「音樂を聽く家族」といふのを、譯者の山内義雄氏から貰つたので、その椅子に腰をおろして、ちよいとの間を盜んで頁をると「テュイルリイ」といふ章に、
(旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
弦月丸げんげつまる沈沒ちんぼつともに、まつた水泡すいほうしたとおもはれたので、いま
しなういふ伴侶なかま一人ひとりであつた。それが今日けふ笑聲せうせいあとにしてつめたいつちしたのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
翁草に興津が殉死じゅんししたのは三斎の三回だとしてある。
店員の食事に獣肉を混ぜて食うのは一向、に触れないばかりでなく、店員の身体もよくなり能率も挙るだろうと主張した。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
このはかからは支那しなからわたつた銅器どうき、がらするいをはじめ、馬具ばぐ刀劍とうけん
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
この問答は孔子によってとせられた(公冶長四)子貢、弁舌智慧の優れたるがために「仲尼よりまされり」(子張二三)とさえうわさせられた子貢が相手なのである。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
私が二幽人の微苦笑の面を想像したには意味があるのである。頼母木は書生であったから朝な夕な、葦城邸の掃き拭きから水汲み、使い走り身の労苦を惜しまなかった。両の手の甲にひびがれていたことであろう。
春宵因縁談 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
そのれ地が、もらった嬢さんたちの結綿島田ゆいわたしまだにもかけられ、あたしたちの着物にもじゅばんの襟にもかけられた。
横へ一だ! 片手切りだ! が、その時には紋也の体は、小門のほうへ飛んでいた。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
かぜをよび、一颯血さっけつを立てるものは、加賀見忍剣かがみにんけん禅杖ぜんじょうでなくてはならない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
功 あるいは 一くるを。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
けいを衞に撃つ、を荷いて孔子の門を過ぐる者あり。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
おそらくこの老人とても、こうして雑魚寝ざこねの連中と同一の人種に違いない、とそのことは考えられたが、なお氏の頭には、老人の態度その他の、変に紳士的なところが理解できかねたのである。
地図にない街 (新字新仮名) / 橋本五郎(著)
けれどそれには絶対に、あやまらない文化的な省察せいさつと、一見、弱気にも似ている沈着な力の堅持が必要である。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鴨緑江照りひろびろしあきらかに流氷りうひようを追うてを流すなり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
蘭「ほんに旦那様はのお選みがむずかしくっておやかましいからねえ」
どう辻褄が合うものかヨ、隣の飯場に居る玉の井の淫売殺しをやった木村ッてノッポが居るだろう、彼奴も誰が何と云おうと喋舌しゃべり立ててやると言ってたサ、四、五人が先棒になって喋舌れば、後は皆元気付いて口がけるだろう、左様すりゃ蜂の巣を突ッついた様なもんだ
監獄部屋 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
「いいえ——どうして——」と受けて、ちょっと句を切って見せたが、先生は依然として、こっちの顔からひとみを動かさない。その上口をかずに何だか待っている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
内田君がもぐもぐと口をく度に、沸々と泡立つコップの中で、その迪子がニタニタとくずおれるように嗤うのである。
古傷 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
おせんは「はッ」とむねまって、ぐにはくちけなかった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
胡瓜を薄くざんで、濃い塩水につけて洗っておく。
朝御飯 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
古代なものであったが、年号がってないので何時頃いつごろのものとも明瞭はっきりとは分らぬ。
その時の芝居は旧派と新派の合同芝居で、開場の日は旧派が青い帽子に新派が赤い帽子をて、車に乗って町まわりをした。
唖娘 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「山西じゃないか」と、横合よこあいから声をかけた者があった。わかい男は耳なれた声を聞いて足を止めた。鳥打帽とりうちぼうた小柄な男が立っていた。
水魔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
汝が我の対面むかうにたつた其意気張から、十兵衞に塔建てさせ見よ源太に劣りはすまいといふか、源太が建てゝ見せくれう何十兵衞に劣らうぞと、腹の底には木をつて出した火で観る先の先
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
また建築にはば元禄は丸木の柱かやの屋根に庭木は有り合せの松にても杉にてもそのままにしたらんが如く、天明は柱を四角に床違とこちがだなを附け
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
何所どこぞでは五割つたと茶を冷まし同
大正東京錦絵 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
「どう致しまして。お前えの首をるなア、資本××家の役目さ」と俺は云ってやった。
今度こそ (新字新仮名) / 片岡鉄兵(著)
正成の菊水が後陣へ消え、代って、脇屋義助の軍が、武庫川むこがわのかみから急下してきた朝からの緊迫した鳴動だった。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
よ、愚劣ぐれつな×(2)に対してこぶし子供こどもらを、かほをそむけてのゝしをんなたちを、無言むごんのまゝ反抗はんこう視線しせんれつきつけるをとこたちを!
今よりはの山道は不楽サブシけむ吾が通はむと思ひしものを (巻四。五七六)
『さびし』の伝統 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
海に臨めるの上に
兄んちゃんのようなつい人間に成れ!
蕗のとうを摘む子供等 (新字新仮名) / 長沢佑(著)
が、今は時期が時期だし、私はつい顔を見せたのである。
党生活者 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
軒かたむいたごとから逃げ惑って行ったらしい嬰児あかごのボロれやら食器の破片などが、そこらに落ちているのも傷々いたいたしく目にみて、正成は自分がそれらの加害者であるような罪の意識に問われずにいられなかった。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白いぼろれ、白い旗など、手に手に持った百姓の老幼は、海嘯つなみのように外へ溢れだした。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「わしに、七人の子はあるが、総領の小次郎とて、まだ幼い。わしがり開いたこの地方の田産でんさんや、諸所にある伝来の荘園しょうえん(官給地)は、お身たちが、管理して、小次郎が成人の後は、牧の馬や、奴婢などと一しょに、そッくり、還してやってくれい。それだけが、気がかりなのだ。……たのむ」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——これから先は、雨乞あまごい鞍掛くらかけ鳳来ほうらいたけと、山また山ばかり。それを避けて、八ヶ岳のふもとを、真っすぐに、一条の早道はあるが、これは信玄が、度々国境へ出馬するため、り開いた道で——信玄の棒道ぼうみち——と呼んでおるもの。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
平岡ひらをかいへは、此十数年来の物価騰れて、中流社会が次第々々にめられてく有様を、住宅じうたくうへく代表してゐる、尤も粗悪な見苦みぐるしきかまへである。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「身、五民ノ外ニ処シテ、或ハニヨク、或ハせんニヨシ、上ハ王皇ニ陪シテ栄ト為サズ、下ハ乞児きつじニ伍シテ辱ト為サズ、優游シテ以テ歳ヲをはルベキモノ、唯我ガ技ヲしかリト為ス……エヘン」
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
敬たゞ涕泣ていきゅうしてかず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
で、芳子はほとん喧嘩けんかをするまでに争ったが、矢張だんとしてかぬ。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
車が出るとき金太郎は、出口の方の妹に手をふりながらも彼女の左右や背後を見た。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
それから、水色の車の窓の所で、瘠せた旅人が、青白い苹果にパクと噛みついた。
〔蒼冷と純黒〕 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
如何に殊勝に聴ゆるにもせよ、宣教師にリビングストーン氏的の精神を見ることあたはず、説教者にパウルノックスの元気旺せずんば是れ唯よりて線を画くのみ、いづくんぞ活動飛舞の精神的革命を行ふを得ん、さなきだに御祭主義なる日本人を促して教会を建て
この歌の下の巻に、姫がはづかしき姿を憐むあまり布とりいでゝ恵みしものある、これ亦口碑に拠るこの時すでに姫の心狂じて、たゞちにそを棄て去りしといふ、そのせきを逸するのけんあるものから、かくはことわりおくのみ。
都喜姫 (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
『私此の家にた事、貴女あなた可怪いと思つたでせう?』と稍あつて清子は極り惡相に言つた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
(この女は、間違って、俺の所へたのだ)
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ちきしやうめ、こんどあいつが、おれと逢つた時、うつとりおれの顏に見とれて、うふふ、おれはもう、あいつが、戀わづらひしたつて知らないぞ。おれの責任ぢやないからな。ああ、ひりひりする。この藥は、たしかにく。さあ、もうかうなつたら、脊中にでもどこにでも、からだ一面に塗つてくれ。おれは死んだつてかまはん。
お伽草紙 (旧字旧仮名) / 太宰治(著)
うまい酒が、今日は來ないなと、奴さん大きな口をあけて待つてたから、一日絶酒したあとへ來たやつを、ガブリとやると藥だつたから、すぐいちやつて、わけなくぐり出されちやつたんだが、條虫が出ちまつたら、その人は、一升も飮めなくなつちやつたんだが——
夏の夜 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
、七道、四国九州、全土の朝敵
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は、ひろく聖断を仰ぐところの役所とあって、五、七道、八番の地域にわかたれ、それぞれ政務を分担する仕組みであったが、ここもその上層部は、すべて公卿任官で名をつらねた。
食国をすくにの とほ朝廷みかどに 汝等いましらし 斯くまかりなば 平らけく 吾は遊ばむ 手抱たうだきて 我は御在いまさむ 天皇すめらが うづの御手みてち 掻撫かきなでぞ ぎたまふ うち撫でぞ 労ぎたまふ 還り来む日 相飲まむぞ この豊御酒とよみき
君臣相念 (新字旧仮名) / 亀井勝一郎(著)
靜寂さびしさきよごと
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
ここにその兄王、兵士いくさびとを隱し伏せ、鎧を衣の中にせて、河の邊に到りて、船に乘らむとする時に、その嚴飾かざれる處をみさけて、弟王その呉床あぐらにいますと思ほして
臣は今日出家いへでして、陛下きみの為めに功徳のりのことおこなはむとおもふ。天皇ゆるしたまふ。即日そのひ出家してころもたまふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
日本の武威ととのえば馬揃えをなして上覧に供し、四民に示すに禁裡の造営をもってし、その石を運ぶにはみずから石に乗って群集に石を曳かせ、を振り、そして事実を見せて、大君に仕え奉ずる臣子の楽しみと歓喜とを大衆に教えもし
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、伝五のが、一令、風をると、弓隊は散開して、こちらも鉄砲隊が出て応戦した。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
𤢖わろの噂が何となくかかったのであろう、彼女かれよそながら恋人の様子を探ろうとして、行くとも無しに角川家の門前まで来てしまった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
あいちやんはれは奇妙きめうだとおもつて、近寄ちかよつてじつてゐますと、やがて其中そのなか一人ひとりふことには、『をおけよ、なんだね、五點フアイブ!こんなにわたし顏料ゑのぐねかして!』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
そして毎日馬とをやったり酒を飲んだりして、他に一人の友達もつくらなかった。
黄英 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
老齡ろうれい力の衰頽すいたいと、これはかなしい事に如何ともしかたいものだからだ。
ていしゅくていしんたんの九子を封じて、しんしんえんしゅう等に王とし
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
私はしばしばの礼制の話をするが、夏の子孫の国である現在のには、私のいうことを証拠立てるようなものが何も残っていない。私はしばしばいんの礼制の話をするが、殷の子孫の国である現在のそうには、私のいうことを証拠立てるようなものが何も残っていない。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
「それ木にはのぞみあり、たといらるるともまた芽を出してその枝絶えず、たといその根地の中に老い幹土に枯るるとも、水のにあえばすなわち芽をふき枝を出して若樹に異ならず」とうらやみ、それに比して「されど人は死ぬれば消え失す、人絶えなばいずくらんや」と歎くのである。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
衣をいで之をばくし、とうを挙げて之をるに、刀刃とうじん入るあたわざりければ、むを得ずしてまた獄に下し、械枷かいかたいこうむらせ、鉄鈕てっちゅうもて足をつなぎ置きけるに、にわかにして皆おのずから解脱げだつし、ついのがれ去って終るところを知らず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
けたたましい動物のさけびと共にいからしてんで来た青年と、圜冠句履えんかんこうりゆるけつを帯びてった温顔の孔子との間に、問答が始まる。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
つてごまかして、はへとなす、孫權そんけんしんなることをうたがうてもつはじいてかへりみてわらふといへり。
聞きたるまゝ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
子供等は持つて帰つた林檎をおいしさうに食べるのであつたが、私は一れも食べる気がしなかつた。
六日間:(日記) (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
一番始め金え三分くれて、二度目の時二両あとから三両それから五両、一ぺんに二十両やった事もあった、ありゃお國さんとか云って廿七だとか云うが、おめえさんなんぞより余程よっぽど…ナニおまえさまとはちげ
三人のすがたは一ぷく、やがてようようたる水の面、ニュージーランド川は
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
先生の徳は高山のようなものだ。仰げば仰ぐほど高い。先生の信念は金石のようなものだ。ればるほど堅い。捕捉しがたいのは先生の高遠な道だ。前にあるかと思うと、たちまち後ろにある。先生は順序を立てて、一歩一歩とわれわれを導き、われわれの知識をひろめるには各種の典籍、文物制度を以てせられ、われわれの行動を規制するには礼を以てせられる。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
さみしい、しんとしたなか手拍子てびやうしそろつて、コツ/\コツ/\と、鐵槌かなづちおとのするのは、この小屋こやならんだ、一棟ひとむね同一おなじ材木納屋ざいもくなやなかで、三石屋いしやが、いしるのである。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
いやで別れりやれよとままよ、
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
その柱頭ちゅうとうは二している。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
水仙花すいせんか花筒かとうの内部には、黄色の六雄蕊ゆうずいがあり、花筒の底からは一本の花柱かちゅうが立って、その柱頭ちゅうとうは三しており、したがって子房しぼうが三室になっていることを暗示している。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
長男のは、賢才の質だが柔弱だった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
庭からって来たらしい花をハトロン紙で包んで手にもっている。
鏡の中の月 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
蜀道のけん、蜀水のも、踏みわたること幾度。蜿蜒えんえんとして軍馬はやがて漢中へ入った。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「へえ、格別、変ったこともござりませなんだが。……朝の四ツごろ使屋つかいやが封じ文を持って来まして、唐木屋はんはそれを読むと、急にこうつウい顔付にならはりまして、間もなくそそくさとお出かけになられましたが……」
「お爺さん、一寸お尋ね申します、佐世保の方には此の道を行つてえのでせうか。」私は直ぐ前に歩いてゐる老人にいた。
ある職工の手記 (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
「そういう不作法なことは、おれはれえだ。あくまで錠前を外して開くんだ」
こうして、九年のあいだに九人の生贄をささげて来たが、十年目には適当の少女を見つけ出すのに苦しんでいると、将楽しょうらく県の李誕りたんという者の家には男の子が一人もなくて、女の子ばかりが六人ともにつつがなく成長し、末子ばっしの名をといった。
とが張り合っている横合いから丁が差手をする。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
実際どういう神社へ行ってもっと天狗の額がかかっていたのである。
天狗 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
病父はお袖の介抱にやうやく動治まりけむ
小むすめ (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
さくき、花をくうし香をくような事は僕婢ぼくひの為すがままに任せていたが、僧をひつぎおさめることは、其命を下さなかったから誰も手をつけるものは無かった。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
番太郎が七つ半(午後五時)のを打って来たのに驚かされてお菊は慌てて内へ入った。
黄八丈の小袖 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
なまじいなことをして、をもってちょうに続き、竹をって木を修むるような仕儀に立ち至らしむるよりは、いっそのこと己の子をもって、相続せしむる方がよいとのことだ。
後はどこやらの樹頭ひよの声ばかりして音もなく響きもなし。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
この私のクラスは、谷崎、広津、三上、宇野などの二年下で、里芋に拡声器をつけたような木村
死までを語る (新字新仮名) / 直木三十五(著)
「では申しますが、私は、晩春のいい季節に、新しく仕立てた春着を着て、青年五六人、少年六七人をひきつれ、水で身を清め、舞雩ぶうで一涼みしたあと、詩でも吟じながら帰って来たいと、まあそんなことを考えております。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
ますらをや命あると口火り爆薬の筒はいたはりぬらむ
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
あらぶる巨獸きよじうの、つぬのひびき、——
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
生命いのちなれ、よろづの調しらべのもと。
(『宗鏡録』に曰く、「垢法くほうのために染せられず。なんぞ浄法じょうぼうのために治せらるるや。生死のするところにあらず。あに涅槃ねはんのよく寂せんや。ついに識主しきしゅと称する、ゆえに心王しんのうと号す」と)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
ちょうど春の初まりかけたころで、芽生えのなかで茜色をしたのや紫ぐんだのや、そういう雑草のざしがまるで花のようにつん出て、あるものはかなり高く伸びていました。
不思議な国の話 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
中に巨尺余なるありてちたり、鼠すなわち見えず、憎むべきの物を以てまた能く人のために患を防ぐは怪しむべしとあるを思い出で、もしさる事もやとふすまかかげ見ればいと大いなる蜈蚣むかでくぐまりいたりければすなわち取りて捨てつ。糸可笑おかしくもくるやと思いいるにさて後は音なくなりぬ。偶然の事なめれども
暑熱や、寒冷や、雨雪や、飮酒や、日光直射や、異常の食物や、甚だしきはうや、浴後の薄衣うすぎや、皮膚の不潔や、すべて病因たることは、盡く自己の判斷と、他の批判と、即ち一個的及び相互的の注意によつて、之を避けねばならぬ。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
馬作は尾籠びろうなお話だがげろ/\吐きまして、腹はしまいには何もないので、物も出ませんで、皺枯しゃがれっ声になりまして南無金比羅大権現、南無水天宮、南無不動様と三つを掛合にして三つの内どっちか一つはくだろうと思って無闇に神をいのって居ります。
自分が甲野の身分でこの部屋の主人あるじとなる事が出来るなら、この二年の間に相応の仕事はしているものを、親譲りの貧乏に、れきに伏す天の不公平を、やむを得ず、今日きょうまで忍んで来た。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
法師丸敵陣に於いて人の鼻をる事、並びに武勇を現わす事
次に股肉の燒けし後、臟腑試みする後、
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
そこで、あたしは失笑ふきだしていてた。
あんちゃんの写真、行ってたのん」
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
小さいながら、の香の高い、小判型の風呂が、熱くなるのを待ちかねて、乱れかごに、パアッと着物をぬぎすてると、大ッぴらに、しんなりとしていて、そして、どこにか、年増だけしか持たないような、あぶらさを見せた全裸に、ざあざあと、湯を浴びせはじめるのだった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
「はははは、僕達ぼくたちはそんなにが小さかあない。しかしいいな。今それだけのお金があつたら……」
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
ところへ野だがすでに紀伊の国を済まして、かっぽれを済まして、たな達磨だるまさんを済して丸裸まるはだか越中褌えっちゅうふんどし一つになって、棕梠箒しゅろぼうきを小脇にい込んで、日清談判破裂はれつして……と座敷中練りあるき出した。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
私はほかへ行かぬことにシカト約束をめて、二足三足歩むと隣りの店の前へ参りました。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
もろこし字書じしよにはは大口細鱗さいりんとあれば鮏にるゐせるならん。
たちまち有りて貫一のまなこ慌忙あわただしもとむらん色をして、婦人のうつむけるをうかがひたりしが、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「いかなる人も農奴と領主、家臣と藩主、俗人と僧侶という風に相倚存——存のるという字ね、ニンベンの——相倚存していることが見出される」
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
ソクラテスの顔はサチルス(羊頭鬼)に酷似したと伝うるが、孔子もそれと互角な不男ぶおとこだったらしく、『荀子じゅんし』に〈仲尼ちゅうじの状面かぶるがごとし〉
支那にも北魏孝荘帝の時州の沙門法慶、新仏出世と称し乱をした(『仏祖統記』三八)。
「ゴーゴンゾラ博士ったらサ! ご返辞へんじなさらないと、ペンチで高圧電源線こうあつでんげんせん切断ってしまいますよ、アリャ、リャ、リャ、リャ……」
遊星植民説 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この時阿遲志貴高日子根あぢしきたかひこねの神まして、天若日子がを弔ひたまふ時に、天よりり到れる天若日子が父、またその妻みな哭きて、「我が子は死なずてありけり」「我が君は死なずてましけり」といひて、手足に取り懸かりて、哭き悲みき。
蝋燭の火に氣の張弛が有ると云へば可笑しく聞えるが、少しく其の心をらずに、心の燼餘を其の儘にして置けば蝋燭の火の氣は弛んで、其の光は暗くなり、其の功は少くなる。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
昔から随分腕のいた者はかめを切り、妙珍鍛みょうちんきたえかぶとったためしもありますが、孝助はそれほど腕が利いておりませんが、鉄砲を切り落せる訳で
見る目危き両岸の岩ほ数十丈の高さにりなしたるさま一雙の屏風を押し立てたるが如し。
かけはしの記 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
博士は、ときどき、思い出しては、にやにや笑い、また、ひとり、ひそかにこっくり首肯して、もっともらしく眉を上げてっとなってみたり、あるいは全くの不良青少年のように、ひゅうひゅう下手な口笛をこころみたりなどして歩いているうちに、どしんと、博士にぶつかった学生があります。
愛と美について (新字新仮名) / 太宰治(著)
ひそかにここの野景に停んで、遠いり畑に見え隠れする犬を私は眺めてゐる。
測量船拾遺 (新字旧仮名) / 三好達治(著)
おまえ、よくたな。」
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
わたくしせがれわたくしことかずに、十月じふぐわつたゝり家出いへでをしたばかりに、海蛇うみへびられてしまひました。
御齒の長さ一、廣さ二きだ
おこうは手早く縫いものを片付けて、庄太郎が、炉の火に、焚木たきぎを加えているうちに、風といっしょに久住十郎がはいってきて、戸口で、惣平次と挨拶を済ますと、色の変った黒羽二重の裾を鳴らして六畳へ上って来ながら、
だが大事にいたらずむことはたしかだ、と金太郎は、そく度を増してゆく自轉車の上で、何の問題を解くときのやうに冷せいすい理した。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
流れの岸には紅楓もみじたぐいを植えそのほかの庭樹には松、桜、梅など多かり、栗樹くりなどのまじわるは地柄とちがらなるべし
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
何でも、学校時代に親しくした友達の一人なんだ。何にしろ、あの騒ぎで、気が転倒している際だったから、ハッキリしたことは云えないが、野本か、井上か、松村か、つまり、あの時分君の書斎へよく集った連中の一人だと思うんだがね。
恐ろしき錯誤 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
明治三十四年中、ゴルドン将軍伝を書く時、余はゴルドンをえがく其原稿紙上に乃木将軍の面影おもかげがちらり/\とったりたりするを禁じ得なかった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
懐金郷かいきんごう程彬ていひんという農民は、一種の毒薬を作って暴利をむさぼっていた。
「それで、彼奴きゃつの下役が、紀州へ行かぬ内に、何か、贋者だという証拠品をこしらえておいて、使が行ったなら、それをつかませて戻してもらいたいが、の利いた、口の固い者を一人、二人——」
大岡越前の独立 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
竹山は其時一週間許りも唯一人で新聞を出して見せたのが、社長に重んぜられる原因もとになつて、二度目の主筆が兎角竹山を邪魔にし出した時は、自分一人の為に折角の社を騒がすのは本意で無いと云つて、誰が留めてもかずに遂々たうたう退社の辞を草した。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
竹山は其時一週間許りも唯一人で新聞を出して見せたのが、社長に重んぜられる原因になつて、二度目の主筆が兎角竹山を邪魔にし出した時は、自分一人の爲に折角の社を騷がすのは本意で無いと云つて、誰が留めてもかずに到頭退社の辭を草した。
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
両人ふたりしていたちこつこして遊すんだ時分のあたしだと思つて、これだけあたしのいふ事をいておくれな
もつれ糸 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
承知くも承知かないもありはしない。関白殿下よりのご命令なのだ。娘を差し出すに相違ない。
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
こう甚五衛門に訓されても鳰鳥は、承諾こうとはしなかった。彼女はけわしい巴ヶ淵の岩から岩へ逃げ廻わった。そして思わず足踏み外し、やみはらんで墨よりも黒い、淵へザンブと飛び入った。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
楊家甚だ喜び、き入れると、僧その僕に街東第幾家に往って、花雌鶏一隻を買い来らしめ、殺し煮て肉をり、盤に満て霊前に分置し、その余りを食い、挨拶なしに去った。
擬古の詩、もとよりただち抒情じょじょうの作とすからずといえども、これくろきて香をく仏門の人の吟ならんや。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
水に近くらめいた、揖斐川の流れのすそは、うしおめた霧白く、月にもとまを伏せ、みの
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
燕の師勇躍して進み、の軍を敗る。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
せっかくあて参りました御願書に、今朝から散々お願えしても、他所村よそむらの百姓衆は愚か、同じ真壁の同じ元村、同じ新田の衆、近所隣りから名主様五人組の組内の人まで誰一人としてお名前を下さる方あねえですて! お神さま、百姓同士と言うもんは、そんねえにむげえ薄情なもんでがすかえ? そんねえに……。
天狗外伝 斬られの仙太 (新字新仮名) / 三好十郎(著)
かれ未來ふうじられたつぼみのやうに、ひらかないさきひとれないばかりでなく、自分じぶんにもしかとはわからなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
而も傍観者必ずしもを能くせざるを如何いかんせん、自ら知るの明あるものすくなしとは世間にて云ふ事なり、われは人間に自知の明なき事を断言せんとす、之を「ポー」に聞く、いはく、功名眼前にあり
人生 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
今の歐羅巴の美術は大抵沒理想派のたまものなり。沒理想派の賜をばわれ受けて、沒理想派の論をばわれ斥く。さればへきを留めてかへすを我山房のはかりごととするなり。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
中殿 ともしび えんとす 竹のうちの声。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
るにどくなるはあめなかかさなし、途中とちう鼻緒はなをりたるばかりは
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
手触れ得ず十字燐光、 大盗は礼してゆる。
文語詩稿 一百篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
ひかり権者ごんじやれいよく
全都覚醒賦 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
と、き口の方でお久らしい声が云った。
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
折から灯籠の中のの、香油は今や尽きに尽きて、やがてゆべき一明り、ぱつと光を発すれば、朧気ながら互に見る雑彩いろ無き仏衣ぶつえつゝまれて蕭然せうぜんとして坐せる姿、修行にやつれ老いたる面ざし、有りし花やかさは影も無し。
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
烈々たる渠が心中の活火はすでにえたるか。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ナニこの頃は老先生も何だか床の中で半分眠ってばかり居て余り口をかねえだ」
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
いずれにしても入らぬ口はくまい。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
我ならで叫びぬ、『神よ此身をばにもけね』と。
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
州のおう氏の息子が番陽はようから州へ行って、建徳けんとく県に宿ろうとした。
「元日得頼千祺書、二日得漆谷老人詩。鳥語嚶々柳挂糸。春来両日已堪嬉。更忻此歳多佳事。昨得韓書今白詩。」千杏坪きやうへいの字なるは註することをもちゐぬであらう。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
老いたる僧官カルヂナアレ達は紫天鵝絨の袍のえりエルメリノの白き毛革を附けたるを穿て、埒の内に半圈状をなして列び坐せり。
大盜ほひはびこりて
天地有情 (旧字旧仮名) / 土井晩翠(著)
——よしやこの身が冷たくなろと息がれよとそなたは他人。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
「や、ここにも一人死んでるぞ、ここのはれいな女子おなごだ」
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
榛楛しんこるなきのそしりは甘んじ受くる所である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
然れども夜深々窓に当りて断続の音をく時は、人をして造化の生物を理する妙機の驚ろくべきものあるを悟らしむ。
万物の声と詩人 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
『……甘いこと云うな。ふくをば喰いらんような奴は、博多の町では育ち能らんぞ。今から慣らしておかにゃ、詰まらんぞ。中毒あたって死ぬなら今のうちじゃないか』
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
其の日長左衛門殿どんが山へ箱根竹はこねだけりに行って、日暮ひくれに下りて来ると、山の下で孩児の啼声なきごえがするから、魂消て行って見ると、沢の岸の、かやだの竹のえている中に孩児が火の付いたように啼いてるから
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
其頬そのほゝ紅色べにいろや、瘠方やせかたさつするにかれにはもう肺病はいびやう初期しよきざしてゐるのであらう。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
鄱銀はぎん ををまぬかれ難く、莱石らいせき し易し。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
われわれの惱みと切ない腐りをりさり
季節の馬車 (旧字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)
「山の者がせて来たんですよ。先おととしもた奴が」
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
然るにかねて契つた敬軒は官事にせられて別を告げ、たま/\来つた凹巷が郷人に代つて行を同じくした。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
月と日と星がその上に
傾ける殿堂 (新字旧仮名) / 上里春生(著)
一つ御無心をおき下さるわけには参りますまいか
胸一杯の悲しみにことばさへ震へ、語り了ると其儘、齒根はぐき喰ひしばりて、と耐ゆる斷腸の思ひ、勇士の愁歎、流石さすがにめゝしからず。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
宗助そうすけ抱一はういつ屏風びやうぶ辯護べんごするとともに、道具屋だうぐやをも辯護べんごするやう語氣らした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
それでもようやく博士の病気が曲がりなりにも癒ったので、陸路を上海シャンハイまで来たところで博士がまたも悪くなった。それもようやく恢復したので、明日はいよいよ南洋を指して出帆という瀬戸際じゃないか。そいつを君にソワ付かれちゃ、誰だって質問かずにゃいられないよ。訊いたからこそ話したのさ。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
なる儒者尾藤二洲は春水の妻の姉妹を妻として春水と兄弟の交ありき。
頼襄を論ず (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
前足皆白い馬をけい、後足皆白きを、前右足白きは啓、前左足白きは、後右足白きはじょう、後左足白きはしゅなどなかなか小むつかしく分別命名しある。
まあ、ときおり私の小屋のすぐ裏の方で何かが小さな音をしらせているようだけれど、あれは恐らくそんな遠くからやっと届いた風のために枯れ切った木の枝と枝とが触れ合っているのだろう。
風立ちぬ (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「どうして先生、あの日には、お祖母さまがっと御安心なさったのでしょう。それだのに、何故ああも急にお没くなりになったのでしょうか」とはや五七日も過ぎ、白木の位牌が朱塗の豪奢なものに変えられた日の事であった。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
雨露霜雪の侵し来たる茅舎ぼうしゃを一変して愉快なる家宅となさしめ、万国の怨恨えんこんをば一変して友愛の情となし、兵気えて日月光をなすの希望をば前途に生ぜしめ、社会の結合は強迫の結合を頼まずして随意の結合を頼むべし
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
丹精こめたかひもなく、しろがねの月をつて御足みあしの台とすることがかなひませぬならば、わたくしのはらわたを噛むくちなはかかとの下に置くでござりませう、いとさはに罪を贖ひたまふ、栄光さかえある女王さま、憎悪と唾液とに脹れあがつたこの妖怪をおんみの踏み弄びまするやう。
「まったく、木下様にかかっては商人も跣足はだしですよ。乾物でも、干魚でも、穀類でも、時の相場はよくご存じだし、品物にお眼はくし、手前どもを、よろこばせて、安くお仕入れになることはお上手じょうずだし……」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わたくしは此に其ことば卑俚ひりを嫌はずして、榛軒のぢよ曾能子そのこ刀自の記憶する所のとつちりとん一を録する。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
四〇 は無し。
小西こにしは、青木した眼鏡めがねつめました。なるほど、片方かたほうたましろいひびがはいっています。
眼鏡 (新字新仮名) / 小川未明(著)
例によってこしめした、朝から赤ら顔の、とろんとした目で、お蔦がそこに居るのを見て、
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
退しりぞかん乎、おそうてかんとは来らん。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
「砲車の鞍馬が甲をすり剥きました」とロブィトコが欠伸をしながら答えた。「頸圏が新しいものでね。」
接吻 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
黄河流域こうかりうゐき全部ぜんぶ占領せんれうしてくにせうしたが、漢民族かんみんぞく文化ぶんくわ溺惑できわくして
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
道の右は山を𠠇りて長壁と成し、石幽いしゆう蘚碧こけあをうして、幾条いくすぢとも白糸を乱し懸けたる細瀑小瀑ほそたきこたき珊々さんさんとしてそそげるは、嶺上れいじようの松の調しらべも、さだめてこのよりやと見捨て難し。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)