“小”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちい40.0%
13.5%
11.1%
ちひ10.0%
ちいさ5.2%
ちひさ3.3%
ささ3.2%
ちさ1.9%
ちっ1.9%
しょう1.5%
せう1.2%
さゝ0.9%
こま0.5%
ちつ0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
ささや0.3%
チヒサ0.2%
けち0.2%
チヒ0.2%
こまか0.2%
0.2%
さざ0.2%
しよう0.2%
すこ0.2%
チイ0.2%
さゝや0.1%
グワ0.1%
グワア0.1%
おちる0.1%
こんま0.1%
0.1%
ちっこ0.1%
ちっちゃ0.1%
ちつこ0.1%
ちひせ0.1%
ちゃっ0.1%
ちん0.1%
ちッ0.1%
ぴゃ0.1%
ぴゃっ0.1%
わか0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なんというおそろしいところだ。どうしてこんなところにまれてきたろう。」と、さなは、自分運命をのろいました。
小さな赤い花 (新字新仮名) / 小川未明(著)
いい塩梅半月ばかりは何事もないので、少し安心する間もなく、六日前にまた一人、今度は日本人が行くえ不明になったんです。
麻畑の一夜 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そうした場合には、往来へ塀越に差し出たの枝から、黄色に染まったさい葉が、風もないのに、はらはらと散る景色をよく見た。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
丁度普通さなについて經驗するりであるから、此状態になつてからは、といふよりもれといふべきである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
広河内のあるところは、東俣の谷の奥の、殆んど行き止りで、白峰山脈と、赤石山脈の間が、って並行する間の、盆地である。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
寺の扉にはき眞鍮の十字架を打ち付けたりき。その處はおほよそ扉の中程にてわれは僅に手をさし伸べてこれに達することを得き。
私の死ぬまでに、それがどこかの紫雲英の原に、やかな一宇の愛の御堂となれば、私は、その原の白骨となって御守護いたします。
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
き中庭を歩みて宿るべき部屋々々に登り着きぬ。我室の窓より見れば、烟波渺茫として、遠きシチリアのあたりまで只だ一目に見渡さる。
彼は、そっと、人のいないのを見すまして、衣裳部屋に潜り込み、葉子のちゃい肉襦袢に、醜悪な顔を、めていた事もあった。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
「あれ、あの石橋の欄干に腰かけて、さっき散々、わが輩を苦しめやがった坊主と行者の一が、まだ執念ぶかく見張っている」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
猛進したが、如何はしくなく、つて玄子成功して、鍋形側面なる紐通しのある大土器が、完全た。
文運かの如く開け、且つ古の律法をたてしアテーネもラチェデーモナも、汝にぶればたゞやかなる治國の道を示せるのみ 一三九—
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
なるほど、男はいばって、全身が剃刀のごと、殺気がみなぎっちょる。肺病とかいうこッちゃが、命短しで、世をすねたかな?
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
此人方等は、か、へるんでなくつては、黄色いのも、いのも、こいものを、にすべいよ。」
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
寂寞る。やむだを、と、は、はづみでころがりした服紗に、りつゝ、常夏をうけようとした。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この種子からも椿油同様な油が搾り採らるる。この実をガタシあるいはガタシと呼ぶのだがそれがまた木の名にも成っている。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
町は勿論とうの昔に人通りを絶っていましたが、星ばかりきらめいた空中には、やみもない風の音がどよめいています。
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
然し、その名声を慕って、四谷北伊賀町の彼の仕事場を訪ねて行っても、鎚音のしない日は、見つけ出せないほどそこはかな家だった。
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其際、山田寺の旧構を残すため、寺の四至の中、北の隅へ、当時立ちりになつて居た堂を移し、規模をくして造られたもの、と伝へ言ふのであつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
同商売の者は成るべくトラスト流に合同して大資本を作つて大きな商売をして貰ひたいのだが、日本人同志のではな利慾心が邪魔をするからも相談が纏まらない。
青年実業家 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
キナ デンデンノ セナカニ ウマレタバカリノ サナ デンデンガ ノツテ ヰマシタ。サナ 小サナ スキトホルヤウナ デンデンデシタ。
デンデンムシ (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
い子供を多勢持っているこのお爺さんも、矢張お島の養父から、資金の融通を仰いだ仲間の一人であった。今でも未償却のままになっている額が、少くなかった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
二階の窓近く白檜の老樹、揺れる枝幹から雪を吹く。天紅いに夕映え、時に暗雲破れて白馬主峯を仰ぐ。夜来の風、朝に及んで激しく、天は美晴。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
しきつめたのうえを、牛車の厚いが、邸内の奥ふかくまで、重々み巡って来るまに
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
兩者ともに震原から同時出發し、つてるのであるけれども、初期微動速度に、主要動はそれがなるために前後到着することになるのである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
「そんぢや、茄子南瓜でもやんべかなあ」勘次同情いたやうにいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
三、が二尺グライノ花瓶、口ニ拇指ヲ置キテ指ヲ中ニサシ入レテ花瓶ノ内側ヲサグリ、中指ガアタルトコロニ、サク5098ト墨書シアリ。
かにかつに見ゆるにいたらむ、人この物を、目を明らかにし思ひを清うして、第三のチェーザレの手に視なば 八五—八七
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
その種類には、ゴーヤー(れいし)チャンプルーがあり、ビラ(ねぎ)チャンプルー、マーミナ(もやし)チャンプルー、チリビラー(にら)チャンプルーなどがある。それらは野菜である。
チャンプルー (新字新仮名) / 山之口貘(著)
其と共に「小なる」「小き物」と言ふ観念を表すが極めて多い。此は二つながら一つで、愛称のぐわあは心理的に言ふのであつて、小観念を表す方は、差等観を出してゐるのである。
日琉語族論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
それから的を見透すというと、これは、これは、これは、これは西ということが明瞭とわかるのでござる
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「オヤジには、いときから、そがいなの切れるところがあったのはあった。わしらには出来んことぞな」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
そこは、おばけやしきの見せものやです。
かいじん二十めんそう (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「いまも言うた事だがや、このったにしては、い奴だな。」
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
病気の娘っ子とい息子
百姓仁平 (新字新仮名) / 今野大力(著)
ともふが、い。では可笑かんべい。へてせつせえ。え。縦横くだ、……じにらかすで、べてるだね。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
でだつぺなまあ、おめえそんなにねえで面倒てやらつせえよ、れがおめえでもなくつてさつせえ、こんなえのえてやうあるもんぢやねえな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
……い残りのこい鰯子が、チ、チ、チ、(笑う。)……青いの行列で、巌竃の中を、きらきらきらきら、日南ぼっこ。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
哥兄哥兄』ち云うと息の止まる程、花魁に抱き締められましたなあ。ハハハ。帰りがけに真鍮の指環をば一個花魁から貰いましたが、その嬉しさというものは生れて初めてで御座いました。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ぽけなむくむくしたのが重なり合って、首をげて、ミイミイと乳房を探している所へ、親犬が余処から帰って来て、其側へドサリと横になり、片端から抱え込んでベロベロると
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「何云ってるんだい。っこ。ふん。おい、栗の木。起きろい。もう春だぞ。」
若い木霊 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「ふん、まだ、少し早いんだ。やっぱり草が青くならないとな。おい。こ、さよなら。」
若い木霊 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
小説とはきに説くといって、論語や孝経なんというむずかしい理屈を、老幼児女にわかりよく解いて知らせるものですぜ、波瀾重畳、恋あり、闘争あり悪人善人相剋して筋をなす
新潮記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
おなじ小観念を示すものに、(<)がある。鳥小堀・魚小堀など言ふ地名がある。首里の「とんぢよもい」、那覇東村の旧地「うをぐぶい」など発音する地が其だ。
日琉語族論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
隠国の泊瀬国に、さひにが来れば、たな曇り雪はふり来ぬ。さ曇り雨はふり来ぬ。つ鳥はとよみ、家つ鳥も鳴き、さ夜は明け此夜は明けぬ。入りて朝寝む。此戸開かせ(万葉巻十三)
鶏鳴と神楽と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其国ニ入レバ山川谷〻皆〻護胸壁計ニて、大てい大道路不残地雷火ニて、西洋火術ハ長州と申べく、し森あれバ、野戦台あり、同志を引て見物甚おもしろし。
去月二十九日上関に薩の蝶丸にて参りたり。然るに此度の用事は云々、先づ京師のヨフスは去月十五日将軍上洛、二十一日、に朝廷にせまり、追討の命をコフ。