源頼朝みなもとよりとも
「佐どの」 「佐どのうっ」 「おおういっ」 すさぶ吹雪の白い闇にかたまり合って、にわかに立ち止まった主従七騎の影は、口々でこう呼ばわりながら、佐殿のすがたを血眼でさがし始めた。 「見えぬ」 「お見えなさらぬ」 「つい黄昏時、篠原堤へかかる頃 …
作品に特徴的な語句
つこ めくらめ 調 さざ ウヅマ いと コラ イキホヒ ニハカ ふし タシカ いやし つよ こお わざわい まみ あき さい たてまつ おく こと ハナハ ホツ おや 扮装よそおい ひし いの はぐ うしの 遠方おち 移転わたまし こと 黄色こんじき おおい タチ イヘド いま きさま 洞窟ひらあな もの おい まね 強請きょうせい 彼方あち たん こわ えん 躊躇ためろ 汝等ことら つま そそ さきの おろ ちが こう とき あと しょ うやま いず 怪訝いぶかし 御前ごぜ じょ 武士つわもの 退 たとえ こら うた 一日ついたち がしら モト すみ いい 美味うめ ほと 姉妹ふたり 年長とした かたじけな きつ やかた はか のぼ 立籠タテコモ むさ ともしび