源頼朝みなもとよりとも
「佐どの」 「佐どのうっ」 「おおういっ」 すさぶ吹雪の白い闇にかたまり合って、にわかに立ち止まった主従七騎の影は、口々でこう呼ばわりながら、佐殿のすがたを血眼でさがし始めた。 「見えぬ」 「お見えな …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 緻密ちみつ 裸足はだし 夜叉やしゃ きず 深傷ふかで やじり 脾腹ひばら 修羅しゅら 女々めめ 輿入こしい 鬱憤うっぷん 公達きんだち 陸奥みちのく 駿河するが 詰問なじ 坩堝るつぼ 浅黄あさぎ 峻烈しゅんれつ 突兀とっこつ 麾下きか ひよどり よし 夜寒よさむ 忖度そんたく 下野しもつけ 遮二無二しゃにむに 供養くよう 布子ぬのこ 懸想けそう 畢生ひっせい 闡明せんめい しば 布令ふれ 諸共もろとも 馴々なれなれ 孤児みなしご 仮借かしゃく 午頃ひるごろ まこと 波瀾はらん 謀叛ハンヲハカル くりや 釣竿つりざお 殲滅せんめつ 先途せんど 和睦わぼく 旱魃かんばつ 大喝たいかつ 不逞ふてい 発心ほっしん 皆目かいもく もみ 震駭しんがい さかい 仄白ほのじろ くら 炯眼けいがん 偏頗へんぱ 傾城けいせい 屈託くったく 御幣ごへい 危惧きぐ 成行なりゆ 瑕瑾かきん 余裕ゆとり 叡智えいち 眉目みめ 嫡子ちやくし 山麓さんろく 檀那だんな 禰宜ねぎ 見恍みと 黄昏時たそがれどき 慷慨こうがい 素朴そぼく 透間すきま 些事さじ 厖大ぼうだい ほた 烏合うごう 叡山えいざん 小雨こさめ 一足ひとあし 咀嚼そしゃく 宛名あてな 笑靨えくぼ かんざし 初陣ういじん 外道げどう げき 舎人とねり 朝餉あさげ 癇癖かんぺき 闇夜あんや 非業ひごう 一叢ひとむら 浪華なにわ 生唾なまつば 葛西かさいの