“汝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なんじ21.5%
8.7%
うぬ7.0%
なれ6.3%
おのれ5.9%
なんぢ5.7%
われ5.4%
てめえ4.7%
きさま4.1%
おの3.7%
こと2.8%
2.2%
そなた2.2%
いまし2.0%
そち1.9%
うな1.7%
おまえ1.5%
おまへ1.4%
てまえ1.1%
にし0.9%
みまし0.9%
わりゃ0.7%
おめえ0.7%
0.7%
わり0.6%
てまい0.5%
ぬし0.5%
ワケ0.4%
おまい0.4%
おんみ0.4%
おぬし0.2%
ナレ0.2%
てめ0.2%
わけ0.2%
ナンジ0.2%
いし0.1%
おどれ0.1%
なん0.1%
ウヌ0.1%
なむじ0.1%
ンガ0.1%
うぬっ0.1%
おこと0.1%
おのし0.1%
おはん0.1%
おみ0.1%
おめ0.1%
これ0.1%
じょ0.1%
そっち0.1%
そんた0.1%
てめへ0.1%
わい0.1%
わぬし0.1%
ユー0.1%
ヴォイ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
改造だの青磁社だのまだ出来上らないサルトルの飜訳のゲラだの原稿だの飛び上るような部厚な奴を届けてあくまで読めという。
余はベンメイす (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
父の正義のしもとにぞ れし心ひれ伏さむ 母の慈愛の涙にぞ 罪のゆるしを求め泣く 御神よ我をれ 神よが子を逐ふ勿れ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
杖に縋って早や助かれ。やい、女、金子は盗まいでも、自分の心がが身を責殺すのじゃわ、たわけ奴めが、フン。を頼め、膝を
政談十二社 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「姫よ、もしが麗はしき声もてわが為に祭り歌ツルカヅルカを歌ひ給はゞ、われは一時の間に汝をインドラニーに運ぶべし。」
嘆きの孔雀 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
随心流など繁昌とか、せめて我らが行列を、突っ切る者はござらぬかな! やっぱり駄目か、笑止笑止! やアやアら鬨を上げろ!
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
られしかば斯の如くへ廻されしなりれば再び馬鹿子息五郎藏をさんと思はれ越前守殿コリヤ五郎藏其方のは何故
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「おつぎみんなでもめさせろ、さうしてめつちめえ、おとつゝあえでたから汝等れからよかんべえ」卯平はいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
其のにゃア様子も解るだろうから……己は早くっておにも悦ばせ、借金方を付けて、質を受けて、の着物も持って来るから
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
は不孝不弟であるから、死期がもうせまっているのだ。僅かな田地も汝のにならない。持っていてどうするつもりなのだ。」
珊瑚 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
えいえい、レヴコーれはな! なんちふこつた? おほかた、どしやう骨を叩き折つて貰ひたいのぢやらう! こいつをふん縛れ!
「安土退去このかた、光秀の胸に怏々としてれやらぬものあることを、おとしたことが、察してはいなかったのか。——左馬介
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なんてのたくり/\つてんだ、さうすつと駄目りやつてう、うつてふんだぞなんてつたてえになあ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
には神様うこともちゃんとえてあるから、大概自分らねばならぬぞ……。』そうわれるのでございます。
ここにその后に語らひて、「思ほすことありや」とのりたまひければ、答へて曰さく「天皇の敦きりて、何か思ふことあらむ」
ヂュリ そのやうなことをこそりをれ! かしゃる身分かいの、彼方にはなどはかしがってらぬ。
頬片、何時來ても天鵞絨みてえだな。十四五の娘子と寢る樣だ。』と言つた。これは此若者が、殆んど來る毎にお定に言つてゆく讃辭なので。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
幼少の頃、将来は何に成るの? と能く聞かれたものでした。すると私は男の子の双肩聳やかして女弁護士! と答えました。
職業の苦痛 (新字新仮名) / 若杉鳥子(著)
「あの鵞鳥の事を言はつしやりますのか。あれは折角のお越ぢやからと思つて、たつた今絞め殺して汁の身に入れときましたぢや。」
安「馬を引いてるのが幸いだ、己は木卸る五助街道の間道に、藤ヶ谷という処の明神山に当時隠れているんだ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「お房! あ、恨むんなら、煉瓦場を恨めよ。なあ。森山の且那が悪いのでも、俺等が悪いのでもねえ、煉瓦場が悪いのだから。」
黒い地帯 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
僕はの國になむとおもひて哭くとまをししかば、ここに大御神はこの國になまりそと詔りたまひて、神逐ひ逐ひ賜ふ。
殊に媒妁をするのと違って、此の名主が媒妁をするのだから、礼の一言も言わしなければならねえのに、何ういう訳でア拒むな
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そん時だ、われの、顔は真蒼だ、そういうは黄色いぜ、との間で、てんでんがいったあ。——あやかし火が通ったよ。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
仍、広物、鰭の狭物を追ひ聚めて、は、天つ神のみ子に仕へまつらむやと問ふ時に、諸の魚皆、仕へまつらむとす中に、海鼠白さず。
ゃ、はいはいで、用を済まいた顔色で、人間並に桟敷裏を足ばかりで立って行くが、帰ったら番頭に何と言うて返事さらすんや。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
小「は何んだ、賊だな、音羽が左様のことでに無心をいうわけはない、また金はもとより懐中には無いが、寄り附くとさんぞ」
こっからここまじゃあ俺らがもん、そこからそこまじゃあがもんと、区別う付けて置くから、はあ人のもんまで欲しくなる。
禰宜様宮田 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
をい、たち。大伴氏上家も、築土垣を引き𢌞さうかな。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
さん情無い、わたしにそんなことを聞かなくちゃアならない事をしておくれかエ。エ、エ、エ。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
我この頃は大きに財に乏しきゆゑ何卒合力してくれよといひけるに、弟は答へて、先に我が窮困してにいたりの合力を乞ひしとき汝は何といひ玉ひし
印度の古話 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
堪忍ならん! はれやれ、來賓中大鬪爭させうぞよ! 大騷動爲出來さうわい! えゝ、のやうなのが、その!
笑いつつ嘲笑いつつ我に黙せよとは叫ぶ
小鳥の如き我は (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
舁「何を云うんだ、おらッちは銭金を貰おうと云うんじゃアねえ、ッちが担ぐというから担げというのだ」
おい、たち。大伴氏上家も、築土垣を引き廻そうかな。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
ヲ制セサルヘカラス、今本邦、古昔ノ制ニ基キ、海外各国ノ式ヲ斟酌シ、全国募兵ノ法ヲ設ケ、国家保護ノ基ヲ立テント欲ス、百官有司、厚ク朕カ意ヲ体シ、普ク之ヲ全国ニ告諭セヨ。
上へあげて、上へ……。ら、はア、いくつになると思ってけっかるんだ。一人前に大飯ばっかり喰いやがって、このでれ助野郎ら。
(新字新仮名) / 犬田卯(著)
「うむ、から先に……当前じゃい。うむ、放せ、口惜いわい。」
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
殺せしやりと言へば恩知らず仕方なりサア尋常白状されよと云ひければ段右衞門輾々打笑ぢ女の分際として何をべきや三五郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
等、よう開けぬ
中村仲蔵 (新字新仮名) / 山中貞雄(著)
何歳だバ。のナ今歳二十六だネ。ふんダバ。阿母ダテ二十歳たけアせ。だけアそれはねエネ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
わしの如き、老年になっても、まだ佞人の策におち、檻車に生き恥をさらされるような不覚をするのだ。らはことに年も若いし、世の経験に浅い身だ。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……(下人に對ひて)ってゐながら、隨意的にされてゐるのを、てゐるとはちゃい。
どうあろうと起こしてはならぬ! それを何んじゃ斬るの突くのと! もうの力など借りぬ! 一人で送って行く! 帰れ帰れ、帰れ!
犬神娘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「わかったわかった、それでこそも当家の士じゃ」
討たせてやらぬ敵討 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
ちの畑にできた子だ
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
部屋るのはだ、るんだ、。」
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
其の仲の兄も亡せたれば、孤身るところなく、皇覚寺に入りて僧とり、を得んが合淝に至り、の諸州に托鉢修行し、三歳の間は草鞋竹笠
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
くれなかったらをとって食うぞといってとって食ってしまった。
東奥異聞 (新字新仮名) / 佐々木喜善(著)
そこにサルがきて、ちはなにしに餅をついているといった。
東奥異聞 (新字新仮名) / 佐々木喜善(著)
清や喧嘩は時のはづみで仕方は無いが気の毒とおもつたら謝罪つて置け、鐵が親の気持も好かろしの寝覚も好といふものだと心付けて下すつた其時は
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
何を申す、らは一体、誰に育てられたと思う。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さり夜中にと明けてと二人で代物を分けるが
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
外国の芝居なんか読んで、(! 家庭破壊者よ!)なんて、夫人に追い出される女なんて、どんなに嫌だろうと思っていましたのに、私自身いわれてしまったんですもの。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
ひけらく。はわが父なり、汝いたく我をはげまして物言はしめ、また我を高うして我にまさる者とならしむ 一六—一八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)