小桜姫物語こざくらひめものがたり03 小桜姫物語03 こざくらひめものがたり
本物語は謂わば家庭的に行われたる霊界通信の一にして、そこには些の誇張も夾雑物もないものである。が、其の性質上記の如きところより、之を発表せんとするに当りては、亡弟も可なり慎重な態度を採り。霊告による祠の所在地、並に其の修行場などを実地に踏査 …
作品に特徴的な語句
なんと 微笑ほほえま ずく みいら みぐ さそは おまえ 往来ゆきかえり 住居やしき みた 女性にょせい そち とう うづむ がさ そなた みたま 過失ておち かまびず へり 身上みそら あた どま 痙攣ひきつれ 祖父ぢぢ うず しょう かん はん 出会であっ 母親はは せい しゅん おおよ わこ なご ぷう げん どお 現象こと ぬかづ へり とう もっと おわ つま 憔悴やみほう たの づく おほき がた 微笑えみ 浮雲むらくも ふた 相互おたがい はげ かむ 家人がじん うま 女子じょし 女性じょせい あげ さい しゅ 平生へいせい 配偶めおと 家族みうち じき 容貌かおだち かか 境遇ところ 仕合しあ 目標まと 臥床ふしどこ どう ざか ぐる 渓流たにかわ もよう かしずか しょう じょ 中間あいだ 思召おぼし
題名が同じ作品
小桜姫物語:01 舌代 (新字新仮名)浅野正恭 (著)
小桜姫物語:02 序 (新字新仮名)土井晩翠 (著)