“造”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つく75.3%
こしら7.6%
づくり4.8%
みやつこ1.6%
つくり1.6%
こし1.6%
いた1.2%
づく1.2%
ミヤツコ1.2%
つくっ0.4%
0.4%
おく0.4%
0.4%
こさ0.4%
こせ0.4%
ざう0.4%
つくら0.4%
づくリ0.4%
イタ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寶鼎金虎し、芝田白鴉ふ。一瓢造化し、三尺妖邪り、逡巡ることをし、また頃刻かしむ。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
大湊は船をえるところであり、またそれを修理するところであるから、ここに泊っている船は、この船とばかりは限らない。
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
伸子の室は、幾分ポンパドゥール風に偏した趣味で、桃色羽目を金の葡萄蔦模様で縁取っていて、それは明るい感じのする書斎だった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ここに出雲の祖、名は岐比佐都美、青葉の山をりて、その河下に立てて、大御食獻らむとする時に、その御子詔りたまはく
ちょうどその横が十畳で、客室らしいだけれども、夫人はもうそこを縁づたいに通越して、次の(菅女部屋)から
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
神仙は銀製の長さ二寸ばかりあるトッコンと云う楽器、水晶でらえた亀のの形をした一寸五分ばかりのもの、鉄扇の四種の品をくれた。
神仙河野久 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「我が詩淵明を慕ふ、恨むらくは其の微にらざることを」とあり、また八十三歳の作に自勉と題するものあり、その冒頭には
んだ音色が、って、のように、れんがりのい、建物れてゆく。む、も、も、みんなおまえをきになる。
幸福の鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
さうして年々頻繁に、氏神其外の神々を祭つてゐる。其度毎に、家の語部大伴たちを呼んで、もない昔代の物語りをさせて、氏人に傾聴をひて居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
今この三田の屋敷の門を這入て右の方にある塾の家は、明治初年私の住居で、その普請をするとき、私は大工に命じて家のを少し高くして、押入の処に揚板たと云うのは
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
れから番町の村田六(後に大村益次郎)の処へ行て、その通りに勧めた所が、れは如何しても遣らぬと云うで、神田とは丸で説が違う。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
生血をしぼりたるひか、五十にもらで急病腦充血、一此世めて、よしや葬儀造花派手美事りはするとも
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
小田切家の墓所を新たにつくることになりまして、かろうとをしらえます間、一時、遺骨をお預けしておいたのでございます
情鬼 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
昼前にった笛が、あの儘転がっている、水車が歌をうたっている——その歌は水車でなくて、自分が歌っているようにも思われる。桶屋の前に子供が遊んでいた。あの黒い海に鰐が住んでいる。
越後の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「ヤったな。ああ、痛え。」「おお、痛え。済まねえやい、木や土でえた木偶じゃねえ。」「血のある人間だ、さあどうする。」とくってかかる混雑紛れ、お丹等老婦人を見咎められず
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
うかね。うしよう。」此間滿谷が和田三の所へくと来合せて居たモデルに和田が「イレエ、モンペエル」と言つただが
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
やっぱり今の書物の二十八ページ〔春の巻 第十 豚の刺身〕にカステラ鍋とテンピの図が出ていますからあれを見てブリキ屋にせれば何処でも出来ます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
道路は市中の昭和道路などよりも一層ひろいように思われ、両側には歩道が設けられていたが、ところどころ会社らしいセメントの建物と亜鉛板で囲った小工場が散在しているばかりで
元八まん (新字新仮名) / 永井荷風(著)
其他ハ当所ノ糟粕ヲ嘗ムル者、酒店魚商ヲ首トシテ浴楼箆頭肆ルマデ幾ド一千余戸ニ及ベリ。総テ這地ノ隆盛ナル反ツテ旧趾ノ南浜新駅ヲ羞シムベキ景勢ナリ。
上野 (新字新仮名) / 永井荷風(著)