“之”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
これ78.6%
9.6%
4.9%
2.8%
コレ1.9%
0.7%
この0.5%
0.5%
かれ0.2%
これあり0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(七)舜禹(八)岳牧む。(九)み、らしむること(一〇)功用り、く。
煙草屋にて北八のパイレートをふ。勿論身錢なり。舶來煙草此邊にはれあり。つてならず。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それより他邦にきて一老人の養子となる。この養子はくごとに金を吐く、老人その金を国王に呈し、王女を養子にさんと願う。
太子問ひたまふ所の義、師(慧慈)も通ぜざる所有り。太子夜の夢に金人のりて不解義を教ふるを見たまふ。太子めて後即ち
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
京の年よりにもあつたし、田舎の村々では、を言ひ立てに、ちつとでも、石城を残して置かうと争うた人々が、多かつたのである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
梅をかない日本画家はない。画題として、梅ほど画家に好かれる花はないだろう。古い水墨家では、足利期の一の梅が私は好きだ。
梅ちらほら (新字新仮名) / 吉川英治(著)
或は思ふに二者は並に皆求むる所少きに帰するもので、後者は声誉を求めざるの致す所であつたかも知れない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
『名の意はなり。は例のに通ふ助辞、は美称なり』(古事記伝)とあるごとく、厳之神、厳之霊といふ意に落付く語原であつた。
雷談義 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
けれども校長する樣子郡長樣する丁寧なことなので、浮世虚榮心幾分められてにはしくつたのです。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
二日書状到來いたし委細拜見致し候偖々其方にても段々不如意との蔭乍案事申候に付御申娘儀出府致されべく候吉原町にも病家も有候間しき先を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)