“丁寧”の読み方と例文
読み方割合
ていねい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丁寧過ぎるほど丁寧な挨拶、天氣のこと、世並のこと、疝癪で歩くのに骨が折れ、思はず手間取つた話などひとわたりあつて、さて
くなりぎたつたて、大變丁寧挨拶をしたので、宗助椅子狼狽かした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
それにもかかわらず、の名探偵は、いつさめるともなく、昏々と眠っている。眠った上にご丁寧にも身動きもできずられている。
人間豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)