“当”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
あて37.6%
29.2%
あた14.9%
まさ6.8%
とう6.6%
あたり1.5%
あたっ1.0%
0.6%
あたつ0.2%
あたる0.2%
あたれ0.2%
あだ0.2%
たう0.2%
0.2%
0.2%
アテ0.2%
タウ0.2%
マサ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうか。」やっとがついたので、わたくしも俄に声をひそめ、「おれはそんなドジなまねはしない。始終気をつけているもの。」
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
おばさんのは、奇怪であります。みんなは、いているうちに、気味くなりました。野原には、たっていたけれど。
草原の夢 (新字新仮名) / 小川未明(著)
すにゃらないから、有様にいってな、次第ったら、堺屋は、このままおにはせずに、ってもらうことにする」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
是の如く、観ずる時、に、縛字を一切の身分に遍して、その毛孔中より甘露を放流し、十方に周遍し、以て一切衆生の身にがん。
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
国の開鎖論を云えばより開国なれども、だしくを争う者もなく、唯の敵は漢法医で、医者が憎ければ儒者までも憎くなって
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
内々その予言者だとかいうことを御存じなり、外にはつかず、旁々それでは、と早速をお頼み遊ばすことになりました。
政談十二社 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この人は米国有名の政治家で、の南北戦争のときら事にて、リンコルンの遭難と同時に兇徒にけられたこともある。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
人徒らに目を以て有字の書を読む、故に字にられて、通透することを得ず。さに心を以て無字の書を読むべし。乃ちかに自得あり。
洪川禅師のことども (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
三日四日に帰りしもあれば一夜居て逃出しもあらん、開闢以来を尋ねたらば折る指にあの内儀さまが袖口おもはるる、思へばおは辛棒もの、あれにたらば天罸たちどころに
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
中村座市村座にはまだ足場がかかっていたけれど、その向側の操人形座結城座薩摩座の二軒ともに早やその木戸口に彩色の絵具さえ生々しい看板と八月より興業する旨の口上を掲げていた。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
に貧苦に堪え得ずして所天に悪事を勧むるにも至りしあゝ目科の細君が言し所は余の思いしより能くり藻西の無罪を証拠立んとする余の目的は全くれんとするなる歟
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「ふん、一向さっぱりり前ぁだんぢゃ。」と云ひますか。云ひはしません。参ったのです。
葡萄水 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
いゝえ、初めはな仕事をするつもりで出かけたんですが、恰度食へなくなつた時、ある手品師の一行に入つて事務員見たいなものを
手品師 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
幾干てるものかね。ほんとに一片何銭にくだろう。まるでお
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
○死卒を収取し、相迎へ使むる無し。食むくして食まざれば、反つて其を受く。
囲碁雑考 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
……君んで、どれ程迷惑してゐるかと言ふことは良く分つてるんだけど、自分でがないから自発的に出て行くといふ気持は動かないんだ。
竹藪の家 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
まことに唯一詞の姫すら思ひ設けなんだが、匂ふが如く出た。貴族の家庭の語と、凡下の家々の語とは、すつかり変つて居た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
シテ夏侯淵ニコレヲ知ラシム。オヨソ将タルモノハ、ニ剛柔ヲ以テ相済ウベク、イタズラニソノ勇ヲノミムベカラズ。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)