散柳窓夕栄ちるやなぎまどのゆうばえ
天保十三壬寅の年の六月も半を過ぎた。いつもならば江戸御府内を湧立ち返らせる山王大権現の御祭礼さえ今年は諸事御倹約の御触によってまるで火の消えたように淋しく済んでしまうと、それなり世間は一入ひっそり盛夏の炎暑に静まり返った或日の暮近くである。 …
作品に特徴的な語句
おい いらずら がえり あげ いとわ あるき はおり あたる 間違まが かくま しずめ いか きわま うち かなで 川面かわもせ うずも 光線ひかげ 御達おったし とどま ちが うわ おろ だて せわ 螺旋ねじねじ あゆみ あじわい 睡眠ふせ たった いたま ちょう なまめか 若衆わかいしゅう いづ ついえ すで さが にぎわい 坐睡まどろ あせ 長閑のどやか 入違いれちがい かが ども かき 河面かわもせ 乃公おら 風俗なりふり ぱし むし えば 饒舌おしゃべり 追付おっつけ ただよわ 戦慄おのの けい もうし 大河だいが かけ 一時ひとしきり なまめ しばし 身上みのうえ 八月はちがつ むき かしま もやい 慰藉なぐさみ とど 金光きんこう 万一もしも せい ふれ いた しのび づと 召捕めしとら いで 月代さかゆき えい こころざ 機会はずみ めえ まさ ぼく あかる さげ 引掛ひっかけ ごく てい たのしみ つつみ しん 庭面にわもせ たし さかり