“盛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さかん36.2%
さか23.9%
21.1%
さかり10.7%
もり3.2%
ざかり1.4%
ざか1.0%
よそ0.8%
もっ0.4%
0.2%
せい0.2%
0.2%
0.2%
もら0.2%
サカン0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
反之或る場合にはも革命時代の如く組織の如何は比較的閑却せられ、社会の内部における個人のみがに活躍する時代があります。
流れ行く歴史の動力 (新字新仮名) / 津田左右吉(著)
なぜなら、きな都会ほど、文化発達し、芸術んであり、それによって自分成長させることができるとえたからです。
しいたげられた天才 (新字新仮名) / 小川未明(著)
わたしの光は、古いプラタナスの葉が、ちょうどカメののようにりあがって、っている生垣の中に、さしこもうとしていました。
木曾掛橋景色ながら、風景にはよむもなきやらむ。木曾をば西行法師ひて
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その日の夕飯には、義雄の家族、二人の親戚、泉太や繁まで一緒に食卓に就いた。岸本が帰国の祝いとして、生蕎麦二つずつ出た。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
若いものではございませず、分別を通り越していながら、と恐縮をいたしましてな、それも、御門内なら、まだしも。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
従兄弟さえこの通りだから、他人は尚更のことだ。同級生は私を仲間外しにする。今から考えて見ると無理もない。皆いたずらりだ。
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
茶碗に盛っただけは、こう云う訳で、どうにか、こうにか片づけたが、二杯目は我慢にもう気にならなかったから、糸蒟蒻だけを食って箸を置く事にした。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その時は冬の事で、サア出帆した所が大嵐、毎日々々の大嵐、なか/\茶椀にて本式にべるなんと云うことは容易な事ではない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
えがたいほど切ないものを胸にれて忍んでいた。
夢十夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
。——また
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
磯は更に一椀けながら「は今日半食を食わないのだ」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
おや、山に十の字の焼印があるね、沢庵樽ぢやアないか。金「だか知れませぬが井戸端に水がつてあつたのをしてましたが、ナニに明けてお返します。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
て何らの修飾をも調理をも出来得るかぎりの人為的技巧を加味せざる(少くとも表示せざる)天然野生の粗暴が陶器漆器などの食器にれている料理の真中に出しゃばって
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
にこの語を両様にかけて用ゐたために、古典研究者の頭には混同せられて、今では殆ど両意融合といふ塩梅になつたのであるが、もと/\別種の語であつたにはなからう。
古歌新釈 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ちよつと一服りましよか
行乞記:04 (三) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)