“此”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
この35.4%
33.8%
これ11.6%
かく7.9%
ここ3.8%
こゝ3.6%
1.2%
0.5%
くら0.2%
こん0.2%
コヽニ0.2%
コノ0.1%
コレ0.1%
かう0.1%
かくの0.1%
0.1%
こゝに0.1%
0.1%
たぐ0.1%
たぐひ0.1%
ココ0.1%
コヲ0.1%
コヽ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さまとならではおにもかじ、觀音さまのおりもいやよ、芝居花見さまならではと一トもとのかげにくれて
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
国家統治ノ大権ハ朕カを祖宗ニケテ之ヲ子孫伝フル所ナリ朕及朕カ子孫ハ将来ノ憲法ノ条章ヒ之ヲ行フコトヲラサルヘシ
大日本帝国憲法 (旧字旧仮名) / 日本国(著)
んでも無用なる御台場相俟つて、いかにも過去つた時代の遺物らしく放棄された悲しいを示してゐる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
旅をして身心共に疲れ果てゝ猶ほ其身は車上に揺られ、縁もゆかりもない地方を行く時は往々にしての如き心境に陥るものである。
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
私の家と同じようにムリオの家は西班牙では古い家柄であって、長い並木の行き詰まりに十七世紀風の唐門が、いかにも優雅に建っている。
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
翌朝セルゲイ、セルゲヰチはて、熱心に十字架つて祈祷げ、自分等院長たりしはしたのでつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
に歌麿板画のいひしがたき色調をいひ現すにくの如き幽婉の文辞を以てしたるもの実に文豪ゴンクウルをいて他に求むべくもあらず。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
蘆花叢裡ノ舟、俊傑ノ地ニ遊ブ——口にして何べんも読んではみるが、謎は謎で、思い当ってくるふしもない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
レリーチェとツルビアの間のいとあらびいとれしといふとも、これにぶれば、かにして登り易き梯子の如し 四九—五一
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
八五郎は聞て然共々々奴等邪魔をして見ろ後で何樣意恨されるも知れずの惡ひ日にはな惡ひ奴が來るか計られねば早く見世を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
而後特以書訂スル者有、今茲乙未、遠シテ其所著北越雪譜ナル者六巻、併スルニ校訂、時方盛夏炎威如
為来りを何時となく、女たちのすのを聞いて、姫が、女のとして、この野遊びをする気になられたのだ、と思つたのである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ほんの苗木ぢやつたが、ほどの森になつたものな。かつたぞよ。此墓のみが、河内安宿部から石ちに来て居た男に、いた時はなう。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
千島事抔しあへるを耳にしては、と話してせたく鼻はうごめきぬ、洋杖にて足をかれし其人にまで、此方よりを作りて会釈したり、何処とさしてみたるにあらず
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
三の瀬村のに十囲許樟木あり。中空朽の処六七畳席をくべし。九州地方大樟尤多しといへどもごときは未見。江戸を発して已来道中第一の大木なり。三里薗木駅(一に彼杵と書)なり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
解禁後爲替相場は四十九の一かは四十九の三であらうから、これにらぶれば一つて
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
インドに云う旃陀羅は、「飜訳名義集」にも「屠者
いずれにしろ稚純な心には非情有情の界を越え、の区別をみする単直なものが残っているであろう。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
また人の昇降するに當りて自然に從ふ處なるこの下界にては、動くこといかに速かなりともわが翼にふにらじ 一〇三—一〇五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
かくてかれらはこの焔のほとりに來り止まりて叫び、世になきまで強き響きを起せり 一三九—一四一
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
余按ずるに、杜牧之、句あり云ふ、砌下梨花一堆雪、明年誰闌干と。
神語歌の末に、天語の常用文句らしい「あまはせつかひ、ことの詞也ば」
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
に諸物皆来聚しき。時に、中臣の遠祖児屋命則以神祝祝之神祝々之。