“沖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おき86.5%
ちゅう7.7%
をき2.9%
うく1.0%
ひひ1.0%
オキ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
んでも無用なる御台場相俟つて、いかにも過去つた時代の遺物らしく放棄された悲しいを示してゐる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
これが爆発すると、四門の大砲から砲弾が連続的に発射されるのと同じ音響を発するのだ。殺傷力はないが、砲煙が高く天にするという。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
るもの汽車ず、ぶものず、ぐものず、なるもの廂髮ざるて、ちくらがとなすれ。
怪談会 序 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
生れたままの、自分の意志——というよりも我意を、高山の頂に生いたった杉の木のように矗々らしている大将であった。
忠直卿行状記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
」「」「御酒」「」「」「る」「」「」「」「昨日」「」「常盤」「」「」「杜若」「行き」「き」「分き」「吹き」「
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)