水 附渡船みず ふわたしぶね
仏蘭西人ヱミル・マンユの著書都市美論の興味ある事は既にわが随筆「大窪だより」の中に述べて置いた。ヱミル・マンユは都市に対する水の美を論ずる一章に於て、広く世界各国の都市と其の河流及び江湾の審美的関係より、更に進んで運河沼沢噴水橋梁等の細節に …
作品に特徴的な語句
たづね かうむ かんば がつ むかう 燈火とうくわ ゆらめ 溝川みぞかは おのづか こは 突立つつた 溝渠こうきよ しほ さいは かは あせ あやぶ とゞ たゝみ かゝ だに こゝろみ 有無いうむ やつ 引掴ひつつか こひねが 市中しちゆう 片側かたかは みづか あひだ 何処いづこ 便べん かゝは 紅葉こうえふ わづか みに かく 千住せんぢゆ かへつ をさ おつ 相伴あひともな じき 夕陽せきやう 木造きづく あが うるほ もと ゆるや 洗出あらひだ うしろ たぐひ 徹宵てつせう 忍川しのぶがは 何方どつち きたな 水上すゐじやう 歳暮さいぼ よろひ 築地つきぢ かゝ 過去すぎさ これ ぜん 千住せんじゆ むらが ゑが あぢは たづ かゝ 表通おもてどほり うづ 宝物はうもつ だい 大渡おほわた 最早もは 娼家しやうか めぐ みぞ 引汐ひきしほ 羈旅きりよ 絵事くわいじ かなら 細流さいりう 紐育ニユーヨーク とう 扇橋あふぎばし をり さしはさ 竪川たてかは あたら 竣成しゆんせい うかゞ 河口かはぐち 河下かはしも 河中かはなか 沙蚕ごかひ