“揺”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
32.6%
ゆす27.3%
ゆら14.7%
ゆる8.4%
うご7.4%
ゆすぶ2.5%
ゆらめ1.4%
0.8%
ゆれ0.8%
うごか0.6%
ゆさ0.6%
ユラ0.3%
0.3%
いぶ0.3%
うごく0.3%
ゆり0.3%
ゆるぎ0.3%
うごき0.2%
0.2%
そそ0.2%
どよ0.2%
ゆすら0.2%
ゆっ0.2%
イブ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たして、真夜中のこと、ぶつかるのために、がぐらぐらと地震のようにれるのでした。東南から、きつけるのでした。
台風の子 (新字新仮名) / 小川未明(著)
と、いうことは素気ないが、話を振切るつもりではなさそうで、肩をりながら、を返してについてこっちの顔を見た。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一斉に絶えずいで、国が洪水に滅ぶる時、呼吸のあるはく死して、かかる者のみう風情、ただソヨとの風もないのである。
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
宮路、冠山の二城を失って、七城連環の敵の外輪は、その防禦陣に歯の抜けたようなぎを呈し出した。一歯を失えば両歯がゆらぐ。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
庭の桔梗の紫き、雁来紅の葉の紅ぎ、撫子の淡紅き、向日葵の黄き、夏萩の臙脂乱れ、蝉の声、虫のも風につれてえた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
とせい/\、ると、きか、へながら、真黒に、大理石のやうな押据えて、前途る。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
殊に歳暮の夜景の如き橋上を往来する車のは沿岸の燈火と相乱れて徹宵水の上にき動く有様銀座街頭の燈火よりに美麗である。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
「まあ、出しなさい。なるほど嵩張る割に軽いもんだね。見っともないと云うのは小野さんの事だ」と宗近君は屑籠をりながら歩き出す。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
段をると、階子はしまいかとむばかり、が欠け、石が抜け、土が崩れ、足許も定まらず、よろけながらった。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
人はりにありてかれに死せんとする時かならずをひるをる。狐尾をさゞるを見て溺死たるをり、尾をり大根をがごとくして狐をる。
らな雪、枯枝をぶる風、手水鉢ざす氷、いずれも例年の面影を規則正しく自分の眼に映した後、消えては去り消えては去った。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
唯、姫の仰ぎ寝る頂板に、あゝ、水にさし入つた月。そこに以前のまゝに、幾つもの畳まつた月輪の形が、めいて居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
花世は、その優しいことばに、かえって、激しい感情をたぶられたように、わっと、老先生の膝に泣きすがった。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さう思うて、姥たちは覚えただけの事は、姫御様のみる様にして、歌ひもし、語りもして参りました。教へたなど仰つては、私めらが罰を蒙らねばなりません。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
双無塩西施るは蒹葭玉樹によるが如く、皓歯燦爛としてわらふは白芙蓉の水をいでゝ微風がごとし。
かれは遺憾の意を表された。勘定をすました。食事をしてから、なまあたたかい宵をいすに腰かけて新聞をよみながら、裏側のテラスですごした。
お京の方が先んじて、ギイと押すと、木戸が向うへ、一歩先陣、蹴出す緋鹿子、の糸が、弱腰をしめて雪を開いた。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
本統に必死の場合とは茲のことだ、余は全く自分の事の様に思い、眸を凝らして秀子の様子を見た、静かだ、実に静かだ、恐れとか驚きとか云う様には顔の一筋だもはせぬ
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
手を伸べて燈をき消せば、今までは松の軒にみ居たる小鬼大鬼共哄々と笑ひ興じて、わが広間をむる迄に入り来れり。
松島に於て芭蕉翁を読む (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
「夏」の歌「秋」をりぬ。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
肩に懸けたる手をば放さでるるを、宮はもて撃懲さるるやうに覚えて、安き心もあらず。なる汗は又一時流出でぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
先ず考え可し、此通り幾曲りもて居るのは縮れッ毛だぜ
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
さう思うて、姥たちも、覚えたゞけの事は、郎女様のみる様にして、歌ひもし、語りもして参りました。教へたなどつては私めらが、を蒙らねばなりません。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)