新書太閤記しんしょたいこうき07 第七分冊07 だいななぶんさつ
備前岡山の城はいま旺んなる改修増築の工事にかかっている。 ここの町を中心として、吉備平の春を占めて、六万の軍馬が待機していた。 「いったい戦争はあるのかないのか」 熟れる菜の花を見、飛ぶ蝶に眠気を誘われ、のどかな町の音響や、城普請の鑿の音な …
作品に特徴的な語句
キタ ごち ノボ わか 尿イバリ 湿じめ さぎはし こと ざむらい さつ きょう 天窓たかまど かたじけの ばん クラ うたた 紅玉べにだま かず 牛車ぐるま 山端やまはず きく 退 っる いね ちが どま しゅう 歩行かち ヒジリ 此方このほう げん 夢幻ユメマボロシ いっ かお そく がしら ゑひ そその かお 退しりぞ 咳声しわぶ ぽん 洒落しゃらく 旌旗セイキ じゃく マカ しも うずく しゅう ほぐ だま ため かたわ 扮装いでた づめ せん そく たく ともの 執拗しゅうね しぼ すなわち 腫物おでき 御諚ゴジョウ おく 可成よしなり かえ 介添かえぞえ とも かがや いち 発句はっく しゃ ただ かむり おと 小角おづの すご こうべ 正午しょううま かたじけの
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)