新書太閤記しんしょたいこうき07 第七分冊07 だいななぶんさつ
備前岡山の城はいま旺んなる改修増築の工事にかかっている。 ここの町を中心として、吉備平の春を占めて、六万の軍馬が待機していた。 「いったい戦争はあるのかないのか」 熟れる菜の花を見、飛ぶ蝶に眠気を誘わ …
作品に特徴的な語句
小鬢こびん 気魄きはく 対峙たいじ 緻密ちみつ 深傷ふかで やじり 女々めめ 諏訪すわ 鬱憤うっぷん 麾下きか 断乎だんこ 一期いちご 博多はかた 忖度そんたく 脱兎だっと 凋落ちょうらく 堪能たんのう 峻烈しゅんれつ 足利あしかが 脇息きょうそく 午過ひるす ちん 嘆息たんそく とぎ 撞木しゅもく しば 爛々らんらん しめ 勃発ぼっぱつ まこと かけひ 謀叛むほん くりや いた あぶみ 仮借かしゃく 忿怒ふんぬ なまず 鞭撻べんたつ 不束ふつつか 混沌こんとん 先途せんど 喊声かんせい 塹壕ざんごう 大喝だいかつ 忌憚きたん たに 皆目かいもく ろう 不逞ふてい 内輪うちわ 満腔まんこう 臆測おくそく ろく 訊問じんもん ざかい 淙々そうそう 無碍むげ 震駭しんがい 巍然ぎぜん 凄惨せいさん 困憊こんぱい かす 近衛このえ 初手しょて 僧形そうぎょう 白髪頭しらがあたま 危惧きぐ 叡智えいち 眉目びもく 嫡子ちゃくし 山麓さんろく 禰宜ねぎ 白髯はくぜん 稀代きたい 夢寐むび 屈托くったく 見恍みと 述懐じゅっかい 逼迫ひっぱく 雑鬧ざっとう 叡山えいざん 愛宕あたご 遮断しゃだん 錚々そうそう 丹精たんせい 些事さじ 何刻なんどき 俯瞰みおろ 白湯さゆ 仰天ぎょうてん 渺茫びょうぼう 含蓄がんちく 小豆あずき たお 場合ばあい 蕭条しょうじょう 仏頂面ぶっちょうづら げき
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)