“解”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
27.7%
わか23.1%
21.2%
ほど8.4%
ほぐ4.9%
かい4.7%
とけ1.1%
0.9%
とき0.8%
0.8%
0.8%
ほつ0.6%
わけ0.5%
0.5%
ほご0.5%
とか0.4%
わから0.4%
0.4%
とく0.3%
とい0.3%
げす0.2%
とけん0.2%
ひら0.2%
きこ0.1%
0.1%
とりのぞ0.1%
どけ0.1%
0.1%
はづ0.1%
ほどき0.1%
キイ0.1%
0.1%
トイ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いたやうな……藤紫に、浅黄群青で、小菊撫子しくめた友染いて、を、はきら/\とつてた。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
チュルゴーはこの派の人ではない。フィジオクラットは、彼らの著作の書名でるように、経済学の領域を制限せずむしろ拡張した。
「無断でへ踏みこむのみか、いきなり縄をかけて、武士らしくとは、何たる暴言。この郁次郎にはせませぬ、理由をっしゃい」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
盲目的な閃光が、やたらに、前の空を斬った。ぎりぎりと、歯ぎしりを鳴らして、足と喉の束縛を、ふりこうとしてくのだった。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おくみは鋏を入れては縫ひ糸をしながら、その抜いて行く糸の一筋づゝに、さつきからの、小さびしい自分の心が読み返された。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
寶鼎金虎し、芝田白鴉ふ。一瓢造化し、三尺妖邪り、逡巡ることをし、また頃刻かしむ。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
雪九月末よりはじめて雪中に春を、正二の月は雪し。三四の月にりて次第に、五月にいたりて雪全く夏道となる。
そのうちに大きくなったらかる事と思って、自分一人の秘密にしたまま、忘れるともなく次から次に忘れていた。
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
て内より白木黒塗の箱とを取出し伊賀亮がへ差出す時に伊賀亮は天一坊に默禮しく中より御墨附と御短刀とを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「ほんに待兼ねていなさったえ。あの、笛の音ばかり気にしなさるので、私もどうやらめなんだが、やっと分ったわな、何んともお待遠でござんしたの。」
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
また組んずぐれつの肉闘や、一団の武者と一団の武者との陣列的搏撃など、いまやここの終局は悽愴まる屍山血河を描いていた。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おふさの沈んだ頸足に髮のれのつてゐるのをかこつけに、ものゝたしなみのない、自墮落な女だと言つて八釜しく叱りつけたりした。
金魚 (旧字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
入んが爲先妻へ無實の汚名出したる九郎兵衞よりの訴状面に見ゆるが此儀申ありやと有に九助は全く以て右樣の事は御座なくと委細の事故
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「頭の禿げた、よくつた中年者は、大喰ひだから、朝寢坊にきまつて居ますだよ、二階から降りる時だつて、帶ひろけて、眼やにだらけで」
一団の塊まりはばらばらにれて点となる。点は右へと左へと動く。しばらくすると、無敵な音を立てて車輛の戸をはたはたと締めて行く。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
が、父は要心のためだといって、今度は茶碗へした「熊の胃」を、京山の枕許へ持って来ていた。
曲亭馬琴 (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
女には幾分女でなければぬという点も前に申した通りでありましょうが、同じく「人」である女の大部分が男の方に解らぬはずはないでしょう。
産屋物語 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
身の女姪が神隱しにあうたあの話か。お身は、あの謎見たいないきさつを、さうるかね。ふん。いやおもしろい。女姪の姫も、定めて喜ぶぢやらう。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
春も稍深なれば雪も日あたりはあるひは焼火の所雪早くるにいたりて、かの屋根のじたる処木羽の下たをくゞりなどして雪水ゆゑ
尋ねて呉しぞ先々草鞋て上るべし二人か御前樣大きに御苦勞なり先々御りなされ是々お初お我等は何を胡亂々々して居やる早く洗足の湯を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
竜神より神仏へ普通なれど、こゝに竜燈の談あり、少しく竜燈をべき説なればくしるして好事家茶話す。
冬の雪のこほらざるは湿気なくたるのごとくなるゆゑなり。暖国の雪に異処なり。しかれどもこほりてかたくなるは雪とするのはじめなり。
白糸は帯の間より白縮緬袱紗包みを取り出だせり。けば一束の紙幣を紙包みにしたるなり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
どうも可訝しい、絵が上手になりますように、踊が、浄瑠璃が、裁縫が、だとよくえるけれども、小説は、に何とか祈念のしようがありそうに思われる。作者だってそう思う。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「なにか、毒をす薬はないか」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『西遊記』第十三回〈虎穴に陥って金星厄をく〉といえる条に「〈伯欽う風哬是個の山猫来れり云々、只見る一隻の班爛虎〉」とあり云々」、これも伯欽が勇をんで虎を山猫と蔑語したのだ。
この通り、ト仕方で見せて、だらしなくつ拍子に、あの人もずるりと足を取られた音で、あとは黙然、そらがしたと見える、ぐい、ぐい帯を上げてるが陰気に聞えた。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それだけでは何の本だかみ込めないらしく、中味を二三ペエジめくつてみて、やつと自分達にはとても解りさうにない本だといふ事だけが解つたらしかつた。
見る者なかりしと浪人體の身には粗服ひ二月の餘寒きに羊羹色の羽織を着て麻の穿れし大小をせし者常樂院の表門へ進みんとせしが寺内の嚴重なる形勢
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見ればの男見えぬ故扨こそ奴つに相違なし今に取押れんと空鼾きをかき寢入し體に持成ば曲者は仕濟したりと彼胴卷をてそろり/\と引出すゆゑ半四郎は少し
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
僕はすぐ、これは単純な種類のもの——だが、あの船乗りの頭には、がなければ絶対に解けないと思われるような、そんな程度のもの——だと心を決めてしまったんだ
黄金虫 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
テ。鏡ノゲルガゴトク。上下歯クイテ。口脇耳ノ根マデ広クケ。ニテ百入塗タルゴトクニシテ。額ヲ隠シ。振分髪ノ中ヨリ。五寸計ナルノ角。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)