大岡政談おおおかせいだん
法學博士尾佐竹猛 古來名判官といへば大岡越前守にとゞめをさすが、その事蹟といへば講談物や芝居で喧傳せられて居るのに過ぎないので、眞の事蹟としては反つて傳はつて居るものは少いのである。 所謂大岡裁判なるものは、徳川時代中期の無名の大衆作家の手 …
作品に特徴的な語句
はゆ おこなふ つぐ 退まが いけ 退ひき めさ 退のひ やさ よけ ふけ おほせら をはら つゝ すく なん つい 微笑ほゝゑま おし くはせ くだし かたみ おろし おどろ ちと やらう おろさ をれ いゝへ はやり とまり よから かぶ はやく ほどき それ くふ ゆけ かし はす がたし そら はづ 容貌しろもの がう つう おはせ 彼方どなた なほ ひそめ ませ どつ ばう おはせ 退のい くす つかはし もと どき ゆゑ なせ ずつ むなし 如何どうぞ かをら いし どの いへ 可憐いたはし いまし わたく ゆるり 彼方かのかた つかう 良人ていしゆ かなは よつ そん なさる おふ みん ゆるみ とし 容貌かほかた 微笑 わらは こゝ おひ くふ たへ いへ やれ 歩行あるけ すゝま 化粧つくろひ くた