“業”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わざ58.7%
ごう24.3%
ごふ5.6%
ぎょう2.6%
げふ2.1%
すで1.4%
ゴウ0.7%
ワザ0.7%
こと0.4%
すべ0.4%
しわざ0.3%
カルマ0.3%
なりはひ0.3%
スデ0.3%
カアマ0.1%
たつき0.1%
なり0.1%
いとなみ0.1%
がふ0.1%
ぎやう0.1%
しごと0.1%
なりは0.1%
なりはい0.1%
なりわい0.1%
ばひ0.1%
もと0.1%
ゴー0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
狐のですよ。この木の下でときどき奇態なことをして見せます。一昨年の秋もここに住んでおります人の子供の二歳になりますのを
源氏物語:55 手習 (新字新仮名) / 紫式部(著)
敵討物の傍若無人の横行にを煮やしたことが動機となってやりだしたことだから同じようなものではもとより面白くないと思った。
仇討たれ戯作 (新字新仮名) / 林不忘(著)
食料しがるなんちつくばりもねえもんぢやねえか、本當つたかりだから、らだらかしちやかねえ、いやくだよ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
というが、人格を示すものに独り文のみならんやで、政治も人なり、実業も人なり、学問も人なり、人をいては事もなくもない。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
汲上ぐる釣瓶神樂騷然雜然ありてするはく、ありてえざるはきにれり。
鉄槌の音 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
既にに多くの科学者や思想家が申し出たように、女性は産児と哺育との負担からして、実生活の活動を男性に依託せねばならなかった。
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)
が残つてゐる(死にそこなうた、死ねなかつた)、といふことは、仕事がある、成し遂げるべきものがある、といふことだらう。
其中日記:06 (六) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)
巫女の仕へる神の事が巫女の為事となり、同時に神になる事の出来た男性の業も、これに並行して来た迹は十分見られる。
勿體ない事であつたれど知らぬ事なればゆるして下され、まあ何時から此樣なして、よく其か弱い身に障りもしませぬか、伯母さんが田舍へ引取られてお出なされて
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
私はもうまるで呆気にとられて、何とするも知りませんでした。その間に坊さんは表へ出て、あの角を曲って連れの坊さんのあとを
全うせしめざるも、心なきなり、かる時局切迫の調和機関、中立地帯とも言ふべかる丸井玉吾、一つ先生の代理と行きやせう
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
それは人間の意志の力で、どうすることもできないなのだ。だがそれにもかかはらず、人人は尚「意志」を信じてゐる。
宿命 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
事定りてのち寺に於て稽古をはじむ、してのち初日をさだめ、衣裳のるゐは是をを一ツのとするものありて不足なし。
開化の光りは、わたつみの胸を、一挙にあさましい干潟とした。し見よ。そこりに揺るゝなごりには、既にに、波の穂うつ明日の兆しを浮べて居るではないか。
妣が国へ・常世へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
その殿下にあれほど盲目になり切っているのもなれば、また殿下にしてもそういう女性に付きわれていられるというのも、ことごとくという言葉以外では説明の方法がないのです
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
なさばには首をも失はんば汝等に此金を三百兩はし殘り五百兩は我が物となし此盜賊を止め此金子を各々金堅氣
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
結句の、「まさに」は、「まさね」で、「ね」と「に」が相通い、当時から共に願望の意に使われるから、この句は、「業務に従事しなさい」という意となる。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
おほくは農人若人商家のめしつかひもあり、ひるはをなして夜中にまうづる也。昼のいとなみのあひ/\日に三度づゝ水をあぶ、猶あぶるは心々也。
及ばぬ恋の無駄なすよりは、妄想をデツチ上げた恋愛小説でも作つて、破鍋にトヂ蓋の下宿屋の炊婦でもつたらからう。はツはツ、顔を赤くするナ。怒る。怒る勿。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
ごく大昔のことはいはなくつても、近代にも、武家の妻にも町人の妻にも娘にも、に徹した尼さんなどにも實に多くある。女として外見からいかついのは、のますらをの所有者ではない。
凡愚姐御考 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
一日四方八方いたれてつてて、れた二人景色めて櫻木大佐武村兵曹一隊水兵今日つて
盡し大岡殿より御褒美きし津國屋の嫁お菊にて其後人の世話によりれば斯るひに世を送りしなり然ば狂言とはにも知ず吾助は足にせてぐ程に芝神明前を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「私もその通りでしたよ。こいつは何うも一杯飲み損つたわい。喧嘩を売つて、他人に酒を買はせることをにしてゐる村一番の無頼漢も、これぢや何うも商買あがつたり……」
歌へる日まで (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
その言葉の中には疑惑と非難と、恋人をしてそのようなに、たずさわらせたくないという女心とがあった。
猫の蚤とり武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
やあれ、なあ、三崎やよいとこ、女の夜
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
飮ながら偖々御亭主店先をがせ氣の千萬がしはより生れ付て容體に一はぬゆゑ是までも兎角人に見下られ殊に見らるゝ如く大いなる木太刀を二本さして歩行けれども
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
わたしのような人間はが煮えます、キモがいれます、島田の言葉で申すと。