ナリン殿下への回想ナリンでんかへのかいそう
昨年の八月中頃、ヒューゲッセン大使負傷事件を契機として我が国に対する英帝国の態度が、そろそろ敵意を帯びた奇怪なものに映り出していた頃であったと記憶している。何かの用件である日の夕方、ヴァローダ商会という印度商館へ訪ねて行ったことがある。電車 …
作品に特徴的な語句
マハラージャ 姉妹シスター うつ カアマ イエス タクト 女中アーマ よりかか 上衣シェルヴァニ 皇后クィーン ぱず まさぐ 囈言げいご 船首バウ 兄弟ブラザー シュルヴァル 教育エデュケーション 万歳クマール 精神スピリット 物語ストーリイ すげ ノー 映画ピクチュア 頭布タアバン こす 太子プリンス あで 肌膚きめ 紛擾トラブル 挙動ものごし 頭布サッファ 太子クマール づら 阿片オピアム 婀娜あでやか 有名ポピュラー 王子プリンス 車庫グラアジ ごも 森閑ひっそり のぼ 作家ライター いち 後宮ザナナ 首府ニューデリー カーテン ぬか 制服ユニフォーム 容易やす 国王マハラージャ 来客きゃく 蹂躙ふみにじ かっ 穿 種姓カスト 賤民ハリジャン まご 士官オフィサー しわぶき はず 外国あちら 給仕ボーイ 気色けはい とびら 印判ハンコ まなざし ロケット 仰言おお 代官エイゼント 聯合エーピー 宣伝プロパガンダ はず 手数トラブル のが いら ならび すさ 市長メーヤー いだ 憔悴やつれ 凝視みつめ ばん 万歳ナリンクマール 切符ティケット 赫々かっかく 慄然ぞっ こら