“士官”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しかん40.0%
しくわん20.0%
オフィサー20.0%
オフィサ10.0%
オフイサア10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
騎兵大隊長夫人変者があって、いつでも士官けて、になると一人で、カフカズの山中案内者もなく騎馬く。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
騎兵大隊長夫人變者があつて、でも士官けて、になると一人で、カフカズの山中案内者もなく騎馬く。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
が、士官はただ冷やかな笑みを口許にめているのみで、いっかな通じようともせぬ。見送り人は続々と下船して銅鑼はいよいよ身近く鳴り響いてきた。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
ほかに、僕を「一体誰だ」した無電技師は、士官らしく船尾を往ったり来たりしていた。こつ・こつ・こつ。Again, こつ・こつ・こつ。鉄板の跫音と自分の重大さに彼は酔っていたのだ。
何でも、二三人は、士官られたやうでした。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)