“しかん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
弛緩57.0%
芝翫13.2%
祠官4.4%
士官3.5%
屍姦3.5%
子罕1.8%
史渙1.8%
仕官1.8%
指間1.8%
止観1.8%
鷙悍1.8%
仕宦0.9%
史館0.9%
屍棺0.9%
志閑0.9%
摯悍0.9%
死諫0.9%
死間0.9%
莿冠0.9%
視官0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんな実例から見ると、こうした種類の涙は異常な不快な緊張が持続した後にそれがようやく弛緩し始める際に流れ出すものらしい。
自由画稿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
五十円で買われて来た市川某尾上某の一座が、団十菊五芝翫其方退けとばかり盛に活躍する。お米は近眼の彼には美しく見えた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
六月十六日竹渓は再び松平冠山に随伴し、同じくその眷遇っていた人々と共に佃島住吉神社の祠官平岡氏の海楼に飲んだ。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
市ヶ谷士官学校のとかに住んでいたのだが、などがあって、が広過ぎるので、そこを売り払って、ここへ引っ越して来たけれども
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
屍姦だとか、人形をんだりする人達の気分が、なんだか判るような気がしたことである。
人造物語 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「捨ておけまい。史渙、そちの一部隊を、犬山にあてて、眭固を打ち取れ」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おなじ武家仕官をするなら、足軽でも徳川家につけ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
知者は三千里外にその臭を避け、昧者は一弾指間にその毒にる。思ふに是泥黎口業羅貫中水滸伝を作つて、三生唖子を生むとせば、寿陵余子骨董羹を書いて、如何冥罰をか受けん。
源氏物語にも言辞事物の注のほかに深き観念あるを説いて止観の説という。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
次に「見崩れ」というのは敵と対陣はしても、敵の潮の如く雲の如き大軍、又は勇猛鷙悍の威勢を望み見て、こいつはわないとヒョコスカして逃腰になり、度を失い騒ぎかえるのである。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
周禎が矢島氏を冒した時、長男周碩は生得不調法にして仕宦に適せぬと称して廃嫡を請い、小田原に往って町医となった。そこで弘化二年生の次男周策が嗣子に定まった。当時十七歳である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
文久三年に柏軒が歿してからは家に帰っていて、今仕宦したのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
たとえば、江戸表の彰考館——小石川のおやしきの史館などには、大日本史編纂のお係りとして、当代の学者はほとんど網羅されておるでしょうが、まあ、あの仲間をごらんなさい。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たじたじとなって彼はざめたのである。人々の前にあるのは屍棺であった。北向きの壁に寄せてられ、包まれた白い布に、取りあえず松の葉が投げかけられていた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
彼は暖かい同情をもって、宋の末山尼了然がいかに志閑禅師を教化したか、また仰山の弟子妙信尼がいかに十七僧に痛棒を喰らわせたかを語った。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
しかもその弁護人が摯悍矯直にして裁判官を面責することを恐れざる放胆をめ示して置いたときである。
公判 (新字旧仮名) / 平出修(著)
主君の御無理は分かっていることじゃが、この場合腹をかっ切って死諫を進めるのが、臣下としての本分じゃ。他の二人はよう心得ているに、与四郎めは女房を取られたので血迷うたと見える。
忠直卿行状記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
小田原北条の死間(わざと斬られる間者)のたくみか、それともまことに尾越どのにご謀叛のてがあるか、殿このたびの御出馬直前より
城を守る者 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
昔は親を殺したり主人をあやめたりする人間の名前の上に、悪というれた文字をのっけて、その悪を死歿の後の莿冠としていた。悪七兵衛君、悪源太君もみなそういう武人であった。
蜜のあわれ (新字新仮名) / 室生犀星(著)
脳髄や、視官言語自覚天才などは、には土中ってしまって、やがて地殻冷却し、何百万年地球と一意味もなく、目的くようになるとなれば
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)