骨董羹こっとうかん―寿陵余子の仮名のもとに筆を執れる戯文――じゅりょうよしのかめいのもとにふでをとれるげぶん―
別乾坤 Judith Gautier が詩中の支那は、支那にして又支那にあらず。葛飾北斎が水滸画伝の揷画も、誰か又是を以て如実に支那を写したりと云はん。さればかの明眸の女詩人も、この短髪の老画伯も、そ …
作品に特徴的な語句
芍薬しやくやく 夜鷹よたか 楚々そそ 烏滸をこ 毀誉褒貶きよはうへん 水滸伝すゐこでん 古今ここん わら 山姥やまうば 西鶴さいかく 点綴てんてい 縹渺へうべう 舎利しやり ほう 珍重ちんちよう 北京ペキン 陋屋ろうをく じよ 青々せいせい 鴎外おうぐわい 阿片アヘン がく 僅々きんきん 規矩きく 燎原れうげん ひつ ゆたか 頃日けいじつ 竪琴たてこと 豎子じゆし 一朶いちだ 妓楼ぎろう あまね 羅甸ラテン 衒学げんがく 大旆たいはい ものがたり 夫子ふうし 明眸めいぼう 吾家ごか 喋々てふてふ 自在じざい 這般しやはん 紛々ふんぷん 濫觴らんしやう さい 嚆矢かうし 本阿弥ほんあみ かう 久米正雄くめまさを 大雅たいが 妖婆えうば おご 醵金きよきん 行人かうじん 須臾しゆゆ じよ 寡聞くわぶん 聊斎志異れうさいしい 語彙ごゐ 黄白くわうはく 耶蘇教やそけう 奕々えきえき 春風しゆんぷう 東坡とうば 東海道とうかいだう かん 白耳義ベルギイ 草紙さうし 幸甚かうじん 永井荷風ながゐかふう 鏡花きやうくわ 雀羅じやくら たう さん 泉鏡花いづみきやうくわ 踏襲たうしふ 侏儒しゆじゆ 佐藤春夫さとうはるを 将帥しやうすゐ 愛翫あいがん 斎藤緑雨さいとうりよくう 看過かんくわ 如実によじつ 讃辞さんじ 南山なんざん 筋斗きんと 風韻ふうゐん 亜剌比亜アラビア 傲岸不遜がうがんふそん 方今はうこん 潤沢じゆんたく 艶冶えんや 斧鉞ふゑつ 以太利イタリイ 冥罰みやうばつ 孤寂こじやく