骨董羹こっとうかん―寿陵余子の仮名のもとに筆を執れる戯文――じゅりょうよしのかめいのもとにふでをとれるげぶん―
別乾坤 Judith Gautier が詩中の支那は、支那にして又支那にあらず。葛飾北斎が水滸画伝の揷画も、誰か又是を以て如実に支那を写したりと云はん。さればかの明眸の女詩人も、この短髪の老画伯も、その無声の詩と有声の画とに彷弗たらしめし所 …
作品に特徴的な語句
そも かう 焦燥せうそう かう たん たたかひ しゆ ぢよ 莞爾くわんじ きつ ぐわ 大食おほぐら るゐ たがひ たう ざう 紅潮こうてう とこし 吾家ごか 唯一ゆゐいち さが いづ ぐう かたはら 如何いかに かへ らう ただち かの さう ことごとく いだ かう おほ かん べか 春日しゆんじつ ひるがへ いはく 百尺ひやくせき まさ さいはひ がく いひ 侏儒しゆじゆ 折紙をりかみ つひや しよく さい 潤沢じゆんたく 紅葉こうえふ すなはち きやう いはん かへ みづか 明日みやうにち とど たう れん けん 後生こうせい じよ さん つまびらか 情郎じやうらう 惹起じやくき いきどほ 宛然えんぜん あけ 踏襲たうしふ ゑが あへ はい 嚆矢かうし 春風しゆんぷう 喋々てふてふ あた 霜葉さうえふ ただし みた しん 看過かんくわ けづ 青々せいせい 相公しやうこう 筋斗きんと 人間じんかん ひつ 何人なんびと あらは 一言いちげん 竪琴たてこと さかづき たまたま