“大”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おお30.4%
おおい15.7%
だい11.9%
おおき9.1%
おほ8.9%
たい5.6%
おほい5.2%
おほき2.9%
でか2.1%
0.9%
でけ0.8%
オホ0.7%
てえ0.6%
でつ0.5%
でっ0.5%
いか0.4%
えか0.3%
ふと0.3%
おほひ0.3%
でっか0.3%
0.1%
えら0.1%
0.1%
でっけ0.1%
0.1%
オホシ0.1%
タイ0.1%
えけ0.1%
いた0.1%
おゝ0.1%
あら0.1%
いけ0.1%
0.1%
おおお0.1%
おおきな0.1%
おつ0.1%
おは0.1%
おもて0.1%
おッ0.1%
さす0.1%
でい0.1%
でえ0.1%
でっこ0.1%
ふてえ0.1%
まぶ0.1%
エヲ0.1%
グロス0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるはずれのさびしいに、和尚さまと一ぴきのきな赤犬とがんでいました。そのほかには、だれもいなかったのであります。
犬と人と花 (新字新仮名) / 小川未明(著)
翰は平生手紙をかくにも、むずかしい漢文を用いて、同輩を困らせては喜んでいたが、それは他日にわたしを裨益する所となった。
梅雨晴 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
これがのおめかしとて、當世風廂髮白粉をべた/\る。るもの、莫不辟易それ辟易せざらんとするもんや。
鑑定 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
……それ、十六七とばかり御承知で……肥満って身体いから、小按摩一人肩の上で寝た処で、蟷螂が留まったほどにも思わない。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
古井戸は、先住ものにふことありて其處しくなりぬとぞ。ちたる犇々としていなるのおもしをいたり。
森の紫陽花 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
食通間では、ごりの茶漬けを茶漬けの王者と称して珍重している。しかし、食べてみようと思えば、してぜいたくなものではない。
京都のごりの茶漬け (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
月は一庭のらし、樹は一庭の影を落し、影と光と黒白斑々としてつ。なるの如き影あり、金剛纂の落せるなり。
良夜 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
山家あたりにむものが、邸中座敷までつともなくるのにじて、大峰葛城つた知音山伏んでると
くさびら (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
チョックラ往きてえと思っても出られねえので無沙汰アしやしたが、能くまア来て下せえやした、本当に見違えるようなく成ったね
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「それ、幹が太くつてさ。色はちよつと紅みがかつた紫いろで、……バカにかい奴さ。はうき茸つて云ふ人もある。」
生活の探求 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
「ところで、はい、あのさ、石彫え糸枠の上へ、がっしりと、立派なお堂を据えて戸をあけたてしますだね、その中へこの……」
縷紅新草 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
兄に対してある如く、弟に対してを用ゐて、次位の高級神女を示す風から見れば、弟にも多数と次位の一人とを使ひわけたのだ。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
だが、己のこれまでの経験じゃあ、魂なんてものはしたもんじゃねえ。己は魂って奴を相手に一か八かやってみてやろうよ、ジム。
ワツいツ——てんで、皆んなあつしの首つ玉にブラ下がつたんだからしたもので、あんな役得があるんだからかい雷鳴も滿更惡くありませんね
皆んなあっしの首っ玉にブラ下ったんだからしたもので、あんな役得があるんだからかい雷鳴も満更悪くありませんね
はな、近ごろい苦労をしておぢやつた。それ、お前も存じよりの黒谷の加門様の妹娘のことぢやが、あの娘が気がふれてな。
南蛮寺門前 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
わし野郎はあつてつから學校もあとちつとにして百姓みつしら仕込むべとつてんでがすがね
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
また一のうるはしき聲あかるき空をわけて流れぬ、是に於てか我は正しき憤りよりエーヴァの膽のきを責めたり 二二—二四
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
く、んで、れると、足代突立つて見送つた坊主は、背後から蔽覆さるく、なるつてえた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「ぼっかり押孕んだ、しかもい、木魚講を見せつけられて、どんなにか、はい、女衆は恥かしかんべい。」
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
れことれたんべら、かくつたとつてたつけが本當んねえかくつたな」寡言卯平種々饒舌つた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
月が替ってからく寒くなりやした、なにねえ元村まで小麦い積んで往ったり、庚申塚まで来ると馬が退ってかねえで困っている所へ、圓次どんが通り掛け
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
人々は、鬼といえばいてい木で造ったような物体と考えると思うが、われわれと同じ肉体の感じを持った鬼を見た人はあるまい。
ばけものばなし (新字新仮名) / 岸田劉生(著)
まア待たんしよ、何だ多助、まア/\が来たから待っておくんなんし、やい多助、
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
其秀起たる浪の穂の上に、八尋殿てゝ、手玉もゆらに少女は、是誰が女子ぞ。」答へて曰はく、「大山祇神の女等、は磐長姫とり、は、木華開耶姫とる。」……(日本紀一書)
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其は、上に云る如く、忍之別の之ノ字は衍にて忍別なる、其忍はの意なれば、淤富斯と、淤富須と、御名の伝への、聊かの差よりまぎれて、二柱にはなれるものなり。
わかしとおゆと (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
物尽しからして離れることが出来ないばかりか、性的な興味を中心にする傾向に向ひさへしたらう。
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
夏蕎麥でもとれんなかうい鹽梅ぢやだな」おつたは一にれる蕎麥ていつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ここに伊耶那岐の大御神、く忿らして詔りたまはく、「然らば汝はこの國にはなまりそ」と詔りたまひて、すなはち神逐ひにひたまひき二四
目藥くやうであらうとすに、馬鹿つてらあ、それまでにはらだつてきくるさ、此樣つぽけではないと威張るに、れではまだ何時だかれはしない
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
いところは目につくから——ヘッ、だと思ってるんだね、小串のところをやったのでね。性質(石の)のいいやつばかりお好みと来たのさ。
二十を越した男が母様たれるとはねいこんだ、う、えこと小言云わなければなんねえ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「ほうお、爺様もったのがね。俺もこれ、このっき孫、嫁にやってがら、こうして床に就いたきりで……」
蜜柑 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
またその前途に、道の両側にんで待ったらしいのが、ぽんと二個立つと、六個も揃って一列になりました。逆に川下へ飛ぶ、ぴかりぴかりと一つな蛍の灯に、脊が低い。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と、また途方もない声をして、階子段一杯に、な男が、真正面われる。続いて、足早にんで下りたのは、政治狂の黒い猿股です。
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
きい聲したらあかん。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
ねえ!——もつと澤山惡戯へてやつたもの!きくならなければならないのだが!しかし——うしたらいでせう?屹度べるかむかすればいにひないわ
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
ミル なんだい、なんでもありやしないぢやないか! 裏通を行くと怖いから、通りを行くんだなんて、大廻りをさせてさ、世話が焼けるつちや、ありやしない。
彦六大いに笑ふ (新字旧仮名) / 三好十郎(著)
「へい、きにさようでございます。」と愛吉の神妙さ。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それから的を見透すというと、これは、これは、これは、これは西ということが明瞭とわかるのでござる
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
小母さん、買ってくんねえ、小父的買いねえな。千六本に、おなますに、皮剥と一所に出来らあ。内が製造元だから安いんだぜ。大小あらあ。が五銭で小が三銭だ。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
女にいちゃいちゃするのが、むしずの走るほどきれえでなあ。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
思ったよりうがした。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やい盗人峯松、其方は何うもえ奴だなア、七年以前に此の伊香保へ湯治に来た時、渋川の達磨茶屋で、ア江戸ッ子でござえます
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
大夫、何処へ行ってもどうも別にこれぞと云うな仕事もなく、東海道金谷の寺で大妙寺と申すは法華宗の大寺で、これへ這入って金八百両取ったが、の寺にしては存外有りましたが
天孫又問曰、其於秀起浪穂之上八尋殿而、手玉玲瓏織紝少女者、是之女子耶。答ヘテハク、大山祇神之女等。磐長姫木華開耶姫
たなばたと盆祭りと (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
その先に多くの群小を見下して同じような尖峰が二つ重なり合ってるのがシュレックホルン(四〇八六米)とラウテラールホルン(四〇四三米)、小さいのはまた飛ばして
吹雪のユンクフラウ (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)
今朝与三郎参、咄聞候所、先生の御周旋ニて長崎へ参り候よし、同人の事は元ト郎が船の引もつれより、我々共〻御案内の通のセ話相かけ候人ニて、ことに海援隊外の者ニも在之候。