“大”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おお30.6%
おおい15.5%
だい11.9%
おおき9.2%
おほ9.0%
たい5.7%
おほい5.1%
おほき3.0%
でか2.1%
0.9%
でけ0.8%
てえ0.7%
オホ0.7%
でつ0.5%
でっ0.5%
いか0.4%
えか0.3%
ふと0.3%
でっか0.3%
おほひ0.2%
0.1%
えら0.1%
0.1%
でっけ0.1%
0.1%
オホシ0.1%
タイ0.1%
えけ0.1%
いた0.1%
おゝ0.1%
あら0.1%
いけ0.1%
0.1%
おおお0.1%
おおきな0.1%
おつ0.1%
おは0.1%
おもて0.1%
おッ0.1%
さす0.1%
でい0.1%
でえ0.1%
でっこ0.1%
ふてえ0.1%
まぶ0.1%
エヲ0.1%
グロス0.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あまりかたは、おおきくはなかったけれど、どんなふとぼうでもすこしちからをいれれば、おもしろいようにれるのでした。
脊の低いとがった男 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そこで井戸掘いどほりの新五郎しんごろうさんは、油菓子あぶらがしをかじりながら、つまらぬはなしおおきなこえでしていました。
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
「実に気の毒な事をしたもんだ。定めし転任先をさがす間活計かっけいに困ったろうと思ってね。今度逢ったらおおいに謝罪の意を表するつもりだ」
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ともれ文臣なりといえども、今武事の日に当り、目前に官軍のおおいに敗れて、賊威のさかんに張るを見る、感憤何ぞ極まらん。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
多勢の奉公人は、みんな離室に寝る中で、殺された伝六と、下女のおだいだけは母屋おもやに寝るそうで、お勝手の締りはそのお大の役目でした。
彼はだいの肉食家であり、いつも錫の弁当箱をもってわたしの家のまえをとおって仕事場まで——夏じゅう木を伐っていたのだ——二マイルをかよった。
「相かわらずおおきな尻だぜ、台所充満だいどこいっぱいだ。串戯じょうだんじゃねえ。目量めかたにしたら、およそどのくれえ掛るだろう。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
形は真丸で、おおきさは径三寸位から一尺に及ぶものもあったらしく、大さに従って相当な厚みがあり、中央に穴が明いていた、つまり輪なのである。
初旅の大菩薩連嶺 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
かくて櫻島さくらじま毎回まいかい多量たりよう鎔岩ようがんすのでしまおほきさも次第しだいしてくが
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
切干きりぼしでもつたもんだかな」おつぎがにはからおほきなこゑでいつたときしなはふとまくらもたげた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
いずれも弓矢ゆみやたずさえ、うままたがって、たいへんなさわぎで出掛でかけたものでございます。
ばあさんもこのたいそううつくしいのをよろこんで、かごなかれて大切たいせつそだてました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
見るべきの敵を目掛けて撃つを要せざるなり、撃といふ字は山陽一流の文士にこそ用あれ、愛山の所謂いはゆる空の空を目掛けておほいに撃つ文士に
人生に相渉るとは何の謂ぞ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
數學すうがくとなら、はゞかりながらたれでもいなんて、自分じぶんおほい得意とくいがつてたのである。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
華奢きやしやなのを、あのくちびるあつい、おほきなべろりとしたくちだとたてくはへてねまい。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
草刈籠くさかりかごがすつと地上ちじやうにこけるとき蜀黍もろこしおほきれてがさりとつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「おかしな奴だな、斬りたけりゃ斬られてやるから出て来いよ、はばかりながら宇治山田の米友だ、斬って二ツになったらでかい方をくれてやらあ」
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「遣り切れない。あの太い腕を剥出しにして、すてでかい図体をした外国婦人に出逢ふと、僕等は参つちまふな。洋行なんかする気になれない。」
芭蕉と歯朶 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
ここら奥の谿河たにがわだけれど、ずっと川下かわしもで、東海道の大井川おおいがわよりかいという、長柄ながら川の鉄橋な、お前様。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もう一度チヤツプリンを引き合いに出すが、「黄金狂」で、チヤツプリンは片方の靴を燃やしてしまつたので、藁か布切れかでトテモツかく足を包んでいた。
北海道の「俊寛」 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
母「おゝ、でけえ観音様のお堂だ、南無大慈大悲の観世音菩薩様少々此処こゝを拝借しまして、此処で少し養生致します。さア惣吉力一ぺえ押せよ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「時々、裏山へひょこひょこ登って行っちゃあ、大谷原やじゃヶ池の辺で、たんだ独りぼっちで、でけえ声出してわめいているってえこったもの」
旗岡巡査 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「山谷の聖天樣、——むづかしく言へば歡喜天くわんきてん樣、——降魔招福かうませうふく、歡喜自在の御利益ごりやくがあるといふ、てえした佛樣だ」
「馬鹿にゃあてえして役に立たねえとも、違えねえさ、——金だって何だって。」とシルヴァーが大声で言った。
ハナタチハ キイタ コトノ アル コヱダト オモツテ ミルト、ウマヤノ マドニ オホキナ ヤサシイ ウマノ カホガ ノゾイテ ヲリマシタ。
ウマヤノ ソバノ ナタネ (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
兄に対してオホあるごとく、弟に対してワカを用いて、次位の高級神女を示す風から見れば、弟にも多数と次位の一人とを使いわけたのだ。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
懷から取出したでつかい財布さいふ寛永通寳くわんえいつうはうが五六百枚も入つて居るのを受取ると、平次はすつかり有頂天になりました。
『いけ好かない奥様だね。』と言つたが、『迎への人かえ? 何とか言つたつけ、それ、忠吉さんとか忠次郎さんとかいふ、禿頭の腹のでつかい人だよ。』
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
懐から取出したでっかい財布、寛永通宝が五六百も入っているのを受取ると、平次はすっかり有頂天になりました。
「のう辰さん。」三次が言った。「饂飩もなかなか上金あがりでっけえもんと見えますのう。」
「源さのいかくなったには、わし魂消たまげた。全然まるで、見違えるように。しかし、おめえには少許ちっとていねえだに」
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
爺どのが、待たっしゃい、鶴谷様のお使いで、綿をいかいこと買うて来たが、醤油樽や石油缶の下積になっては悪かんべいと、上荷に積んであるもんだ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
わし野郎やらうそのうちはあえかつてつから學校がくかうもあとちつとにして百姓ひやくしやうみつしら仕込しこむべとおもつてんでがすがね
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
われえかくなったで知れらア、心配しんぺえせねえでもい、おふくろさまが置くも置かねえもねえ、何うしても男と女はわるさアするわけのものだ、心配しんぺえせねえでも
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
龍馬が常に云つていました、おれは若い時親に死別れてからはお乙女とめあねさんの世話になつて成長ふとつたので親の恩より姉さんの恩がふといつてね。
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)
また一のうるはしき聲あかるき空をわけて流れぬ、是に於てか我は正しき憤りよりエーヴァの膽のふときを責めたり 二二—二四
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
迫った太い眉に、でっかい眼鏡で、胡麻塩髯ごましおひげを貯えた、おとがいとがった、背のずんぐりと高いのが、かすりの綿入羽織を長く着て
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ぼっかり押孕おっぱらんだ、しかもでっかい、木魚講を見せつけられて、どんなにか、はい、女衆は恥かしかんべい。」
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
『僕はそれ以来、おほひに同情を表して居る。』
一月一日 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
手早く革嚢に取り入れて再び虚空に舞ひ上り兜を載いて大急ぎに引き返す、その時の二個の怪物はメヂューサの死骸を見ておほひに怒りたちまち跡を追つかけたけれども、伝令神の沓には及ばず、パーシユーズは首尾よく虎口をのがれた。
毒と迷信 (新字旧仮名) / 小酒井不木(著)
「さうだとよ、けえこゑぢやゆはんねえが、五十錢ごくわんとか八十錢はちくわんとかつて他人ひとのがもつたんだとよ」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
あ……それじゃア何か二人ともにまア不義わるさアして居ただアな、いゝや隠さねえでもい、不義わるさアしたってい、い/\/\能くした、かくなるもんだアな、此間こねえだまで頭ア蝶々見たように結って
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
良人が注文して彫らせた観音さまで金無垢きんむくでがんすから、つぶしにしてもえらく金になると、良人も云えば人さまも云いやすが、金才覚かねさいかくの出来るまで三円の抵当かたに此の観音さまをお厨子ずしぐるみ預かって
誠に御無沙汰をしやした、月が替ってからえらく寒くなりやした、なにねえ元村まで小麦い積んで往ったけえり、庚申塚まで来ると馬が退しさっていごかねえで困っている所へ、圓次どんが通り掛け、圓次どんが見兼て引いてくれたら青が歩くから
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
人々は、鬼といえばいてい木で造ったような物体と考えると思うが、われわれと同じ肉体の感じを持った鬼を見た人はあるまい。
ばけものばなし (新字新仮名) / 岸田劉生(著)
事実その遊びぶりはいしたものであったらしい。
村長様が、大囲炉裡おおいろりの自在竹に掛った滝登りより、えッとでっけえ。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
太「まア待たんしよ、何だ多助、まア/\わしが来たから待っておくんなんし、やい多助、われでっけなりをして母様かゝさまに折檻されるという様な馬鹿なことが有るか、母様どういう訳だか知んねえが、まア待ってお呉んなんし」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
大山祇おおやまつみ神の女等、磐長いわなが姫とナノり、オトは、木華開耶このはなさくや姫とナノる。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
天孫又問ひて曰はく、「其秀起カノホダたる浪の穂の上に、八尋殿てゝ、手玉タダマもゆらにハタ少女ヲトメは、是誰が女子ムスメぞ。」答へて曰はく、「大山祇神の女等、は磐長姫とナノり、オトは、木華開耶姫とナノる。」……(日本紀一書)
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
オシはおそはく・うしはくの義の「壓す」から出たものでなく、また「オホシ」に通ずるオシオシなどで宛て字するおしとも違ふ樣だ。
按ふに、此は、忍之別と一ツ王なるが、二柱になれるなり。其は、上に云る如く、忍之別の之ノ字は衍にて忍別なる、其忍はオホシの意なれば、淤富斯オホシと、淤富須オホスと、御名の伝への、聊かの差よりまぎれて、二柱にはなれるものなり。
わかしとおゆと (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其が家を離れない間は、単なる叙景詩の芽生えに過ぎないといふ点では、道行きぶりや、矚目発想法や、物尽しからタイして離れることが出来ないばかりか、性的な興味を中心にする傾向に向ひさへしたらう。
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
タイしたる事のなからむ。
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
らだつてえけえこと手間てまつこんだな、なあに爺樣ぢいさませえちつとそのつもりつてれせえすりや
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ごろりころがつたところ爪先つまさきくびすつてかうぐる/\まあすとどうだえけ野郎やらうでもきらんねえだよ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ここに伊耶那岐の大御神、いたく忿らして詔りたまはく、「然らば汝はこの國にはなとどまりそ」と詔りたまひて、すなはち神逐かむやらひにやらひたまひき二四
この時伊耶那岐の命いたく歡ばして詔りたまひしく、「吾は子を生み生みて、生みのはてに、三柱の貴子うづみこを得たり」と詔りたまひて、すなはちその御頸珠みくびたまの玉の緒ももゆらに取りゆらかして一八、天照らす大御神に賜ひて詔りたまはく、「汝が命は高天の原を知らせ」と、言依ことよさして賜ひき。
目藥めぐすりびんあるくやうであらうとをとすに、馬鹿ばかつてらあ、それまでにはおいらだつておゝきくるさ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
また此間このあひだのやうに風引かぜひかうぞと呼立よびたてられるに、はいいまゆきますとおゝきくひて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
あらいところは目につくから——ヘッ、うなぎだと思ってるんだね、小串こぐしのところをやったのでね。性質たち(石の)のいいやつばかりお好みと来たのさ。
いけえこと小言云わなければなんねえ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「ほうお、爺様もわずらったのがね。俺もこれ、このっき孫、嫁にやってがら、こうして床に就いたきりで……」とお婆さんは眼を閉じた。
蜜柑 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
逆に川下へ飛ぶ、ぴかりぴかりと一つおおおな蛍の灯に、みんな脊が低い。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と、また途方もない声をして、階子段はしごだん一杯に、おおきなな男が、ふんどし真正面まっしょうめんあらわれる。
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
おつきい聲したらあかん。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
ねえ!——もつと澤山たくさん惡戯わるさをしへてやつたもの!おはきくならなければならないのだが!しかし——うしたらいでせう?屹度きつとなにべるかむかすればいにちがひないわ、けれどもこゝ大問題だいもんだいがあるのよ
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
ミル なんだい、なんでもありやしないぢやないか! 裏通を行くと怖いから、おもて通りを行くんだなんて、大廻りをさせてさ、世話が焼けるつちや、ありやしない。(言ひながら又洋服を脱ぎにかかる)
彦六大いに笑ふ (新字旧仮名) / 三好十郎(著)
「へい、おッきにさようでございます。」と愛吉の神妙さ。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それでまと見透みとおしが明瞭はっきりとせぬ故、遠近の見定めがつかぬ……その故にねらいの本式はまず弓を引き分くる時に的を見、さて弓を引込めたる時、目尻でこう桿から鏃をみわたし、それから的を見透すというと、これはさす、これはおちる
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
小母おばさん、買ってくんねえ、小父的おじき買いねえな。千六本に、おなますに、皮剥かわはぎと一所に出来らあ。内が製造元だから安いんだぜ。大小でいしょうあらあ。でいが五銭で小が三銭だ。皮剥一ツ買ったっておめえ、三銭はするぜ、買っとくんねえ、あ、あ、あ、」
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
だまって聞けエ。第二に、おれのきれえなことは、女を追いまわすことだ。それに、なんぞ、さっきからこの押入れン中で聞いていればおどかしたり、ペロペロしたり……みっともねえ野郎だっ! 言うこときかなけりゃア、チッ、面倒くせえや、なぜ斬ってしまわねえんだっ! おれアその、女にいちゃいちゃするのが、むしずの走るほどでえきれえでなあ。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
思ったよりでっこうがした。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やい盗人ぬすびと峯松、其方そちは何うもふてええ奴だなア、七年以前に此の伊香保へ湯治に来た時、渋川の達磨茶屋で、わっちア江戸ッ子でござえます、江戸のお客を乗せれば此様こんな嬉しい事はありませんて……ね此の由さんが鞄を忘れたら態々わざ/\持って来て見せやアがったから
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
大夫たいふ、何処へ行ってもどうも別にこれぞと云うまぶな仕事もなく、東海道金谷かなやの寺で大妙寺だいみょうじと申すは法華宗の大寺で、これへ這入って金八百両取ったが、の寺にしては存外有りましたが
エヲ磐長姫オトヲ木華開耶姫
たなばたと盆祭りと (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
その先に多くの群小を見下して同じような尖峰が二つ重なり合ってるのがグロスシュレックホルン(四〇八六米)とグロスラウテラールホルン(四〇四三米)、小さいのはまた飛ばして、ベルクリシュトック(三六五七米)とヴェッターホルン(三七〇三米)
吹雪のユンクフラウ (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)