“大分”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だいぶ72.7%
だいぶん20.1%
おおいた1.9%
でえぶ1.4%
たいぶん1.0%
おおきた0.5%
おほいた0.5%
おほかた0.5%
おほきた0.5%
ダイブ0.5%
ヒール0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かう云ふ問題が出たのですが、実を云ふと、生憎この問題に大分関係のありさうな岩野泡鳴氏の論文なるものを読んでゐません。
大分けてゐた。「遼陽城頭けて‥‥」と、さつきまで先登の一大隊えてゐた軍歌ももう途絶えてしまつた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
その次は今から五年ばかり以前、正月元旦を父母の膝下で祝ってすぐ九州旅行に出かけて、熊本から大分へと九州を横断した時のことであった。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
から嘉助が、大分ひらべを上げて来たちう話だ。いろんなものを、貰うとるけん、おかのにいうて、土産に持ってかんけえ?」
仁王門 (新字新仮名) / 橘外男(著)
誠に君臣の大分、骨肉の至親なるを以て、に思いてを加う。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
意富小子部の連・坂合部の連・火の君・大分の君・阿蘇の君・筑紫の三家の連・雀部の臣・雀部の小長谷の造・都祁伊余の國の造・科野の國の造・道の奧の石城の國の造・常道の仲の國の造・長狹の國の造・伊勢の船木の直・尾張の丹羽の臣・島田の臣等の祖先です。
この書は著者大島支郎氏、売る所は豊後国大分の本屋忠文堂(七月二十日)
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
て立ち出でたり然るに重四郎の段右衞門はくの足休めと思ひの見世繁昌大分ならず何不足も無き身分と成しかば一生涯此家にて我は終らんと其後は惡事もず暮しけるが或日の方より來りて旦那は御家にかと問者あるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
意富の臣小子部の連、坂合部の連、火の君、大分の君、阿蘇の君、筑紫の三家の連、雀部の臣、雀部の造、小長谷の造、都祁の直、伊余の國の造、科野の國の造、道の奧の石城の國の造
自然主義者の所謂「」の意義も、この点の分別が大分欠けて居るやうに見える。
和歌批判の範疇 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)