“此家”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ここ50.2%
こゝ20.3%
このや9.6%
こちら7.6%
うち2.4%
このいへ2.0%
これ1.6%
このうち1.2%
このいえ1.2%
こっち0.8%
こヽ0.8%
こけ0.4%
このいゑ0.4%
こん0.4%
0.4%
ここんち0.4%
ほゝ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此家へお茶漬お艶が、近江屋を虐めた帰り毎夜のように立廻ることを見極めたのは、たしかに葬式彦兵衛が紙屑買いの拾物であった。
此家に居る頃、三七を殺すつもりで仕掛けて置いた、の上の鐵砲の火皿に、火をつけた線香を立てて、素知らぬ顏をして歸つた
「ありふれたとりかぶと、此家の庭にも、昨年の秋は紫の花を澤山咲かせてゐたが、あの花の根に猛毒のあることは誰でも知つて居る」
それから老女さん、いて後、此家へ連れて来て戴いたのですがネ、あの土橋を渡つて烏森の方を振り返つて見た時には
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
道子はすがれるを引き動かしつつ「あたしうれしいわ、姉さまはもうこれからいつまでも此家にいるのね。お道具もすっかり来てよ」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
積薪む、はてな、此家納戸にはからけず、わけて二人別々を、何事ぞとます。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
織「あ此家だ、喜六一寸其の玄関口で訪れて、松蔭大藏様というのは此方かと云って伺ってみろ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「火事氣違ひの仲吉ですよ。三河屋の細工物屋の息子、親父の市五郎は、此家のお神さんの兄貴ですぜ」
「貴様は黙っておれと申すに! 妙……と申したな、今に此家に血の雨が降るから、長庵坊主にクッ着いて早速引き取れ」
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
久「此家の旦那の身寄りだというので、に大きに可愛がられらア、この身上は去年から金持になったから、おらも鼻が高い」
此家にも學校にも腦病療養歸國といひて、いでしまヽ一月ばかりを何處みしか、のさても可笑しや、香山家庭男みしとは。
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
此処なへ来て芸妓ねえって皿小鉢をって暴れるので、仕方がねえから、用があって此家え来て居りやんしたが、見兼て仲へ這入った処が、胸倉アるから
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
此家をばとおもふべからず、立歸らるゝふな、はおのづからりたるべし、はやて、とあるに、れはりのお言葉あらばとて小言はぬ
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
、黙って漕げ、何ともするもんじゃねえッて、此家兄哥が、いわっしゃるで、どうするもんか。おらんでな、とその火を見てやった。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
まアまアしろみなしに雪がつては為方がない、此家檐下拝借しようか……エーう日がれたからな、一倍北風が身にむやうだ、は寒くはないか。
「お前が行かないって言うならいいとしてね。お前もすこし考えてごらん。此家へ来たら此処の家のものですよ。そんなにしげしげ実家へゆくと世間の人が変に思いますからね。」
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
八重「半治はん誠にほいよう、ほれじゃアまねえよ、此家ているに、ほがほんなをひてや親分まねえよ、小兼はんにになってれってえ、ほれじゃア可愛ほうだアへえ」