“此頃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
このごろ87.5%
こないだ5.7%
このころ3.4%
こなひだ1.1%
このあいだ1.1%
ちかごろ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御前様には追々に向ひ候へば、いつも夏まけにて御悩み被成候事とて、此頃如何御暮被遊候やと、一入御案申上参らせ候。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
此頃もネ、お俊姉さんのは催促髷だなんて、皆なでサンザン冷かしました。ですから姉さんは結っていらっしゃらないんですよ」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ではにもう退屈です。相手するものもなし。もなし。しい人間はなし。此頃ハヾトフと醫者にはたですが。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
此頃も或処で君の評判を聞いて来たが、何だか斯う我輩は自分を褒められたやうな心地がした。実際、我輩は君を頼りにして居るのだから。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
……私共の勇のやつが、あれで子供仲間じゃナカナカ相撲が取れるんですとサ。此頃もネ、弓の
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
余り身勝手過ぎるぢやありませんかネ——それにネ、着物だの、何だのも、此頃斯様云ふのが流行だなんて自分で注文するんですよ、何処流行かと思へば、貴嬢
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)