“者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もの67.2%
もん9.8%
しゃ9.2%
しや3.7%
3.1%
モノ1.5%
0.9%
ひと0.6%
0.6%
じゃ0.6%
もな0.6%
てへり0.3%
おの0.3%
0.3%
0.3%
トハ0.3%
0.3%
モン0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
能登の「ワゲシ」はもこれにする鳳(フング)至(シ)の二によつてされたのが、は「ホーシ」とがある。
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
母「はい、お前方もい馴染でがんしたけんども、今度が別れになります、はい有難うござえます、多助や誰かが大勢来たよ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
名人は、もはやこのにはいませんでした。からへ、のようには、どこへかいってしまったのです。
金の魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)
それで準備をして、下男藥箱がせ、多田院からのへのきにてて、玄竹はぶら/\と北野から能勢街道池田いた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
実に正義之人国之元気に御座候間、一人にせられ候へば、自ら元気を候。自ら元気を戕候へ、性命も随而滅絶仕候。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
迫身刀気ハ盤石ヲ貫ク、心眼察スル——鐘巻流の奥品にある。その刀気を感じたらしい。で、寂然と動かなかった。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「えらいンに買いかぶられたなあ。あいにくこっちは、若いのや老いぼれやらの、しがない小商人だ。ところで、お前さんの方は?」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
季康子問う、弟子か学を好むとす。孔子えて曰く、顔回というありて学を好みしが、不幸短命にして死し、今は則ちし。(先進、七)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
たる者も同志之者も御差別なく厳刑に相成候へ、天下正義之者朝廷を憤怨し、人心瓦解し、収拾すべからざる御場合と奉存候。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
其の古雅にして、上手な人が吹きますと修行とは思われませんような音色でございます。
あんすがね、わしは往來なしでさ、同胞だたあはねえからつてわしつたんでがすから、わしんだだつてもしねえんですかんね、お内儀さんさうえりあんすめえね
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
仰云、至于家随身早可勤仕。抑左相府随身如何。云、中将云、申事由
俗法師考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
女房料簡ぢやあ、廓外て——それこそ新橋なぞは、近來吉原大勢つてるから——彼處等つて待合でもすれば、一番間違いとつたのだが、此議その大反對
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
虎の子や虎、犬の児や犬、食与御主内間御鎖ど我御主
ユタの歴史的研究 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
金はあっても売りがないので、みすみす食物を摂ることが出来ず、錦の衣裳をったまま飢え死にをした能役者もあった。
開運の鼓 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
南宋の王遂は「學乎孝。教乎孝。故皆從孝字」(南宋の王應麟『困學記聞』卷七)と解釋して居る。
御馬皇子、三輪磐井の側で討たれる時、井を指して詛した語は「此井は百姓のみ唯飲む事を得む。王飲むに能はじ」
人の顔を見つめると「人の顔見る粒・小つぼ」と言ふ。名前をよみ込む文句では古いのは
三郷巷談 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)