“示”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しめ83.1%
9.1%
しめし2.6%
1.3%
1.3%
しめさ1.3%
アウト1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大正の一十五までに全國郵便局取扱つた年賀葉書總數は三千四百五十六七千八百九十九といふ統計されてる。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
ひつかゝりのつは、現に彼の眼前に裸体になつてモデル臺に立つているお房だ。お房は、幾らかの賃銭で肉體のてをせてゐるやうなしいだ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
霊の正しいを受けているなら、それが出来よう。
けれども、それは、かせない……
養家大藤村中萩原とて、わたすりは天目山大菩薩峠山〻峰〻をつくりて、西南にそびゆる白妙富士は、をしみてかげをめさねども
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
したり干支のよくひ生れとて今まで人にざりしが證據といふ品見すべしと婆はへの葛籠彼二品を取出せば寶澤は手に取上短刀
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それはじつに、習練と経験をす一つの芸だったと言わなければならない。