ファウスト
昔我が濁れる目に夙く浮びしことある よろめける姿どもよ。再び我前に近づき来たるよ。 いでや、こたびはしも汝達を捉へんことを試みんか。 我心猶そのかみの夢を懐かしみすと覚ゆや。 汝達我に薄る。さらば好し …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 不便ふびん きず 棕櫚しゅろ 眷属けんぞく 気儘きまま 麾下きか うそ 脚下あしもと 蔓草つるくさ たみ くりや 従弟いとこ 膏薬あぶらぐすり 籠手こて 山羊やざ 後家ごけ 章魚たこ 蛆虫うじむし 為方しかた 熨斗のし 生木いきぎ 生娘きむすめ 成行なりゆき 見栄みばえ 黄昏時たそがれどき こうし 致方いたしかた 奢侈しゃし 手数てすう たお 花弁はなびら 足掻あがき 厭気いやけ 海嘯つなみ 一廉ひとかど 仮初かりそめ ほこ 水嵩みずかさ 猶更なおさら 身顫みぶるい 名告なの ふるい 処刑しおき 欺瞞まやかし 草木くさき 手頼たより 宝物たからもの 区々まちまち 猥褻わいせつ てん しとね 薨去こうきょ いや 新手あらて 払子ほっす かがり すえ 御手みて あがな 世辞せじ 恐懼きょうく 十露盤そろばん 常世とこよ くだ 直様すぐさま 蛞蝓なめくじ 差当さしあた 河馬かば かく 四阿あずまや そそ 君子くんし 御名みな 気紛きまぐれ 色沢いろつや 道連みちづれ 鳥屋とや かし つぶ いただき 流眄ながしめ もち 木葉このは つとめ 見附みつけ かな 粗笨そほん 受取うけとり 核心かくしん ゆる 猶太ユダヤ まさかり うたげ 死人しびと すな 一声ひとこえ 係蹄わな