“敬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うやま57.8%
けい14.7%
うやも3.7%
うやまひ2.8%
うやうや2.8%
つつし2.8%
ウヤマ2.8%
うや1.8%
うやまい1.8%
ゐやま1.8%
つゝし1.8%
きやう0.9%
つつ0.9%
うやまへ0.9%
けえ0.9%
たかし0.9%
つゝ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私がこの村に参りましてから満八ヵ月になりますが、村人らは全くこの村に私が生れた人かのように親しみうようになったです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
五百が強いて帰ろうとすると、宗右衛門は安の生んだおの二人のに、おばさんを留めいという。二人の女は泣いて留める。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
うて聞かれよ。——呉の黄蓋公覆、すなわち三江の陣にあって、先鋒の大将をかね呉軍の軍粮総司たり。この人、三代があいだ呉に仕え、忠節の功臣たること、世みな知る。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こゝにわが身に近くたゞひとりのゐたるをみたり、その姿は厚きを起さしむ、子の父に負ふ敬といふともこの上にはいでじ 三一—三三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
老人の帳場番頭の居ること、制服のギヤルソンが二三人しさうに立つて居ること、等はどの国の旅館も少しの違ひがない。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
(五) 子曰く、千乗の国を(治)むるには、事をんであり、用を節して人を愛し、民を使うに時をもってせよ。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
宮殿、一祖廟ヲ建テ、号シテ家鬼トイ、四時牛馬ヲシテ、之ヲ祭ルヲ卜鬼ト名ヅケ、年々外国人ヲ捕エテエニウ。採生の類略〻カクノ如シ。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の如くひ給ひしが其後は將監々々と御呼なさるゝ加納將監も是よりして徳太郎君を主人の如くにまひづき養育なし奉つりける
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
孝行にはの心が大切だ。もしそれがなかったら、犬馬を養うのと何のえらぶところもない。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
を列ねてひ、歌を聞きて仇を伏しき。すなはち夢にりて神祇をひたまひき、所以に賢后と一〇。烟を望みて黎元を撫でたまひき、今に聖帝と傳ふ一一
すつと入りて座につきたまへば、二人はみて共に斉しく頭を下げ、少時上げも得せざりしが、嗚呼いぢらしや十兵衞が辛くも上げし面には
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
当時霞亭は既に江戸嚢里の家に歿してより九十五日を経てゐた。妻井上氏神辺に帰る旅が殆ど果てて、「帰宅明日にあり」と云ふことになつてゐた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
おたがい、心にしみを持ち、その心をもって社会生活を整えて行く努力をしさえすれば、四海到るところに兄弟は見出せる。何も肉親の兄弟ばかりが兄弟ではあるまい。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
ましてや神々しきを霊威ある冥々天道は人の知を以てはかりしるべからず。
マン坊の方はそんな気でも、まあだ、やんはあんたのこと、あきらめんというぞ。根が狡ン坊のうえに、大学出の智慧者じゃけえ、惚れたがメッチャラで、なにを企らむか知れん。気を
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
るに賢明なる〕内相が熱心に画策されたる選挙法の改正が、この点にまで及ばざりしは甚だ遺憾とするところである。
選挙人に与う (新字新仮名) / 大隈重信(著)
『面持ちにこやかにしみいやまひたる、聊さか驕慢の気なく云々』と書してあり、対手小野川に対しては『面持ちむづかしく(中略)此の道にては我はと思ひあがりたるさましたる云々』
初代谷風梶之助 (新字旧仮名) / 三木貞一(著)