“母公”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぼこう66.7%
ははぎみ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“母公”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
浪人してもいさゝか田地や山を購求かいもとめて、お妹御に不自由をさせるような事は致さん積りで、事によれば母公ぼこうまで共々お引取り申しい心得でおる程でござるから
「いつかは……と。それは母公ぼこうが仰っしゃっておいでたのか」
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いや、思案ばかりでなく、そのよい相談相手として、自分の主人尾張守頼盛の母公ははぎみにもあたれば、また清盛の義母にもあたるちょうどいい手づるの御方おんかたとして——いけ禅尼ぜんにへも内密にすがっている。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)