“涙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なみだ91.3%
なんだ7.5%
あめ0.3%
なみ0.3%
るい0.3%
ナミダ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「よく、ご主人のいいつけをって、辛棒するのだよ。」と、おさんは、いざゆくというときに、をふいて、いいきかせました。
子供はばかでなかった (新字新仮名) / 小川未明(著)
『ボズさん!』とはず涙聲んだ。狂氣眞似をするとふか。滿眼つるにかした。(畧)
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ほかに仕樣もないじゃありませんか? 昨日なんぞは、それ、あの小部屋に閉じこめて錠をおろして出かけたんでして、そのため今日はこうしてが降りだしたという次第なんです。
忠實しく如何にも孝子と見えけるゆゑ九助も不便に思ひ勝手元迄手傳ひて少し母公に何ぞらせられよと錢一貫文ければ母子は有難だを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
もみせず、泣いていない顔は、ただ白かった。仮面のように、うごかない表情の白さだった。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ミ→ム(「かみさし」がカムザシ、「」がナンダ、「摘みたる」がツンダルの類。このムはmまたはこれに近い音と認められる)
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)