“進”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すす29.0%
すゝ28.1%
しん11.3%
9.0%
まい3.2%
すすん2.3%
すすむ1.4%
すゝむ1.4%
まゐ1.4%
すゝみ1.4%
すすみ0.9%
まいら0.9%
すゝめ0.9%
すゝん0.9%
たてまつ0.9%
0.9%
0.9%
タテマツ0.9%
あげ0.5%
まゐら0.5%
0.5%
0.5%
しんじ0.5%
すゝま0.5%
すヽ0.5%
せせ0.5%
0.5%
めえ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
矢張歴史名高御方だけのことがある。』りそう感心しながら、わるるままに岩屋奥深りました。
越前武生の、しい旅宿の、れたれて、二ばかりもんだ吹雪行惱みながら、は——ひました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
冬向は一切浴客はありませんで、野猪、狼、猿の雁九郎などと云う珍客に明け渡して、旅籠屋は泊の町へ引上げるくらい。
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
乳離れの赤児にちょうどいい菓子は僕が今拵えてげるよ。お徳や、例の軽焼餅を持っておいでな。大原君、この軽焼餅は別製だぜ。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
また、銀鴨一羽取りて(兼ねて鳥屋内に置く)参進して葉柯に附くとあり。これは銀製の鴨を余興にらせたと見ゆ。
それからその荷物を運んでろうと云うので、夜具包か何の包か、風呂敷包をいだり箪笥を担いだり中々働いて、段々で行くと
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
新しいランドセルを脊負ひ、新しい草履袋をさげて、一年生のちやんは、元気よく学校から帰つて来ました。
母の日 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
感歓まりて涙にばれしもあるべし、人を押分くるやうにしてく車を向島までやりしが、長命寺より四五此方にてもならず
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
賣代なすならば少しばかりの錢にはならん父御のひし物を調へてなりらせよとへしかば娘は之を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
○さて堂内人じて後、かの山長堂内に苧幹をちらしおく㕝なり。翌朝神酒供物ふ、さまにぐ、正面にすゝむを神の給ふと也。
下等士族はらず。役前、馬に乗る者とては一人もなく、内職のに少しく武芸め、文学は四書五経、なお蒙求左伝の一、二巻に終る者多し。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「いやとよ大王。大王もし空腹くて、食物を求め給ふならば、好き獲物をせん」「なに好き獲物とや。……そは何処に持来りしぞ」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
西しなき大洋では、荒浪ぎ、つて、とても仔細かいなどは出來ない、かく巨濤は、けてらんとす、大尉をば右方し、『!。』の一聲
此差二年半餘にして一月なるゆゑ、其時閏月き十三ヶ月を一年となし、地球行付なり。
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
この歌の近くに、清江娘子という者が長皇子にった、「草枕旅行く君と知らませば埴土ににほはさましを」(巻一・六九)という歌がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ここに至って警察は二も三もできぬ破目に陥ってしまったのである。或は誰かの単なる悪戯かも知れないが、悪戯としても、ウォーカーや判事が特に選ばれたのはどういう訳であろうか。
恐ろしき贈物 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
と云ひながら後に随いて格子戸くゞり、寒かつたらうに能う出て来たの、生憎お吉も居ないで関ふことも出来ぬが、まつて居ずとずつと前へて火にでもあたるがよい
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
此によつて……る物は、……横山の如く置き高成して、天津祝詞の太祝詞事を以ちてたゝへ、をへまつらくと申す。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
一度る樣に致てにても母樣の御口に適物を調へてんと思へども夫さへ心の儘ならずどもたらお力も付ふかと存夜業に糸をし代にて鰻を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何卒してたべは源次郎とのある身金子が入なら夫より必ずお前にせん何卒我家へ回してと泣々るを一向聞ず彼の雲助は眼を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
れよ……」綽空が、の上からいう。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
阿那律寡婦に語りて言う、もし我に由らば、ことごとく宿をすべしと。賈客すなわち前にる。寡婦またこれなる念いを作す。
扨津軽屋へ約束いたし候院之荘之古簾、旧冬やう/\と得候故、船廻しに候。御届可被下候。後醍醐帝御旅館が家に、今簾をかけ候。これは須磨などに行在処の跡とてかけ候を見及たるや。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
通て行と云は世にしい人も有と口には言ねど幼稚心の腹の中にて思ひぬ足を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
だけはりもせん容易くたてまつりしとへと、もなくひてきいれる景色のなきに、おいひ甲斐なしと斷念してれよりはめずとぞ、經机由縁かくのし。
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
嶮崖り渓流をめてせんとす、れてに渓流にるを得ず、水声く足下にあれども峻嶮一歩もむを得ず、嵯乎日のるるを二十分かりし為め、に飯をぐの水を得ず
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
それと知ると、お千代を直ぐに総司の枕元へれて来た。
甲州鎮撫隊 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「上ッたか、下ッたか、何だか、ちッとも、知らないけれども、平右衛門台辞じゃアないが、酒でもちッとらずば……。ほほ、ほほ、ほほほほほほほ」
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)