“平右衛門”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へいえもん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“平右衛門”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私の父は胃にがんが出来てからもなお、素人浄るり大会で、忠臣蔵の茶屋場の実演に平右衛門へいえもんとなって登場した。
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
その時の御先立おさきだちには、山村甚兵衛じんべえ馬場ばば半左衛門はんざえもん千村ちむら平右衛門へいえもんなどの諸士を数える。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)