今戸心中いまどしんじゅう
太空は一片の雲も宿めないが黒味渡ッて、二十四日の月はまだ上らず、霊あるがごとき星のきらめきは、仰げば身も冽るほどである。不夜城を誇り顔の電気燈にも、霜枯れ三月の淋しさは免れず、大門から水道尻まで、茶屋の二階に甲走ッた声のさざめきも聞えぬ。 …
作品に特徴的な語句
ッか ねむ めえ かえ かな 蒼白まッさお ころ もや 俯伏つッぷ なお ねむ 結局けッく 交際つきあわ 出発たッてゆ とや はお 謝罪ことわ 化粧みじまい かみ 宿とど 調こさ のこ 出発たた いッつ 便所ちょうず 性質きしょう 謝罪あやまら 情夫いいひと 出発しゅッたつ 階段ふみだん 蒼白あおざめ 冷遇わる 距離とおさ あし 死去ない きッ ちぎ うち 温気あたたかみ 火光ひかげ たわぶ ひそ おと 性急せッかち まが あわ 流連なが せなか ふる ぷく ひま 判然はき 徳利とッくり 柔弱にやけ うしろ かわ 放擲うッちゃ かかア さッ 白粉しろこ 冷遇ふら 外見きまり やす 更衣うつりかえ 故郷おくに 不用いらぬ 紛雑もめ 早朝はやい あた かわ 夫婦いっしょ 出京でてく 冷遇され たず とんが 遠方とおく 児戯ままごと 先刻さきほど 先日いつか 断念おもいき 唾壺はいふき