今戸心中いまどしんじゅう
太空は一片の雲も宿めないが黒味渡ッて、二十四日の月はまだ上らず、霊あるがごとき星のきらめきは、仰げば身も冽るほどである。不夜城を誇り顔の電気燈にも、霜枯れ三月の淋しさは免れず、大門から水道尻まで、茶屋 …
作品に特徴的な語句
小鬢こびん 御機嫌ごきげん 不便ふびん 燭台しょくだい 長火鉢ながひばち 修羅しゅら 幾個いくつ えくぼ 櫛巻くしま 布団ふとん 香華こうげ 胡座あぐら 香奠こうでん 頓死とんし 疳癪かんしゃく 決心きめ 宛名あてな 衣桁いこう 硯箱すずりばこ おか 夢現ゆめうつつ 寒気さむさ 台辞せりふ 新造しんぞう 湯呑ゆの 汁粉しるこ 薬鑵やかん 朝陽あさひ 串戯じょうだん 横浜はま 二個ふたつ 二歳ふたつ 反故ほご 東雲しののめ 沈着おちつ 遺骸いがい 入谷いりや 遺書かきおき 御膳ごぜん 熱燗あつ 千住せんじゅ 一声いっせい 丁字ちょうじ 下唇したくちびる 午前あさ 断念おもいき 苦衷こころ 旦那様だんなさま かかア 上草履うわぞうり 大跨おおまた 何奴なにやつ 裲襠しかけ 大門おおもん 鬼火ひとだま 痘痕いも 一束ひとつか 田甫たんぼ 露路ろじ 枯木こぼく 迅速すみやか 別離わかれ 結城紬ゆうきつむぎ 児戯ままごと 蠣殻町こめやまち くさめ にん さかい 虚言うそ 背向そむ 腐爛くさ 上唇うわくちびる 危険あぶな 当然あたりまえ すじ 真心しんしん 鉄棒かなぼう 性急せッかち 半切はんきれ 生家さと 階段ふみだん 一語ひとこと 放擲うッちゃ 小法師こぼし 永代橋えいたいばし 唐縮緬とうちりめん 温気あたたかみ 太股ふともも 快濶かいかつ 敵娼あいかた 無断だんまり 耳門くぐり 角海老かどえび うち 同一おんなじ 室外そと 薄痘痕うすいも 更衣うつりかえ 謝罪あやま 此室ここ