“先刻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さっき63.3%
さつき22.8%
せんこく6.5%
さき2.9%
さきほど1.9%
さきがた0.6%
サツキ0.5%
さきに0.2%
さッき0.2%
いましがた0.2%
さいぜん0.2%
さきた0.2%
きつき0.1%
さツき0.1%
いま0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先刻と反対です。レッドの身体を本庁で縫い合わせたとき、肩の肉が途中で落したものか無かったため、穴ぼこになっているのです。
一九五〇年の殺人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「少し調べ度いことがある。いや、先刻から俺に話し度がつて居る人があるんだよ。人目のない所で、その人を待つて居ようと思ふ」
泣々ずっとって来ますと、先刻から此の様子を聞いていまして、気の毒になったか、娘のおいさが紙へ三円包んで持ってまいり
先刻に干したる湯呑の中へ、吸子の茶の濃くなれるを、細く長くうつしこみて、ぐっと一口飲みたるが、あまり苦かりしにや湯をさしたり。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ええ先刻も申しました通り、私事は西川正休、いささか天文の学を学び、幕府に仕えまして天文方、お見知り置かれくださいますよう」
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「今日は鰹が大分獲れる相な、先刻たんとあつたのでお父さん等、町へ船で持つて行つてござつたさうや。」とお桐が言つた。
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
先刻から、聞えて居たのかも知れぬ。あまり寂けさに馴れた耳は、新な聲を聞きつけよう、としなかつたのであらう。だから、今珍しく響いて來た感じもないのだ。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
血汐先刻を伝ひて足の裏を染めたれば、が天井に着くとともに、怨恨血判二つをぞしたりける。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
貴方、御飯が食べられて? 何ぼ何でも喰べられなかったわ、先刻詰込んだもんだから。」
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
その今日になった先刻、勘助があわただしくとび込んで来て、貝十郎と配下二人が、用ありそうに雑踏の城下をしのびやかに歩いて行ったと告げた。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と正直に答えますと、暫く私どもの顔を見上げておりました非人は、先刻、呉れてやった味噌チリの面桶の蔭から取出しました。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
先刻、俺ア來る時、巡査ア彼家へ行つたけどら。今日檢査の時ア裏の小屋さ隱れたつけア、誰か知らせたべえな。昨日から顏色ア惡くてらけもの。』
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
豊後が理由を訊くと、先刻忠成は道の通りがかりに、腹が空いて困るから、湯漬なりと振舞つて欲しいと言つて、座敷に上り込み、主人も家来も負けず劣らず大食をして帰つただと解つた。
先刻小屋つて世話をしましたので、ぬら/\した鼻息体中へかゝつて気味うござんす。丁度うございますからきませう
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
先刻の奴らがやって来て、また虐めないものでもない。遠慮をするな、送ってやろう」
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)