“後”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あと29.1%
のち28.1%
うしろ15.8%
おく10.5%
7.9%
うし4.2%
しり1.0%
しりえ0.7%
0.4%
しりへ0.4%
アト0.3%
ノチ0.3%
おくれ0.2%
0.2%
ウシロ0.1%
0.1%
おくる0.1%
おそ0.1%
さき0.1%
あた0.0%
いま0.0%
うら0.0%
こう0.0%
さが0.0%
しさ0.0%
じり0.0%
すぎ0.0%
ゆり0.0%
オト0.0%
サキ0.0%
シリヘ0.0%
セーサ0.0%
ノチニ0.0%
バック0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ると、生徒らは、って廊下からへとかけしました。そのとき、一は、先生教員室へいかれるったのです。
僕が大きくなるまで (新字新仮名) / 小川未明(著)
に僕の死んでゐるのが、そこで見出されるだらう。長椅子に掛けてある近東製のを、流れ出る僕の血がさないやうにするだ。
不可説 (新字旧仮名) / アンリ・ド・レニエ(著)
あひるさんが、ある日、お母様から頂いたおいしさうな、大きな桃を持つてゐますとで、「あひるちやんや」といふ声がしました。
のあった年で、旧暦の月がれたせいか、陽気が不順か、梅雨の上りが長引いて、七月の末だというのに、畳も壁もじめじめする。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その彼女は、いろいろのに、T町にあるM病院をして、はたして、それはほんとうのことかと、たしかめようとしました。
世の中のこと (新字新仮名) / 小川未明(著)
は、このをきくと、なんとなくじゅうが、ぞっとしました。姿ると、ばずに、ろにれていました。
山へ帰りゆく父 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「まろもお送りして往きます。お車のへでも乗せて往っていただきましょう。そうしてもう二度とまろもこちらへは参りませんから」
かげろうの日記 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
と、言葉少なに仰せられ、やおらからお立ちになり、蓬生の案内に従って、に八人の従者を連れ、戸野兵衛の寝室へ入られた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ソクラテスは鴆毒ったち、暫時の間は、彼方此方と室内を歩みながら、平常の如くに、門弟子らと種々の物語をして
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
公子より、汝等は我が夫人の手をきて同じ戲をなすことをむるにやといふとき、ジエンナロは直に歩をめたり。
寛の「驢馬とその他」驢馬のところだけ、それから一首、よろし。あとは首をそろえるため、のばして、のばしてある。よくない。
朝から、姫の白い額の、故もなくひよめいた長い日の、である。二上山の峰を包む雲の上に、中秋の日の爛熟した光が、くるめき出したのである。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
ち一日のとなるゆへ、四年目には一日して其間地球らしめ、丁度行付つなり。
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
其故ハ此三十日計ト、幕吏ら龍馬の京ニ入りしと謬伝して、邸江もたずね来りし。されバ二本松薩邸ニ早〻入候よふとの事なり。
が、或は皇太子伝としての位置から見て、其み申した早良太子——或は、他の男女皇子——の為の指導書として上つたものとも、文学史的には考へられる。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其すら、其、人の世になつても、氏貴い家々の娘の戸までも、忍びよると申しまする。世に言ふ「天若みこ」と言ふのが、其でおざります。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
農夫はるゆゑにはの村にいたり、しるべの家に入りて炉辺て酒を蘇生たるおもひをなしけり。
一時も一息吐く間もかれと希って居たのに、——けれ共後かれ早かれ一度は来なければならない事が只時を早めて来たと云うばかりであろう。
悲しめる心 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
熱き涙をはらはらと武男がに落としつつ「死んでも、わたしはあなたの妻ですわ! だれがどうしたッて、病気したッて、死んだッて、未来の未来のまでわたしはあなたの妻ですわ!」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
あどうでもええようにすんがええや
禰宜様宮田 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
だって、貴女、先生がお嬢さんのお酌で快く御酒を召食れば、それに越した事はありません。にその筋から御褒美が出ます。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さ行つて、川ば見てれば、秋味の野郎、背中ば出して、泳いでるのに、三ヶ月も魚ば喰はねえつてあるか。糞ツたれ。そつたら分らねえ話あるか。
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
言ひれば前印象派乃至印象派の芸術には僕等と共鳴する世界の多いにらず、越えい距離のあるのを覚えて、ロダンの彫刻にしても、セザンヌ、ゴツホ、マチス諸家の絵にしても
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
正午少しった頃、公園の見晴しで、花の中から町中の桜をめていると、向うが山で、居る処が高台の、両方から、谷のような、一ヶ所空の寂しい士町と思う所の、物干の上にあがって
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と勢い烈しくいましたから、丹三はこれにしてると、おえいは嫁入姿の儘で駆出し、可愛い丹三さんに怪我をさせてはならないと思い
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
御機嫌よろしゅうと言葉力なく送られし時、跡ふりむきて今一言したかりしを邪見に唇囓切女々しからぬにかい、急がでもよき足わざと早めながら
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
御茶漬(昼飯後)は殊更温暖く、日の光が裏庭の葱畠から南瓜を乾し並べた縁側へ射し込んで、いかにも長閑な思をさせる。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「伊香保ろの榛原ねもころに奥をな兼ねそまさかし善かば」(巻十四・三四一〇)、「さ百合も逢はむと思へこそ今のまさかもしみすれ」(巻十八・四〇八八)等の例がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
だから、民俗は研究せられても、古代生活を対象とする国学の補助とはならなかつた。むしろ、上ッ代ぶり・ぶりの二つの区劃を、益明らかに感じさせる一方であつた。
古代研究 追ひ書き (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
併し、其も、今日からの私の為にも、早川さんや私より後の研究者の為にも、みじめな足場位には、役立つだらうと思ひまして、目を瞑つて、大方の前に暴す事としました。
ソノ日義貞朝臣ニハ、天下ノ士卒ノ将トシテ、降人数万ヲニ召シ具シ、花ノ都ニ帰リ給フ——と彼の凱旋をたたえた古記はそのまま義貞の風采と見てもよかろう。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これに相當する犯罪を普通に Samghādisesa と云ふのである、そしてこれを説明する南方の佛教學者は Samgha ādi sesa と分析して僧伽(僧團)のとなし
婚姻の媒酌 (旧字旧仮名) / 榊亮三郎(著)
殊に諾册二神が天の御柱を𢌞りて美斗の目合をせさせ給ふ處に「伊耶那美命阿那迩夜志愛袁登古伊耶那岐命、言阿那迩夜志愛袁登賣言竟之後告其妹曰女人先言不良
倭女王卑弥呼考 (旧字旧仮名) / 白鳥庫吉(著)
出入口のが、銀灰色地に赤や紫のトーンあるもの、その前に銀の甲冑の兵を立たせ、非常に奥ゆきある印象を与えた。