“しり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シリ
語句割合
58.8%
22.3%
8.8%
3.0%
退2.7%
1.1%
0.8%
臀部0.8%
後庭0.3%
0.3%
支里0.3%
私利0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今度のは大小二つあって、大きい方はの形が少し悪いらしく、なかなか立たない。しかし小さい方はすぐ立たせることが出来た。
立春の卵 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
と云うから、多助は紋付の着物の片肌脱ぎて端折って、向う鉢巻を致しまして、せっせと炭を担ぎ始めました。そうすると嫁も
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「まろもお送りして往きます。お車のへでも乗せて往っていただきましょう。そうしてもう二度とまろもこちらへは参りませんから」
かげろうの日記 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
小山「そうですか。私どもは何時でも光沢のないものばかり見ていますから上等のをません。上等のは光るほど光沢がありますかね」
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
云立九條家を退ぞき浪人して近頃美濃國の山中にれ住ければ折節この常樂院へ來り近しくはる人なり此人奇世豪傑にて大器量あれば常樂院の天忠和尚も此山内伊賀亮を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
英山等の華魁繪、豐國、國貞等の役者の似顏、國滿が吉原花盛の浮繪などの卷物のに芳虎の『英吉利國』の畫
海郷風物記 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
昔し彼が政府の内意で或官職をった時、当路の人は山陰道筋のある地方の知事なら転任させてもいという条件を付けた事があった。しかし彼は断然それをぞけた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しりは臀部に掛けたもの、しんじょは糝薯であって半平真如の月に通ずる。
かかる怪に基づいて馬絆と名づけたらしい。『想山著聞奇集』に見えたわが邦の頽馬というは、特異の旋風が馬を襲いすので、その死馬の肛門開脱する事、河童に殺された人の後庭と同じという。
大奥づとめをぞけて、二度と城内にはいろうとしなかったら、三斎父子の驚きと狼狽とは、どのようなものであろう——それこそどうしても、一度は見てやらねばならぬものだ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
漂泊うことも幾月か。彼の姿はほどなくここ代州雁門県(山西省北部)の街中に見出される。街は支里の城壁にめぐらされ、雁門山る雁門は、つねに、北狄の侵略にそなえていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いかなる奇功たるやはかりがたし、此地に一名園へたるは私利のみなりといふべからず、菊塢老年には学問も少しは心がけしと見え、狂歌俳句のみ手づゝにはあらず
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
身を低めてえに退いたから源十郎はすんでのことでわれと吾が足を愛刀の鋩子にかけるところだった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
委員と名のる、ものが、そんな事は心得た。行列は午後五時よりと、比羅にめてある。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)