十二支考じゅうにしこう04 蛇に関する民俗と伝説04 へびにかんするみんぞくとでんせつ
『古今要覧稿』巻五三一に「およそ十二辰に生物を配当せしは王充の『論衡』に初めて見たれども、『淮南子』に山中未の日主人と称うるは羊なり、『荘子』に〈いまだかつて牧を為さず、而して牂奥に生ず〉といえるを『釈文』に西南隅の未地といいしは羊を以て未 …
作品に特徴的な語句
よき いでま ほしいま ラワー はし のと まじな うそ あつ むね のさ 全然そっくり いい のたま みさぐ やら かが トテム べっ こもご なに そぞ ただ おまえ 耀てり たわ てら ぐる ふろ つる 便たす あわ まま ならび シイ とく おれ つき もち はん いたく 美人おとめご くら ヒルス かたま ゆっく みゆき 恍惚とぼけ ひそま 邂逅でくわ はくちょう うしの 何処どこか 便ただ やつがれ くわ ある さと とりい ひし なり あやし じか となえ はなは 不好ふなか かれ ことわ ふく うかご すす ぼん ふたた 東京トンキン よく うま おろち まいり よく ひま はや かた まし たぐい 如此かく ひき 尋常なみ もど もと すぐ いと
題名が同じ作品
十二支考:07 猴に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:08 鶏に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:09 犬に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)