十二支考じゅうにしこう03 田原藤太竜宮入りの話03 たわらとうだりゅうぐういりのはなし
この話は予の知るところでは、『太平記』十五巻に出たのが最も古い完全な物らしい、馬琴の『昔語質屋庫』二に、ある書にいわくと冒頭して引いた文も多分それから抄出したと見える。その『太平記』の文は次のごとし。いわく、 (延元元年正月、官軍三井寺攻め …
作品に特徴的な語句
ラワル ラワー 調なら うわさ きたつ いえ くたびれ こもご みた わた せしめ かげ とき そこ ばけもの とりかえ とも さし ちご つる しよう はた 加之そのうえ するど むだ にわか うせ よろこ もちい たてまつ まいら やがて せし 充満みち ゆく おわ よく ドラク おえ 紅玉カルブンクルス おこな ある まき あつ きま タンニン あやし あらわ よか 停止とどま とお ぬれ にわ あなど ぬぎかえ 心臓イム・ハーツュン・フォン・アフリカ 微妙めでた づる おお この ある ひきうす ドラコン ねら つご せなか 東京トンキン まね ぬぎか 憔悴やせ きつ ばり なかま ずっ こぼ よく 唐人もろこしびと 前々せんぜん すす 根生ねざし した まと 光彩つや 何様いかよう
題名が同じ作品
十二支考:07 猴に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:08 鶏に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:09 犬に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)