十二支考じゅうにしこう03 田原藤太竜宮入りの話03 たわらとうだりゅうぐういりのはなし
この話は予の知るところでは、『太平記』十五巻に出たのが最も古い完全な物らしい、馬琴の『昔語質屋庫』二に、ある書にいわくと冒頭して引いた文も多分それから抄出したと見える。その『太平記』の文は次のごとし。 …
作品に特徴的な語句
夜叉やしゃ きず 牡蠣かき 眷属けんぞく 越後えちご あと くる 炯眼ひかるめ 山麓さんろく 人魂たましい 叡山えいざん 書翰しょかん たお やじり 馬琴ばきん 捏造ねつぞう ふか ひょう 最寄もより 今生こんじょう 畏敬いけい 破目われめ 什器じゅうき 魅入みい わら ひた 小舎こや かつお 為人ひととなり 烟草タバコ 羅刹らせつ 正鵠せいこく 直様すぐさま えび あわび あぶらぎぬ 舎利しゃり 海豚いるか 如意にょい かえ 小山おやま 播州ばんしゅう 鶺鴒せきれい いさご 爾時そのとき そそ はり 相馬そうま 蕁麻いらくさ さなぎ たお およ なろ 三井寺みいでら 念誦ねんじゅ 瞋恚はらたて こじり 独鈷とっこ ばく ひでり 徽章しるし 座主ざす 御方みかた 蝮蛇まむし 終焉おわり 弓弦ゆづる 長刀なぎなた 当身そのみ 能々よくよく 泡沫うたかた 天明よあけ かき あわれ 比良ひら たま 竜宮バタラ 蠑螈いもり 赤銅しやくどう 夫子ふうし 蝦蟆がま 希有けう はなし 荒寥あれすさ 膏血こうけつ かも 只中ただなか ぶと 杜撰ずさん 勤行ごんぎょう 帝釈たいしゃく たた いと
題名が同じ作品
十二支考:07 猴に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:08 鶏に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:09 犬に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)