“壊”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
こわ63.1%
やぶ9.8%
くず7.9%
こは3.8%
3.5%
3.2%
こぼ2.8%
くづ1.3%
つい1.3%
0.9%
0.6%
くだ0.6%
ごわ0.3%
ついえ0.3%
0.3%
なだ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
他所見をせず、れぬ幸福をしっかり互に守っているらしい夫婦はあまり見なかったのでそれ以来、特に私は注意するようになった。
睡蓮 (新字新仮名) / 横光利一(著)
そなた達の大事な武器の呪いは今われようとして居るのだ。汝等みな生物の形をとって、この一期の戦いに味方となって呉れ。
阿難と呪術師の娘 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
所々に出水の土手れや化けそうな柳の木、その闇の空に燈明一点、堂島開地が、せめてこの世らしい一ツのきであった。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其代り、此窮窟な主義だとか、主張だとか、人生観だとかいふものを積極的してつたもない。実に平凡でい。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
獣の脚で踏まれた山の石が一つえて落ちて、乾いた草の上を転がつて、とう/\海まで来てぴちやつと音をさせて水に沈んだ。
センツアマニ (新字旧仮名) / マクシム・ゴーリキー(著)
むいて矢のごとく下る船は、どどどとみ足に、船底に据えた尻に響く。われるなと気がついた時は、もう走る瀬を抜けだしていた。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
下赤坂はかつてので、一時、ここは北条方に占領され、その湯浅勢に焼きたれたのを修理し、また近ごろでは久子の兄
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
築地西本願寺本堂、浅草蔵前閻魔堂、本所霊山寺本堂がれ、永代橋、大川橋が損じた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
工事中、いちばん怖ろしいことは、その間隙の生じることだ。たとえ一間の土塀といえども、その間隙から、一国のえが来ないとは申されぬ
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
九相は死人の変化道程を説いたもので、膨張相青瘀相、相、血塗相、膿瀾相、虫噉相、散相、骨相、土相をいうので、何も如何に喪を緩うしたとて
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
写生箱は膳の代りとなり、筆はになる。二つのけた茶碗、一つには飯が盛られ、一つには汁がつがれた。宗平兄弟は「メンパ」とよぶ弁当箱を出して、汁を上から掛けては箸を運ぶ。
白峰の麓 (新字新仮名) / 大下藤次郎(著)
戯談のようにいい寄った夫の同僚の一人、手を握った会社の課長、酔って接吻をしようとした親族の男などを、けた鏡に写っている記憶のように、きらきらと、かせた。
ロボットとベッドの重量 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
驚いたのは、其の土橋が、つかしくれに成つて居た事では無い。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
地を這う蟻の喜悦から、星のる悲哀まで、無涯の我に反映して無始無終の彼方に還るのではございますまいか。
C先生への手紙 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
あの裏山の土蔵はけてアトカタも御座いませんので、途方に暮れておりまするところへ、コチラ様の前を通りかかって、御厄介になりに来たのではないかと、こう思いますが……
笑う唖女 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
軍楽不安れ落ち、に入る
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)