“こわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
19.9%
15.5%
15.5%
15.1%
12.0%
3.2%
3.1%
2.8%
可恐2.6%
2.6%
破壊1.0%
恐怖0.8%
0.8%
可怖0.7%
0.5%
可怕0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
可畏0.2%
0.2%
強飯0.2%
破損0.2%
赤飯0.2%
一番怖0.1%
人声0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
小分0.1%
小別0.1%
小割0.1%
少々怖0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
毀損0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
がって——れて——われとわが身をずたずたに引き裂いて——死んでしまうか——どんな悪いことになるかわからないからでさ。
い、と思いだしたら居たたまれぬようなものがある。ここは名からして羅刹谷であり、多くの死者が眠っている鳥部野もほど近い。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
兜の鉢はすべて張子でした。概して玩具に、鉄葉を用いることなく、すべて張子か土か木ですから、玩具のいこと不思議でした。
我楽多玩具 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
皇室と徳川霊廟とを結びつけるはずの使者が、公武合体の役には立たないで、あべこべにそれをぶちして歩くのもあの一行だった。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
予ハ糊ノイゴワ/\シタ単衣ヲ着セラレルノガ嫌イデアッタガ、寝間着ニハイツモ甘ッタルイ腐リカヽッタヨウナ糊ノ匂イガシタ。
瘋癲老人日記 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
此時いて、きな歩兵眞直に、それからつて、背後にあつた一つて粉々れました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
が、痛みでどこもかしこもばっている体ではどうしてもベッドから車椅子に乗りうつる一つ二つの身ごなしがままにならなかった。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
いことはない。念のためにきくのじゃ。遠慮のう言うてみい。さだめし咽喉から手が出おったろうに、なにゆえ拾わざったぞ」
自分いろいろ可恐い気がした。これだけ所謂筆は立って、三ヵ月近くも実地を知っていて、これのようなつくりごとしかかかないということについて。
そこらの草は、みじかかったのですがくてくて度々足を切りそうでしたので、私たちは河原に下りて石をわたって行きました。
鳥をとるやなぎ (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
何ほど風の強ければとて頼みきったる上人様までが、この十兵衛の一心かけて建てたものをくも破壊るるかのように思し召されたか口惜しい
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一個から二個、三個という順序に、矢つぎ早に打つのが得意でそれが敵をして一番恐怖がらせるのであった。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
少将のこの返歌はよろしくもないが、低く忍んで言うづかいなどを優美に感じる夕霧であった。宮へいろいろとお取り次ぎもさせたが
源氏物語:40 夕霧二 (新字新仮名) / 紫式部(著)
ところが所天くなってからというものは、男の怨霊如何かすると現われて、可怖い顔をして私をみ、今にも私を取殺そうとするのです。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それを見ると福太郎も真似をするかのように唾液を飲み込みかけたが、下顎が石のようにばっていて、舌の尖端を動かすことすら出来なかった。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
其癖私は祖母を小馬鹿にしていた。何となく奥底が見透されるから、祖母が何と言ったって、とも可怕くない。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
のものか、夕寺ぶりの
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
強迫である。自分はあまりのことだと制止せんとする時、水野、そんな軽石はくないが読まないと変に思うだろうから読む、自分で読むと、かれは激昂して突っ立った。
遺言 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
時間はと思ったが、腕時計は無論めちゃめちゃにれて、針が折れてるから遭難の時刻も、大凡三時半ぐらいとは思われるが、本当のことはわからない。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
泣いたり、えたり、気を失ったり、テーブルを転覆したり、御丁寧にランプまでして騒ぎを入れるには当らない事だ。お春さんは衣服を少しき、お歌さんは手を火傷した。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
するとお勢はと振向いて、可畏らしい眼付をして文三をめ出した。その容子が常で無いから、お鍋はふと笑いんでもッけな顔をする。文三は色を失ッた……
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
この船がれましてから、鹽を燒き、その燒け殘つた木を取つて琴に作りましたところ、その音が七郷に聞えました。それで歌に
「与八さん、お団子を食べてしまったら、あたいのお強飯を食べて頂戴な……」
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「そうでしたか、私は少しも気がつきませんでしたよ。錠が破損れたままで、まだ修繕もせずに抛ってあるんですよ。尤もあんなところが開いていたって格別の事はありません」
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
「まだ、お赤飯は喰べていないだろ。飲んでばかりいて」
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あっちにもこっちにも客あしらいがしてあって——江木の権力と自分の美貌からだと思っていたから。だから顔が汚なくなるということが一番怖い、それと権力も金力も失いたくない。
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
ゑらゑらにうたぐるばかり酔へる人声づくりして首のみぞ振る
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)
お父さんのその鏨で、どうしたらいでしょう、私いわ。何ですか、震えて来た。ぞくぞくして。
森先生に呼ばれて、葉子はそのノートを先生の前へ出した。先生はすこしい顔をしてノートを開けて御覧になった。するとそこには、先生の顔がいてあった。
先生の顔 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
一回にそどの位食べるんですか、と先生が言うから、そうです、まあ十銭から二十銭位食いますって言うと、それはエラい、そんなに食ってよく胃をさないものだと言われる。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それを小分けして見ると、三等室の患者は役員やひまでに馬鹿にされることもそれだ。ほかの人は二枚も三枚も立派な着がへを持つて來てゐるのに、自分はいつも一枚しかないこともそれだ。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
七夕祭りの内容を小別けしてみると、鎮花祭の後すぐに続く卯月八日の花祭り、五月に入っての端午の節供や田植えから、御霊・祇園の両祭会・夏神楽までも籠めて
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
こんなにしてもらいましたが、自分はまた三毛猫につかえて、毎日小割りにしなければなりませんでした。この仕事をするのに、ハンスは銀の斧をうけとりました。
高柳君はこんなところになるとすこぶる勇気にしい。謝罪かたがた尋ねはしたが、いよいよと云う段になると少々怖くて罪滅しが出来かねる。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
救護隊の叫び廻る声を聞いて元三はもぞもぞ出て来た。土城にはもう誰もいない、何だかくなって爺は上の方へのそりのそり這い上ってみた。そしてその一角に固く口を結んで突立った。
土城廊 (新字新仮名) / 金史良(著)
口の中へ一ぱいに大福餅を押込まれたり、あの肥った体で踏んまたがれて、青坊主にりたてられるのがいのだった。
「その子は水生だね。五番目かえ。みんなうぶだからがるのは当前だよ。宏兒がちょうどいい相手だ。さあお前さん達は向うへ行ってお遊び」
故郷 (新字新仮名) / 魯迅(著)
「もう一度夫人御執成遊ばして、お許されまするよう、恐入りますが、貴老から。」「成らぬ。別に何を毀損したというではなし、ただ御家風にぬじゃで、御詫の仕様も無いさ。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「うん。母ちゃんが、姉ちゃんに負けん気だして、えの無理しんなって、よ。りたかったらいつでもけえって来って」
三月の第四日曜 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
もかの厳島の社の廻廊が満つる潮に洗われておるかのように見える、もっと驚いたのは、この澄んでいる水面から、深い水底を見下すと、土蔵の白堊のまだれないのが
雪の透く袖 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)