白羊宮はくようきゅう
この書を後藤寅之助氏にささぐ わがゆくかたは、月明りさし入るなべに、 さはら木は腕だるげに伏し沈み、 赤目柏はしのび音に葉ぞ泣きそぼち、 石楠花は息づく深山、——『寂靜』と、 『沈默』のあぐむ森ならじ …
作品に特徴的な語句
野分のわき 反身そりみ あま つぐみ ひろ のこ 頓死まぐ 日蔭ひかげ そら 御蔭みかげ 御手おんて 日盛ひざか みか 闇夜あんや かき 並木なみき をか 草木くさき 烽火のろし 夕日ゆふひ おく かつら 解脱けだち 初夏はつなつ 氷雨ひさめ 逢瀬あふせ もだ 後姿うしろで 常世とこよ 谿たに 入日いりひ 現身うつそみ 見入みい つぶ つるばみ がしは 河原かはら ひめ 野茨のいばら もり 七日なぬか くに 御寺みてら 眞白ましろ みだ 柑子かうじ 落葉おちば ざま 危篤あつし 茱萸ぐみ 牢獄ひとや 青葉あをば 山毛欅ぶな 目路めぢ 樹々きぎ 朽木くちき 汚染しみ ながえ 芽生めばえ 御影みかげ 大門おほど 水無月みなづき ひと 眞晝まひる 鈍色にびいろ 空手むなで 振向ふりむ たふ まぶし 石楠花しやくなぎ 蠑螈ゐもり 見給みたま 慈悲じひ 小草をぐさ 下心したごゝろ 水脈みを 看護婦みとりめ かぞ 吾家わがや 小枝さえだ 燈明ともし 海原うなばら 深草ふかぐさ 郎女いらつめ 高御座たかみくら 臨終いまは 卯月うづき 住家すみか 羽搏はぶき なが いづ さね