白羊宮はくようきゅう
この書を後藤寅之助氏にささぐ わがゆくかたは、月明りさし入るなべに、 さはら木は腕だるげに伏し沈み、 赤目柏はしのび音に葉ぞ泣きそぼち、 石楠花は息づく深山、——『寂靜』と、 『沈默』のあぐむ森ならじ。 わがゆくかたは、野胡桃の實は笑みこぼ …
作品に特徴的な語句
めて 微笑ほほゑま みそか かつ だの けう あゆ あひ ほが がたま ひた うひ せな ざれ はか じら あざ うじ いまし 葬式ほふり 私語つぶやき じめ をみ づゆ しら かぐ ざむ うは がたみ あひ よは たな 葬式はふり かをり すぐよ あり うな えに のり たふ 欷歔さぐり たた ぼそ 羽搏はぶき さびし ゑま にば ひじ すぐ 精進さうじみ 退しさ うらき 御達ごだち 微笑ほほゑ くひ がた おとづ 洞窟うつろ どよ わな かへ うべ 遠方とほち 燈明ともし さき かたじけ あだ ごゝろ いづ たゆ 戰慄をののき ぐわん きづ 被衣かづぎ あい うろ うま くゆ あめ 一片ひとへ しみ 翡翠かたそび 黄泉かくりよ いみ ばし やは やま ふか ごころ