“訪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
28.6%
たず28.5%
おとな13.9%
たづ7.9%
おとず4.9%
おとの3.5%
おと3.3%
おとづ3.0%
とぶら1.4%
とぶ0.7%
とは0.5%
0.4%
とい0.4%
とひ0.4%
とむら0.4%
0.4%
あが0.2%
0.2%
たずね0.2%
たづね0.2%
とう0.2%
とふら0.2%
ともら0.2%
とわ0.2%
もう0.2%
オトナ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついてしがある。(どのの夜寒ひゆくかな)で、水上さんも、も、場所はちがふが、兩方とも交代夜番のせこにてゐる。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
母とか弟とかそうした人たちにさえすぐには知らすことをすまい、その場の都合で今日すぐに尼の家をねることになるかもしれぬ。
源氏物語:55 手習 (新字新仮名) / 紫式部(著)
翌晩、坊舎の窓を叩き、う声がした。雨戸を開けると、昨夜の狸が手にの小枝をたずさえ、それを室内へ投げ入れて、逃げ去った。
閑山 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
もとの蔦屋旅館)のおさんをねようとふ……る/\に、淡雪えるやうな、あだなのぞみがあつたのです。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
年に一度の歓会しかない七夕彦星に似たまれなれよりも待ちえられないにしても、婿君と見ることは幸福に違いないと思われた。
源氏物語:49 総角 (新字新仮名) / 紫式部(著)
仕事はで、島をうとの音をほとんど戸に聞くでありましょう。特色ある織物としてこの島にとっては大切な仕事であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
高枕したまま起きようともしない主水之介の居間にもその夕やみが忍びよったとき、突然、玄関先でるようにのうた声がある。
しかし、ローウッドの不自由、といふよりも寧ろ苦難は、だん/\少なくなつて來た。春が近づいたのだ。事實、春はもうれてゐた。
これよりはジエノワに往きて、約束せし妻とその父母とをはんとす。もはや眞面目なる一家のあるじとならんも遠からぬ程なるべし。
二三日の間は大臣をも、たびの疲れやおはさんとて敢てらはず、家にのみ籠り居しが、或る日の夕暮使して招かれぬ。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
数日前より鰐淵が家は燈点る頃を期して、何処より来るとも知らぬ一人の老女るるが例となりぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ところがその夫が、或る日突然、ちょうど私が行ってる時に電話も何もかけんといて笠屋町の宿屋いンねて来たやありませんか。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
その頃に隣家へ引移ッて参ッた官員は家内四人活計で、細君もあれば娘もある。隣ずからの寒暄の挨拶が喰付きで、親々が心安く成るにつれ娘同志も親しくなり、毎日のようにれつした。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
知らぬものは真の文雅とおもひ、よるさへも多ければ、諸国にもの名をらせ、枝葉え、それのみか、根堅名園して年々繁昌、なみ/\の智恵
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
先年俗にいふ大和めぐりしたるをり、半月あまり京にあそび、旧友の画家春琴子諸名家をたづねし時、鴻儒高き先生(名襄、字子成、山陽と号、通称頼徳太郎)へも
『突然つて来て大分夜更まで遊んで行つた。今度の問題に就いちや別段話もなかつたが、(俺もモウ二十七ですからねえ。)なんて言つてゐたつけ。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
『きょうは、その儀でったのじゃ』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
月と日と星がその上に
傾ける殿堂 (新字旧仮名) / 上里春生(著)
「これはこれは片里どの、折よいおをうけて、わしも大変うれしいのじゃ。この程久しくたえておったので、こなたからお訪ねしようとしていた折柄——まず、それへ」
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
れもしません、病氣學校んでると、先生
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
さず話しなば必ず縁談のはんと彼の富澤町なる甲州屋吉兵衞の次男千太郎の身持りしに何所ても若者なりと賛成ざる者の無かりしかば其趣きを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
前年牧之江戸に旅宿の頃、文墨諸名家して書画ひし時、の山東庵には交情くなりてしば/\ひしに、京山翁当時はいまだ若年なりしが、ある時雪のにつけて京山翁いへらく
諸所修道院つて、もはや此世ない会友げ、其名巻物きとめて、からへと其過去帳持回つたなら、であらうが、
その頃に隣家へ引移ッて参ッた官員は家内四人活計で、細君もあれば娘もある。隣ずからの寒暄の挨拶が喰付きで、親々が心安く成るにつれ娘同志も親しくなり、毎日のようにれつした。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
太宰府でし人帰りきての話に、かの女乞食にたるが襤褸着し、力士に伴いて鳥居のわきに袖乞いするを見しという。人々皆な思いあたる節なりといえり。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ノ刻ニ、ノ親シキ者、ノ肉卜酒トヲタズサエテ、イ来ラン、ソノ人、東ヨリ来テ、コノ家ニ、悲シミヲモタラス。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雑書読みの居るを何日目かにひ寄つた時代であつたことだ。
鏡花との一夕 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)