“持回”の読み方と例文
読み方割合
もちまは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
諸所修道院つて、もはや此世ない会友げ、其名巻物きとめて、からへと其過去帳持回つたなら、であらうが、