“持来”のいろいろな読み方と例文
旧字:持來
読み方割合
もちきた81.3%
もちこ6.3%
もてき6.3%
もてく6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宮は奥より手ラムプを持ちて入来にけるが、机の上なる書燈をれる時、は台十能に火を盛りたるを持来れり。宮はこれを火鉢に移して
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
持出したことは確かに持出したんだが——ここまで持来して、お前さんを喜ばせる運びまで行き兼ねたのが残念千万なんだ
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
宵の程へ置きし酒肴床間に上げたるを持来て、両箇が中に膳を据れば、男は手早くして、その服をむるしさは、り、帯の鳴る音高く綷※と乱れ合ひて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
あら不思議、声、是もまだ無明の夢かとって見れば、しょんぼりとせし像、耳をせばて知るの木のあたりに子供の集りてつくか、風の持来る数え
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)