“蔭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かげ99.1%
おお0.3%
なくな0.3%
ひそ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼はその宿屋の門口に、朝から晩まで腰をすえ、日光を避けて、いつも大きな木のに入っているようにするほかには動かなかった。
四分律蔵』に、仏文驎水辺で七日坐禅した時、絶えず大風雨あり、〈文驎竜王自らその宮を出で、身を以て仏をる、仏の上をいて仏にして言わく、寒からず熱からずや
「日がって、晩方の風は寒い、早く家へ入れてやるぞ。」
不思議な鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
暗黒に住みなれたものは、暗黒に物を見ると同じ事で、不自然なる境にれたる少年は何時しか暗き不自然の底にんで居る黒点を認めることが出来たのだろうと思います。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)