“ひそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒソ
語句割合
28.9%
22.8%
15.7%
9.9%
8.5%
7.5%
1.6%
1.1%
砒素1.0%
0.5%
0.5%
0.4%
乾反0.3%
祕所0.2%
0.2%
潜伏0.2%
秘所0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「実はそこに、自分を裸体にさせない気持がんでいるからさ。見たまえ、夢中になって踊っている人間は皆ムキ出しの人間だ——」
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
男は少しく眉をめて、お杉の死顔をと眺めていた。市郎は念の為に脈を取って見たが、これも手当を施すべき依頼は切れていた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「微行も微行、一切、人目を怖れるかな途中だ。わけてここは諸国の者の出入りのしい港町。はやくせい。仔細はあとで話すから」
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
僕はかに信じているんだが、その男自身も、彼の周囲の人達も、妙子が僕と結婚しようなどとは、毛頭考えていなかったに相違ない。
恐ろしき錯誤 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
〔評〕官軍江戸をつ、關西諸侯兵を出して之に從ふ。是より先き尾藩宗家けんと欲する者ありて、かに聲息を江戸にず。
が、大震災直後、かの甘粕大尉によつて大杉栄、伊藤野枝の殺害さるるや、出来星のルパシカ青年は忽ちにして影をめてしまつた。
大正東京錦絵 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
それで私は心かに覚悟をめたのでございます。そうして当日は、乗物をも用いず辰の口のお役宅まで、お伺いしたのでございました。
正雪の遺書 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ヂュリ おゝ、パリスどのと祝言をせうなら、あのからんでい、山賊跳梁夜道け、めいともはッしゃれ。
十万の少年奴隷をむ、酷使、栄養不良、疾病、砒素、阿片、銃殺……しかも、天下にこれを救おうとする者は一人も居ない。
雲南守備兵 (新字新仮名) / 木村荘十(著)
死と云ふものが渠等をすべて呑み下し、一たび生れた兒をまた呑んでしまう鬼子母神の腹のやうに、んでゐた死の影が段段と大きく脹れて來て、渠の心の闇と合した。
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
妾はロダンさんの芸術をかながら、妾の心の奥底に感じることが出来ると同時に、この老いた彫刻家に妾は自分の心を与えることが出来たのです。
バルザックの寝巻姿 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
ある夜玄機は例の如く、に眉をめて沈思していたが、く不安になって席を起ち、あちこち室内を歩いて、机の上の物を取っては、またに放下しなどしていた。
魚玄機 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
縮却項暗嗟吁 縮却め かに嗟吁
僧堂教育論 (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
たゞ二つ三つ記臆つてるのは平和にも不運何處にか潜伏んでつたとえ、のメシナ海峽んとする一人船客海中げて無殘最後げた
此の海老屋へ来てんでいたから手前が助かって来た事を知ったのだ、し知らずに己が吾妻橋から飛こんで仕舞ったら手前は跡で此の方に身を任せて、線香一本で義理を了簡だろう
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
しかし、この何となく落着きのない、しかも最早決して迷わない羊達は何の前にその方陣を組んだであろうかを考える時、私達はかにほほ笑ませられるのである。
「壇」の解体 (新字新仮名) / 中井正一(著)
と思うと、怒れる神のの如く最早真闇に真黒になって居る。妻児の顔は土色になった。草木も人も息をめたかの様に、一切の物音は絶えた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
二三度、呼び交わしたのち、雛妓とわたくしはだんだん声をめて行った。
雛妓 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
しばらくして頭を上げて右の手で煙管を探ッたが、あえて煙草をもうでもなく、顔の色は沈み、眉はみ、深く物を思うである。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
暗黒に住みなれたものは、暗黒に物を見ると同じ事で、不自然なる境にれたる少年は何時しか暗き不自然の底にんで居る黒点を認めることが出来たのだろうと思います。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
故にくも粋を立抜かんとせば、文里がかぬ者を遂に靡かす迄に心をかに用ひて、而して靡きたる後に身を引くを以て最好の粋想とすべし。