“言”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
20.5%
ごと19.4%
こと18.8%
ことば14.6%
げん6.8%
ごん5.5%
ものい1.9%
いい1.4%
コト0.9%
いひ0.9%
もの0.9%
いわ0.8%
いふ0.7%
0.7%
0.6%
ゴト0.6%
いつ0.6%
いは0.5%
いっ0.5%
まを0.4%
0.4%
いう0.4%
のたま0.3%
もう0.3%
ごち0.3%
ものいは0.2%
ものいはゞ0.2%
0.1%
みこと0.1%
ゲン0.1%
いへ0.1%
0.1%
0.1%
ここ0.1%
0.1%
のたまは0.1%
まう0.1%
イウ0.1%
コトバ0.1%
0.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんでもこの山には山姥やまうばんでいるというつたえが、むかしからだれつたえるとなくつたわっていました。
山姥の話 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
まさかは、摺鉢すりばち破片かけかともはなかつた。が、それは埴輪はにわ破片はへんだらうとうてうてた。
おばあさんはひとごとをしながら、しわのったてのひらにぜにならべて、ほそ指先ゆびさき勘定かんじょうしては
善いことをした喜び (新字新仮名) / 小川未明(著)
まあうそでもいさよしんばつくりごとにしろ、かういふ不幸ふしあはせだとか大底たいていひとはいはねばならぬ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
娘奴めやつこは二ことと問ひかけなかつた。一晩のさすらひでやつれて居ても、服装から見てすぐ、どうした身分の人か位の判断はついたのである。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
我がどちやことにこそね、今さらの連れにもあらねば、ただ二人ほつりほつりと、日の暮はほつりほつりと、また家路さしくだるのみなり。
相州さうしう小田原をだはらまち電車鐵道でんしやてつだう待合まちあひの、茶店ちやみせ亭主ていしゆことばれば
城の石垣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
宮は唯胸のうち車輪くるまなどのめぐるやうに覚ゆるのみにて、誠にもいつはりにもことばいだすべきすべを知らざりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
その事情を語るにはげん長ければ、手近く一例をあげて示さんに、一国の富は一個人の富の集まりたるものなりとの事は、争うべからざるものならん。
慶応義塾学生諸氏に告ぐ (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
己が意をこゝに決し、げんかれたくし、格之助に丁打ちやううちをさせると称して、準備に取り掛つたのは、去年の秋であつた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
勘次かんじ假令たとひ什麽どんなことがあつてもまのあた卯平うへいむかつて一ごんでもつぶやいたことがないのみでなく
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
寺にゐた間は平八郎がほとんどごんも物を言はなかつた。さて寺を出離れると、平八郎が突然云つた。「さあ、これから大阪に帰るのだ。」
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ものいわぬ高峰たかねの花なれば、手折るべくもあらざれど、被の雲を押分けて月の面影洩出もれいでなば、﨟長ろうたけたらんといと床し。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一節—三節は彼のものいわざるを得ざる理由を述べたものであって、ヨブの言説に対して起したる青年ゾパルの憤りはさながら見るが如くである。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
名前が分って居るなら先ず其名前をきこう(大)もとより名前をいいますが夫より前にわたしの発見した手続きを申ます、けどが長官
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「おお厭だ」お島は思出してもぞっとするような声を出した。「そんな古いことはいいっこなし。あなたは余程よっぽど人が悪くなったよ」
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
だから「のりと」を原形と信じて、「のりとごと」をその重言とする考へは、皆「のりと」のとにコトの意義を推測してゐるので、当つてはゐないのである。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
此大家即村君の家に、神の來臨ある事が家屋及び家あるじの身の堅固の爲のコトほぎの風を、段々其以下の家々にもおし擴めて行つた。
いやなら忌で其れもよう御座んすサ、只だ其のいひぷりしやくさはりまさアネ、——ヘン、軍人はわたしいやです
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
左右さいうかへりみ、下男等げなんどもいひつけて、つてさした握太にぎりぶとつゑ二本にほん
麦搗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
二人のお婆さんはそれまで何一つものをいうでなかった。だが、温かな親しさと、幼ない桃色の上気と、軽るい好奇心と何かの反射的亢奮とが彼女たちに見えた。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
「何ですね。もっと静かにものをお言いなさいな」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
一夜ふらりと秋元を出たが、貞之進とてもそれで小歌に逢えると思ったのではなく、もしやの三字の外は言うにもいわれぬ果敢はかないことが頼みで
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
心ならずもあきないをしまい夕方帰かえって留守中の容子ようすを聞くと、いつつくように泣児なくこが、一日一回もなかぬといわ
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
ヨスエの名いはるゝや、我は忽ち一の光の十字架を傳ひて動くを見たり、げにいふなすといづれの先なりしやを知らず 三七—三九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ふもとの左右に渓川たにがはありがつしてたきをなす、絶景ぜつけいいふべからず。
また独りちながら御廐橋の四つ角を左に、新堀渡って、むなしく見世物小屋の雨に煙っている佐竹ッ原を横目に、トコトコと圓朝は歩いた。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
そう独りちたとき、彼は立ちすくんだ。浪路のかくれ家の入口の戸が開く音がして、二ツの人影が、黒く、闇の中にあらわれたのだった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
駄目々々だめ/″\/″\、これはべられません。石芋いしいもです」と、くれるのがいやさに、そうつてうそきました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
「やっぱり、そうでっか。どうも、そやないか思てましてん。なんや、戸がたがたわしたはりましたな。ぼく隣りの部屋にいまんねん。退屈でっしゃろ。ちと遊びに来とくなはれ」
秋深き (新字新仮名) / 織田作之助(著)
だから、のりとごとはのりとなる語の原形で、とにコトの聯想が加はつた為に、のりとゴトの言を略するに至つたものと思ふ。
祝詞の名は、奈良に入つて出来たもので、唯此までもあつた「」なる神事の座で唱へる「のりとゴト」に限つての名が、漸くすべての呪言の上におし拡められて来たのである。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「おれのつのはなんてうつくしいんだらう。だが、このあしほそいことはどうだろう、もすこしふとかつたらなア」と独語ひとりごといつた。
出家しゆつけのいふことでも、おしへだの、いましめだの、説法せつぱふとばかりはかぎらぬ、わかいの、かつしやい、といつかたした。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
けれどもじや、それが誨へて上げられんのは、僕が貴方であつたらかう為ると云ふ考量かんがへとどまるので……いや、いや、そりやいはれん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
何だ傘屋の油ひきになんぞ、百人前の仕事をしたからとつて褒美ほうびの一つも出やうでは無し朝から晩まで一寸法師のいはれつづけで、それだからと言つて一生立つてもこのせいが延びやうかい
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「ですから御飯になさいなね、種々いろんな事をいって、お握飯むすびこしらえろって言いかねやしないんだわ。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「凡そ知ッているのよ、いって御覧なさい、怒りもなにもしないから。お可笑かしな位よ、」と言う主人の少女の顔は羞恥はずかしそうな笑のうちにも何となく不穏のところが見透かされた。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
やつこ安萬侶やすまろまをさく、それ混元既に凝りしかども、氣象いまだあつからざりしとき、名も無くわざも無く、誰かその形を知らむ
十二月庚午かのえうまついたち、皇太子片岡に遊行いでます。時に飢ゑたるひと道のほとりせり。りて姓名かばねなを問ひたまふ。而してまをさず。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
含羞ガンシュウ、オノレノヒャクウツクシサ、イチズ、高円寺コウエンジウロウロ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
さう云ふ話に這入らない中に、春の初めの此「て」も、めでたく申しをさめねばならなくなつた。
山のことぶれ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
言甲斐いいがいなき下﨟げろうならわあしくて知恵なく、心奸敷かしましくものいうことさがなし。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
たれかいう巾幗きんこく不成事ことをなさずと かつてきす神功じんごう赫々かくかくの
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
のたまわくかの比丘八種の蛇名を知らず、慈心もて蛇に向わず、また呪を説かずして蛇に殺されたとて、八種の蛇名を挙げたるを見るに、竜王の名多し。
是を以て君のたまふときは臣承はり、上行ふときは下なびく。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
崩を聞いて諸王は京に入らんとし、燕王はまさ淮安わいあんに至らんとせるに当りて、斉泰せいたいは帝にもうし、人をしてちょくもたらして国にかえらしめぬ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
しばしばこれを政府にもうす。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
と、急にひとごちして、鳳輦みこしのおそばへ走ってゆき、あたりの公卿へこう告げた。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
僕はひとりごちながらさっそく牛舎に行ってみた。
去年 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
隣国りんごく出羽にうまれたる小野の小町が如く美人びじんの名をもなすべきに、此美人を此僻地へきちいだすは天公てんこう事をさゞるに似たりとひとり歎息たんそくしつゝものいはんとししに
隣国りんごく出羽にうまれたる小野の小町が如く美人びじんの名をもなすべきに、此美人を此僻地へきちいだすは天公てんこう事をさゞるに似たりとひとり歎息たんそくしつゝものいはんとししに
雪に埋りたる泉水せんすゐほりいだせば、去年初雪より以来このかた二百日あまり黒闇まつくらの水のなかにありし金魚きんぎよ緋鯉ひこひなんどうれしげに浮泳うかみおよぐものいはゞやれ/\うれしやといふべし。
雪に埋りたる泉水せんすゐほりいだせば、去年初雪より以来このかた二百日あまり黒闇まつくらの水のなかにありし金魚きんぎよ緋鯉ひこひなんどうれしげに浮泳うかみおよぐものいはゞやれ/\うれしやといふべし。
(二) 子曰く、夏礼は吾これかんとせるも、杞徴あきらかにするに足らざるなり。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
殷礼も吾く之をかんとせるも、宋徴あきらかにするに足らざるなり。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
かしこし、をな殺したまひそ。このところきては、あだところに行かじ。また我が父大國主の神の命に違はじ。八重事代主の神のみことに違はじ。
ここにその殿の下に遊べる目弱の王、このみことを聞き取りて、すなはち竊に天皇の御寢みねませるを伺ひて、そのかたへなる大刀を取りて、その天皇の頸をうち斬りまつりて、都夫良意富美つぶらおほみ一三が家に逃れ入りましき。
スベテノゲンタダシク、スベテノゲンウソデアル。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
コレ、カミゲン
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
女学子は時勢に激するところありて「膝栗毛」の版をかんといへり。
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
かつら んでもないこと、天下一でも職人は職人じゃ、殿上人や弓取りとは一つになるまい。
修禅寺物語 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
『ばかけっ、首が飛ぶわッ』
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
遂に此の塔を立てた人の世と為り、漸く僧侶の仕業で水の底へ沈んで居る事を調べ上げました「妖髠奪い去りて、夜水竜哭す」とは即ち僧侶が水底に沈めた事を指したのでしょう「ここに湖底を探って、家珍櫝に還る」と有るので
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
その神のりたまはく、「みまへをよく治めばあれよくともどもに相作り成さむ。もし然あらずは、國成りがたけむ」とのりたまひき。
皇太子飲食をしものを与へたまふ。即ち衣裳みけしを脱きて飢者に覆ひてのたまはく、安くせよ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
将門、謹んでまうす。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
討チ済マシタル上ハ、死生シセイニ於テ求ムル所ナキ筈ナレバ、ソノ事無用ナリト云ウハ、世道ノ法ヲ無視シ、タダ気概ノミアッテ、道ヲ知ラザル者ノコトバノミ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ワガフたつてゴト好ギだテハデれダ夫婦フフだネ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)