“言”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
20.1%
ごと19.3%
こと19.0%
ことば14.5%
げん6.6%
ごん5.4%
ものい1.8%
いい1.6%
いわ0.9%
いひ0.9%
もの0.9%
コト0.9%
いふ0.7%
0.6%
いつ0.6%
いは0.5%
0.5%
ゴト0.5%
いう0.5%
いっ0.5%
まを0.4%
0.4%
のたま0.3%
もう0.3%
ごち0.3%
いへ0.2%
0.2%
ものいは0.2%
ものいはゞ0.2%
みこと0.1%
ゲン0.1%
いお0.1%
0.1%
こき0.1%
ここ0.1%
0.1%
0.1%
のたまは0.1%
まう0.1%
イウ0.1%
コトバ0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いながら、まさかりをほうりして、いきなりみつきました。そしてがらをかけて、どしんとびたにげつけました。
金太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
だからのうちにも、のお言葉があり、ものがたりのうちにも、のお言葉まれてゐるもの、としたのであります。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
「それだからこの息子は可愛いよ」。片腹痛いまで云ッてやがて下女が持込む岡持のを取ッて見るよりまた意地の汚いをいう。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
別なでいふとだ。だから母夫人の腹に、腹の違ツたか弟が出来てゐたならば勝見家に取ツて彼は無用長物であツたのだ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
予は教育に於ては素人なれど、日本国民を如何に教育すべきか、換言せば教育の最大目的は如何との題下に一述べてみようと思う。
教育の最大目的 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
寺にゐた間は平八郎がも物を言はなかつた。さて寺を出離れると、平八郎が突然云つた。「さあ、これから大阪に帰るのだ。」
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
我強くも貫一のなほはんとはせざるに、へかねたる鴫沢の翁はやにはに椅子を起ちて、ひてもその顔見んと歩み寄れり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
名前が分って居るなら先ず其名前をう(大)より名前をますが夫より前にしの発見した手続きを申ます、けどが長官
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
自分が業務を尽さなければ社会から不平をれても仕方がない。それを自分の方から社会にて不平を言うとは実に乱暴千万だね。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
にたゝへておくとはしぬ歳月りし甲斐此詞にまづ安心とはふものゝ運平なほも油斷をなさず起居につけて
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
二人のお婆さんはそれまで何一つをいうでなかった。だが、温かな親しさと、幼ない桃色の上気と、軽るい好奇心と何かの反射的亢奮とが彼女たちに見えた。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
此大家即村君の家に、神の來臨ある事が家屋及び家あるじの身の堅固の爲のほぎの風を、段々其以下の家々にもおし擴めて行つた。
ヨスエの名いはるゝや、我は忽ち一の光の十字架を傳ひて動くを見たり、げにといづれの先なりしやを知らず 三七—三九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そう独りちたとき、彼は立ちすくんだ。浪路のかくれ家の入口の戸が開く音がして、二ツの人影が、黒く、闇の中にあらわれたのだった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
いやうも永持はあるまいとはれる、んど毎日ぬと人間らしき色艷もなし、食事丁度一週間ばかり一粒れるいに
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
けれどもじや、それが誨へて上げられんのは、僕が貴方であつたらかう為ると云ふ考量るので……いや、いや、そりやれん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
でもまあ無事でよかつた。人間め! もうどれほど俺達仲間しやがつたか。これを不倶戴天とゆはねえで、ふんだ。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
のりとは、先輩説の如く、のりときでもなかつた。のりたべごとでもなかつた。天津詔刀乃太詔刀などといふ宛字は、語原の他にあることを暗示したものゝ様に見える。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
お前が居無なッた時の様に怒ッたゞろう、私まで叩き出すッて、チイ/\パア/\言たがネ、腹立た時やアも分らんネ、ことが
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
と、この一廓の、徽章ともつべく、峰のにも似て、あたかも紅玉をめて陽炎を置いたに真紅に咲静まったのは、一株の桃であった。
瓜の涙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
将門す。貴誨らずして、星霜多く改まる、渇望の至り、造次でかさん。伏して高察を賜はらば、恩幸なり恩幸なり。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
さう云ふ話に這入らない中に、春の初めの此「て」も、めでたく申しをさめねばならなくなつた。
山のことぶれ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
諸居士何卒舎利弗が馳走を受けくれるよう仏から勧めて欲しいと言うと、仏わく舎利弗の性もし受くれば必ず受けもし棄つれば必ず棄つ
を執りてらず、小勝をみ、大義を忘れ、寡を以て衆に抗し、す可からざるの悖事僥倖するをてしたまわば、臣大王の為にすべきところを知らざる
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
僕はひとりながらさっそく牛舎に行ってみた。熱もあるようだ。臀部戦慄を感じ、毛色がはなはだしく衰え、目が闇涙んでる。僕は一見して見込みがないと思った。
去年 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
女学子は時勢に激するところありて「膝栗毛」の版をかんとり。われは女学子の社界改良の熱情に一方ならぬ同情をつものなり。
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
彼奴浮々悉皆多舌て仕舞たときやがッて
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
此美人を此僻地すは天公事をさゞるに似たりと歎息しつゝんとししに、娘は去来とてふたゝび柴籠をせおひうちつれて立さりけり。
雪に埋りたる泉水いだせば、去年初雪より以来二百日あまり黒闇の水のなかにありし金魚緋鯉なんどうれしげに浮泳やれ/\うれしやといふべし。
きては、に行かじ。また我が父大國主の神の命に違はじ。八重事代主の神のに違はじ。この葦原の中つ國は、天つ神の御子の命のまにまに獻らむ
ルヤ、断食シキトキニハ、カノ偽善者シキ面容ヲスナ。コレ、
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
何かうとするけれど其言葉は口から出ず蹌踉いて椅子に倒れると云う騒ぎです
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
かつら んでもないこと、天下一でも職人は職人じゃ、殿上人や弓取りとは一つになるまい。
修禅寺物語 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
独りブックリ/\ながら出て行ッたアだ(谷)フーム何所へ行たか、目当も無い癖に(小)何だかお前様の事を言ッたアだぜ、が廊下をて居ると控所の内で谷間田は好年イして煽起エ利くッて
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
漸く僧侶の仕業で水の底へ沈んで居る事を調べ上げました「妖髠奪い去りて、夜水竜哭す」とは即ち僧侶が水底に沈めた事を指したのでしょう「に湖底を探って、家珍櫝に還る」
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
(二) 子曰く、夏礼は吾かんとせるも、杞徴するに足らざるなり。殷礼も吾く之をかんとせるも、宋徴するに足らざるなり。文と献(賢)と足らざるが故なり。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
その神のりたまはく、「をよく治めばよくともどもに相作り成さむ。もし然あらずは、國成りけむ」
即ち衣裳を脱きて飢者に覆ひてく、安くせよ。則ち歌よみて曰く
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
将門、謹んです。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
討チ済マシタル上ハ、死生ニ於テ求ムル所ナキ筈ナレバ、ソノ事無用ナリト云ウハ、世道ノ法ヲ無視シ、タダ気概ノミアッテ、道ヲ知ラザル者ノノミ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
フたつてゴト好ギだテハデれダ夫婦だネ。十年も死んだサ義理立デデ、この上なに辛口きガれるゴドアあるベナせ。ホロゲ、の上のホロゲ、はゝゝゝゝゝ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)